あらゆる境界がなくなっていく統合の時代。

今日は、ちょっと前に読んだ2冊の本のこと。




いま世界の哲学者が考えていること





『いつまでも「哲学=人生論」と思っているのは日本人だけ!』という言葉に惹かれて購入した「いま世界の哲学者が考えていること』。



「たった今、進行しつつあることは何なのか、われわれの身に何が起ころうとしているのか。この世界、この時代、われわれが生きているこの瞬間はいったい何であるのか、われわれは何者なのか。」
それを問うのが「哲学」という指針のもと、現代の課題が紹介されています。





この本で初めて知った「ポストヒューマン」(人間以後)という言葉。なかなか衝撃的ではありました。


人類史を変える現代の2つの革命、IT革命(インフォメーションテクノロジー)により人工知能(AI)がもたらすもの。
BT革命(バイオテクノロジー)によりDNA操作やクローン技術がもたらすもの。

どちらの革命も、「人間とは何か」ということを、抽象論としてではなく、物理的生物学的な具体論として問うことになっているわけです。

もちろん「宗教」(倫理観)というものも絡んできます。

どういう形に進化しても、人間と呼べるのか?
そもそも「進化」とは何か?人間とは何か?
21世紀は「人間の終わり」を告げるのか?



これからは、哲学も生物学も物理学も宗教も、学問の垣根なんてなくなるのが必然だなぁと感じました。





物理学者が解き明かす思考の整理法




「理科系から見た文科系の世界」という言葉に惹かれて購入した「物理学者が解き明かす思考の整理法」。



哲学、経済学、古代史、AIなど、物理学者の著者にとって専門分野ではないことについて独自の視点で読み解いた本。

さすが理系?!、論点がしっかりしていて読みやすかく、おもしろかったです。

でも、読んだあとはやっぱり、もう理系とか文系とか、そういう垣根も要らないなぁ。とつくづく思いました。

現代において私たちが語り合うべきトピックは、既に文理の系統を超えているわけで。

まぁ、どちらかといえば、文科系の人たちが(私も完全に文科系なので)もっと「ロジカル」であることを心掛けるべきなんでしょうけど。



いろいろ考えさせられる2冊でした。



学問も、すべてが、統合の時代ですね。
スポンサーサイト

ジェイミー先生〜〜!

2017年3月15日(水)


IMG_5015.jpg


お誕生日プレゼントにいただきました。

大好きなジェイミー先生のレシピ本。


ジェイミー先生の料理番組で育った?私、実はレシピ本は一冊も持ってないのです。へへ。

なので、とっても嬉しい〜!

世界中の料理のレシピ満載。写真がまた美しくて、見てるだけで満足です。

いやいや、見てるだけじゃなくて、つくりたい料理もたくさんですよ。

つくったら、ここでも紹介していきますね。気長にお待ちくださいませ。








孤独の楽しみ方

2017年2月4日(土)


IMG_4861.jpg


200年前、1817年に生まれたヘンリー・デイヴィッド・ソロー。
森の哲学者。
長い時間を超えて、今の私たちの心に響く名言の数々。


 朝の陽だまりの中で、かたとき忙しさを忘れて、ぱらぱらとページをめくるのに良い本です。


「宇宙はこの地球上にもたくさんある。

 僕はそんな宇宙の片隅で暮らしていた。」













おしゃれさんのベランダごはん

2016年6月9日(木)


あ〜、長いことブログを放置してしまいました。すいません〜。

今日はニュースです。


東京書店『おしゃれさんのベランダごはん』という本に、我が家のベランダごはんを紹介していただきました。


13342978_10201784003438800_6592050165171710495_n.jpg



この表紙写真も↑、裏表紙の写真も↓、我が家のベランダです。そして、親方が撮影したものであります。
なんか、嬉しいです〜。



FullSizeRender_20160609161218368.jpg


本屋さんで見かけたら、ぜひ、手にとってみてくださいね。



しかし、できあがった本の紹介ページに関しては、なんか反省しきりな私。

編集部の方と何度もやりとりしたのですが、写真のチョイスって難しく、過去のブログを遡って条件に合う写真を見つけるのは意外に至難の業、結局、最後の最後で面倒くさくなって(出た!)、もうこれでいいです!って感じで終わりにしてしまったんです。

でも、完成した本で、他のブロガーさんの写真をみると、素敵な写真ばかり。

私も、もうちょっと頑張って、真剣に仕事するべきだった〜。我が家のベランダも、もっといい写真がいっぱいあるはずなのに。。。
我が家のベランダのことや、我が家の食事の楽しみ方は、私が一番わかっているわけで、私がもっと愛情を注いで、ちゃんと世の中に送り出してあげるべきだったと、痛感したのであります。
ごめんね、我が家のベランダちゃん。


しかし、これを教訓に、これからは、日々のどんな小さな仕事も、愛情をもって、きちんと取り組みたいと思った次第です。


ってことで、皆様も、愛あふれる一日を!










ヒストリーチャンネル『ヒトラーを追跡せよ』〜落合信彦「20世紀最後の真実」

2016年3月9日(水)


 ここのところ、録画していたヒストリーチャンネルの『ヒトラーを追跡せよ!~浮かび上がった亡命説~』をまとめて見てました。


l.jpg


ヒストリーチャンネルの番組紹介文は以下↓

2014年、FBIは何百ページにも及ぶ極秘文書の機密解除をした。アメリカ政府は、ヒトラーがドイツから脱出したことを確信していただけでなく、彼を追跡するため何百万ドルもの費用を注ぎ込んでいた。FBI初代長官のフーヴァーでさえ「ドイツ駐留のアメリカ軍は、ヒトラーの身柄確保はもとより、ヒトラーの死亡を裏付けるための信頼できる情報源すら入手できずにいる」と明言していた。

史上最悪の戦犯の謎を解くべく、FBIの文書を指針に国際捜査チームが立ち上がった。ヒトラー死亡の真実を暴くため、ナチス資金の行方、ヒトラー目撃情報、証言レポート、関係者との接触、科学捜査を経ながら捜査を進めてゆく。
本番組では、国際捜査チームによるヒトラー追跡捜査を8話にわたって追う。新たに発見された手がかりや最新技術を駆使して、ナチス帝国崩壊後のヒトラーの足取りを辿ってゆく。全8話
................................................



 「ヒトラーは地下壕で拳銃自殺した」という一般的な史実を覆す衝撃的な内容です。

 なかなかスリルもあって、おもしろく興味深く見ていて、そういえば、以前にヒトラー逃亡説を読んだことがあるぞ。と思い出し、本棚を探して、見つけました↓。


FullSizeRender 19

 落合信彦著「20世紀最後の真実 今も戦いつづけるナチスの残党」。


 読み直してみたら、ヒストリーチャンネルの番組を見た後だけに、すっごくおもしろかった。これを、1980年に取材していたとは、驚くばかり。情報源がすべてナチス残党の大物ばかりだけに、ある意味、2014年に公開されたFBIの機密情報をはるかに超える内容とも言えます。


 巻末を見ると、私の文庫本は、1990年の26刷なので(売れてますねぇ)、読んだのは26年前。

 その当時、落合信彦の作品が好きで、ほとんど読んだはずですが、この本の内容だけは、私にはとうてい信じられませんでした。

 しかし今、全く違う目線で読み直すことができました。


 「勝者の歴史」「敗者の歴史」とはよく言うものの、歴史とは、いったい何だろうか?と考えずにはいられません。

 この件に限らず、どれだけ、つくられた歴史が史実として流布しているのでしょうか。どれだけの真実が歴史の闇に封印されているのでしょうか。


 ヒトラーの最後の真実が明らかになることはあるのでしょうか。そのとき、どれだけの人がニュートラルに事実を受け止められるでしょうか。


 できれば、生きて、この目で、すべてを知りたい。確かめたい!と、思うのであります。



 皆様、今日も良い一日を!













プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR