母が届けてくれた自家菜園の野菜で夜ごはん。

2014年4月29日(火)


 朝から雨。

 私は10時になるのを待って、お買物へ。翌日の食事会の買い出しです。今池のダイエー1軒で済まそうと思っていましたが、欲しいものがなくて、結局スーパー3軒まわり。大塚屋さんにも寄って、帰宅と同時に親方を仕事場へ送り。戻ってきたら午後1時。母が畑の収穫を持って来て待っていました。

 スナップエンドウ、さやいんげん、スイスチャード、エンダイヴ、ルッコラ、新たまねぎ、そして潮干狩りで穫ってきたアサリ。ありがたいことです。
 母を見送り、もらった野菜の処理をしてそれぞれ保管して。

 BOZZの散歩をして、雨でずぶ濡れだからお風呂に入れて、格闘しながら身体を拭いて(BOZZは「お風呂だよ。」って言うと、自分からまっすぐお風呂場に向かい、扉を開けて入っていくのですが、身体を拭かれるのを異常にいやがって、暴れまくるのです。)。

 なんか、あっという間に夕方。

 翌日の食事会のため、デザート2種つくり、シュークルートをつくり、前菜の下ごしらえなどしていたら、既に親方が帰ってくる時間。

 あれ?! 結局、今日も手抜きごはん確定じゃん!

 今週はお料理の写真掲載できると思います、なんて言っときながら、すいませんすいません。(上記、言い訳のための細かい日記かいな。)


 ってことで、とにかく今日のごはん。
 母からもらったアサリ、スイスチャード、スナップエンドウを使いましたよ。

1620864_4160421265833_8525963165982519848_n.jpg

アサリの白ワイン蒸し
 結局、まともにつくったのは、これだけ。もちろん、母が潮干狩りで穫ったアサリを使いました。


10153165_4160420545815_2052558883105616936_n.jpg

畑で採れたスイスチャードのガーリックソテー
 昨日の残りの豚肉に添えました。茎の色がきれいでしょ。残り物がよみがえりますね。(よみがえる気がします。)


10152547_4160419545790_9076280131428596149_n.jpg

グリーンサラダ
 畑のスナップエンドウ↓を使いました。スナップエンドウはこれが初収穫!

10152023_4160420425812_1460264704631659289_n.jpg



 あとは、残りごはんでつくったガーリックライスと目玉焼きだけ。だったかな。

 でもやっぱり、お家でのんびりいただく食事は最高ですね。


 今日もご訪問ありがとうございました。


















スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

GW前半戦、電池切れにて手抜きごはん。

2014年4月28日(月)

 この日、カレンダーは平日ですが、我が家はお休みいただいてました。

 親方は午前中からお出かけ、私はまたまた家の掃除に精を出し。整理してみると、気になるところがどんどん出てくるんですよねぇ。
 ずっと、これが続けばいいんですけど。。。
 必死になって掃除してたら、あっという間に夜の7時。お昼ごはんも食べずじまいでした。お腹ぺこぺこで親方を迎えに行き、買物する時間も惜しかったのですが、今から料理するのも億劫なので、スーパーでお買物。お惣菜など買って、手抜きごはんとあいなりました。


1536428_4160420145805_6218217917615424109_n.jpg


↑本日の食卓。雰囲気だけは出してますが。


10171195_4160419745795_5507916246273895537_n.jpg

↑エビの唐揚げ。スーパーのお惣菜。
 オーブンで温めて、レモンとブラックペッパーとオリーブオイルで。


10170803_4160419505789_1754795876000574386_n.jpg

↑蟹のグラタン。これも、スーパーのお惣菜。
 これはオーブンで温めただけ。そのまんまですな。でも、バゲットにハーブチーズ塗って、このグラタン塗って、エビをのせて食べると、もう、すっごい美味しい!ごちそうになりました。


10169385_4160419905799_495157690005936644_n.jpg

↑豚肉のソテー、オリーブのソース。
 この夜、これだけ手づくり。ブラックオリーブ、グリーンオリーブ、ドライトマト、ケッパー、白ワインのソース。


 あとは、ピザ(日本ハムの石釜工房マルゲリータにニンニクとプチトマトをのせて)焼いて、シンプルサラダつくっただけ。でも、美味しかった!

 親方は一人で白ワイン1本飲んで、私もカヴァほぼ1本飲んで、二人とも速攻眠りに落ちました。とさ。


10152023_4160419945800_3655417208694693431_n.jpg



 今日もご訪問ありがとうございました。
















 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

我が家の改造計画、とりあえず終了!

2014年4月27日(日)


 一週間、孤軍奮闘した我が家の大掃除&改造計画。とりあえず今日で終了しました。ふ〜っ。


 まずは、キッチン。
 キッチンは、食材や食器の保管場所を変えたり、使っていない物を処分したりしました。


10153979_4153485412441_8674973600528836089_n.jpg



10313462_4153485812451_7752261949987319268_n.jpg

↑ガスレンジ横にあった水切りかごを処分し、スペースを確保しました。
 でも、かえって殺風景になってしまった気がして、一番奥の角に観葉植物でも置こうかな。


10264814_4153486012456_837428385445644538_n.jpg

↑流しまわりは、掃除しただけ。


10264543_4153485332439_9192841477889509936_n.jpg

↑こちら側も、ほとんど変わってませんね。


10308262_4153484852427_8103118664678199003_n.jpg

↑玄関の食材置場。
 ここは、主に野菜置場だったんだけど、奥の倉庫にあった食材も移動しました。
 見やすくなったので、これで何がいくつあるか一目瞭然。ダブり買いもなくなることでしょう(希望的憶測)。



 まぁ、ここまでは、大した作業じゃあなかったんです。

 問題は、我が家の南側に巣食う、どす黒い闇の領域なのです。

 そこには、親方と私が「南荘」と呼ぶ(知合いが住んでいたドクダミ荘のような木造アパート名にちなむ)南の部屋があります。その隣には「クロゼット」とは名ばかりの3畳くらいのスペースがあります。そこはどちらも、まさに「暗黒地帯」「未踏領域」「秘密の場所」もしくは「禁足地」のような、長いあいだ手つかずで、踏み入ることを躊躇するような、部屋の隅には掃除機が届かないような、したがって四角い部屋を丸く掃除するしかないような、家族以外には絶対に見せられないような、要するにぐちゃぐちゃの部屋がありました。


 ここに引っ越して9年目。過去にも、何度か整理するぞ!と立ち上がったことはあります。

 5年前も挑戦しました。そのときは、奥の奥に押し込んであったままの引っ越し用段ボールを初めて全部開けました。段ボールをどけると、塗装時の養生テープがまだ貼られたままだったことを記憶しています。とほほ。

 去年のGWにも、何とかしよう!と立ち上がりました。

20130430132950342_20140429074430c04.jpg

↑これは、去年の写真。南のベランダに部屋の中身を全部出したまではよかったけど、お天気が崩れたり親方が掃除より日曜大工に夢中になったり(言い訳)で、結局、また元に戻しただけ。みたいな残念な結果に。。。とほほ。

 それ以来、南荘の荒れ様を見るたび、見ないことにして目を背け、でもストレスだけは感じ続けていたのです。


 そんな状況を打破すべく、今年は5月にはデミーズキッチンを控えているのだからして、それまでに、今年こそ何とかしないと永遠にこのままだぞ、と自分を追いつめて、天気予報もチェックして、ピンタレストを見てやる気を奮い起こし、取りかかったのであります!

 まずは、暗黒地帯からすべての物を放り出し、必要なものと不要なものに分別し、必要なものをどこに保管するか決める。ラックもタンスもベランダに出して、サビとり&引き出しの掃除など。そして、配置。

 BEFORE & AFTER のビフォアの写真はとても掲載できるものではないので、アフターの写真だけ公開。


10313989_4153484932429_4342129333182107888_n.jpg


10306541_4153484892428_4975417965519693267_n.jpg

↑完成してみると、やっぱり倉庫にしか見えない(泣)
 ピンタレストのコレクション写真とは全然違うじゃん!。。。
 改造コンセプトは「お店のような部屋」だったんですけどね。とほほ。

 今回は、親方はそれどころでない他の大事な用件があったので、全部一人でやったのです。
 親方がいない分、ここにコレつくってほしいなぁ。ってモノもあったけど、とりあえずある物で代用。
 しかも私にはディスプレイのセンスがないからココまでなんだけど、親方に時間ができたら、もうちょっと見栄えよくなることでしょう。


 でもまぁとにかく、これで本当にすっきりしました。もう、あの部屋をのぞくたび、ストレスを感じなくてすみます。
 もう、私には秘密なんてない! 病ましいところは何もない!っていう気分です。


 ってことで。
 
 今週も「日曜日のごちそう」は休館日。

 夕方から来てくれたオリーブちゃんと一緒に仕上げの掃除をして、9時過ぎから焼肉食べてお疲れ様会。でした。


 火曜日まで我が家はお休みいただいてるし、水曜日には食事会もあるので、今週は久しぶりにお料理の写真アップできると思います。しばらくまともに料理してないから、お料理した〜い!モードは盛り上がってます。


 ってことで、今日もおつきあいくださり、ありがとうございます。

 まだまだGWは続きますね、皆様も楽しい休日を!
 
 

 あ、忘れてました。<おまけ>

写真

↑ライラック、3年目にしてようやく咲いてくれました!

10313589_4153485252437_2218982339979187511_n.jpg

↑ベランダも、ついでに掃除したり整理したりしましたよん。


今日もご訪問ありがとうございました。

お気軽にコメントなどいただけると更に嬉しいです。




楽天市場のお気に入りインテリアショップ↓

アンジェ

★+plustic★

★Free Dsign★

★ANT DESIGN STORE★











毛が頭から離れない春の朝。そして、大掃除!

2014年4月24日(木)


 今日も料理とは関係ない雑文です。



 昨日書いたブログを読み返していて、

毛が抜けない」って、野生のサバイバル的には致命的な欠陥ではないか

 という文章を目にし、これは人間の男性の頭髪にも当てはまるだろうか。と、またまたくだらない疑問が頭をよぎりました。

 「毛が抜けない」のがサバイバル上の欠陥、ならば、「毛が抜ける」のはサバイバル上の長所なのか。

 一般的に毛が抜けるのは男性ホルモンのせいだと言うから、男としての本能的•野性的能力には、もしかしたら関係あるのかもしれません。

 都市伝説かもしれませんが、フランスではハゲはセクシーと捉えられるという話を聞いたことがあります。これが真実ならば、フランスでは「毛が抜ける」ことが生物的サバイバル(女性を勝ち取り子孫を残すという意味)において有利と言えるでしょう。更に付け加えれば、この場合は「毛が抜ける」男性より、「毛が抜ける」男性に魅力を感じる女性の方にこそ、野性的動物的本能が残っていると言えましょう。

 しかしこれは、頭髪に関してのみで、体毛はまた別の話ですね。だいたい反比例するものですし。

 頭髪がフサフサだけど体毛ツルツルの男と、頭髪はないけれど胸毛すね毛フサフサな男。

 私なら、断然後者を選びます。まだまだ私にも野生が残っているのかもしれませんねぇ。
 

 そうそう、毛といえば(まだ毛の話かよ?!)、最近やたらと女性の薄毛•抜け毛の対策商品をよく目にします。自分が年齢的に気になるのかと思ったけど、いや、やっぱり一昔前には、テレビCMでこんなに見たことはなかったと思います。

 昔と比べたら、今の世代はシャンプーし過ぎで、髪の毛のトラブルが増えたのでしょうか。それはないですよねぇ。
 昔から女性にも薄毛•抜け毛の悩みはあったと思うけど、本人も周りも誰も、おばあちゃんの髪の毛のことなんて気にしていなかったってことでしょうか。
 ただ単に、女性の薄毛を映像にしてもOKという、世の中の意識の変化でしょうか。

 そんなこんなで、毛のことが頭から離れない 春の朝です。




 さて、今日もいいお天気ですね。

 昨日から、大掃除を始めてしまったわたくし。物置になっている部屋を大改造しようという大掛かりな計画。クロゼットの中身を全部出して、引き返せないところまで手を付けてしまったので、「毛」のことはいったん忘れて、今から頑張って掃除&整理整頓!したいと思います。

ピンタレストで集めた写真コレクションを眺め、無理矢理やる気を出してます。
 私の家ではありませんよ

64af19a344b58b06050332922a476a3e.jpg

http://indulgy.com/post/aWaQYyb1f1/interior


6e4f6da7d9cc01ce15c7c49089b5a6ff.jpg
decor8blog.com


derona_after.jpg
designsponge.com



 さぁ、頑張るぞ!

 皆様も、良い一日を!




楽天市場のお気に入りインテリアショップ↓

アンジェ

★+plustic★

★Free Dsign★

★ANT DESIGN STORE★








BOZZのトリミングから「神の領域」について考える、の巻。

2014年4月23日(水)


 今日は、料理と全然関係ないお話です。おヒマな方だけ、どうぞ。



 本日は、久しぶりに青空も見えて、いい陽気。
 ベランダで花たちの世話をしていたら、BOZZも出てきて私についてまわるので、二人でのんびり日向ぼっこをしておりました。

IMG_0492.jpg


 BOZZを見ながら、そろそろカットしなきゃなぁ。と思い、そのときふと、もしずっとカットしなかったらどうなるんだろう?という疑問がよぎったのであります。
 ミニチュアシュナウザーは毛が抜けない代わりに、2〜3ヶ月毎にカットしないといけないのです。
 もしカットしなかったら、本当にどこまでも伸び続けるのかな? 

 そこまで考えて、いやぁ、「毛が抜けない」って、飼主にとっては都合がいいけど、野生のサバイバル的には、致命的な欠陥ではないかと、ハタと気づいたのです。

 誰か、ってもちろん犬同士で毛を切る訳はないから、人間にカットしてもらわないといけない訳で、ってことは、人間がいなきゃ生きていけない、野生では生きていけないってことですよね。
 もう、完全に、人と一緒にいることが前提の犬、なんですね。


 人間は、自分たちに都合のいい犬種を求めて、ありとあらゆる交配(選択育種)を繰り返し、よくもまぁ好きなように、犬種を創り出してきたものです。
 もともとはオオカミから派生したと言われていますが、それが、ここまで多種多様な犬種をつくることができるものなのですね。
 レオンベルガーとチワワが同じ「犬」だなんて、信じられません。

 そう思うと、人間だって、創ろうと思えば、いろんな人種を創り出すことができるんでしょうねぇ。花も野菜も、犬だって、品種改良し放題なんだから。
 遺伝子操作は「神の領域」と言われてるけど、犬にこれだけのことしといて、どうなのよ?!少なくとも、犬に対して人間はズカズカと「神の領域」に踏み込んでますよねぇ。

 そんなことを思う春の朝でした。

 
追記)
 うちのBOZZは、ごはんやお菓子をあげるとき、「待て」って言わなくても、ずっと待ってます。「よし」って言われるまで、けなげに待ってます。

 あるいは、私がBOZZの目の前でドッグフードをどばーっとこぼしちゃったりしても、後ずさりして、じっと見てるだけです。「よし」って言われないと、決してこぼしたエサにがっついたりしません。

(ちなみに、前に飼っていた先代のBOZZ(やはりミニチュアシュナウザー)は、「待て」って言わないと速攻で食べようとしたし、目の前で食べ物こぼしたりしたひには、止める間もなくがっついてました。)

 だから尚更、この子はなんてお利口なんだろう。可愛いなぁ。と思っているのですが、しかし、これも、誰か「よし」と言ってくれる人がいなきゃ生きていけない。ってことじゃありませんか。

 我が家のおボッちゃんには、野生のかけらも残ってないんですねぇ。

 やっぱり、この子には私がいなきゃ。と、我が子?をますます愛おしくなる春の午後でした。とさ。


 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。

















我が家のベランダ状況:ミニライラックとバジル

2014年4月21日(火)


 名古屋は、雨は降っていないものの、どんより曇り空。風も吹いて、小寒いです。

 蕾のついたリラ(ミニライラック)の様子を見にベランダに出てみたら。小さな花が咲き始めてる〜!


写真


写真 2


写真 3


 このミニライラック、一昨年に母からもらったのですが、最初の年はつぼみも付かず、去年はつぼみは付いたのに咲かないまま黒くなって終わってしまったのです。
 今年こそは!と、冬の間にしっかり肥料を入れ、定期的に液肥も入れて、つぼみが付いても油断せずに、毎日気にかけ、声をかけて可愛がってきたのです。

 嬉しい〜!

 しかし、まだまだ油断せずに見守って、今年こそは5月に満開を愛で、いい香りを楽しみたいものです。



<バジルの発芽>

写真 5

 先週植えたバジルの種も、芽が出てきました。せっかく出てきたのに、こんなに寒くて大丈夫かしら? 種を植えるの、まだ早かったかな。
 今年は苗じゃなくて種から育てようという企画、ベランダのバジルだけでジェノベーゼペーストつくれるといいなぁと夢見ていますが、どうなることか。またご報告します。


 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。














テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

「居酒屋さんで白ワイン」的、月曜日のお昼ごはん。

2014年4月21日(月)


 雨の月曜日、週末いっさい買物していないので、冷蔵庫の中は空っぽ。缶詰やインスタント等ある物をなんとか駆使して、私がお昼ごはんを用意しているあいだ、親方は録画したイタリア旅行番組を見てました。

 当然、美味しそうなお料理の映像もたくさん出てくる訳で、「あ〜、美味しそう!」「うわぁ、美味しそう!」を連発し「ワイン、飲みたくなってきた!」と言って、週末に開けて残ってるワインを飲み始めてしまいました。


 だけど、私の和食料理は修正できないところまで進んでいたので、結局、居酒屋で白ワイン。みたいな状況になってしまいました。


10300313_4131446901492_5887797953147664033_n.jpg


10150662_4131222935893_3579388307886134414_n.jpg

↑手前から逆時計廻りに
<トマトのたまごあえ>
 ネギ、プチトマト、ほたて貝柱の缶詰、の卵あえ。塩胡椒、出汁、醤油、鰹節。好みで、お酢かポン酢をかけていただきます。

<サバとタマネギの味噌風味>
 サバの味噌缶を使用。新タマネギをレンジでチンして、缶詰と合わせ、塩こしょう、酢、たまねぎドレッシングで味付けしました。

<焼きビーフン>
 永谷園の焼きビーフンを使用。袋に書いてあるレシピではキャベツを加えるだけですが、ネギ、おろした生姜、出汁、ゴマを加えました。

<ほうれん草のお浸し>
 茹でたほうれん草を、オリーブオイルと醤油で軽く味付けしました。

<にんじんサラダ>
 我が家の定番「にんじんのキンピラ」と一緒です。
 千切りにしたニンジンをごま油で炒め、塩胡椒、出汁、酢、みりんで味付けして、水気がなくなるまで火を通し、最後にちょっとだけ醤油。ゴマをたっぷりかけていただきます。


10301287_4131223615910_8485011319095235929_n.jpg

↑<とりムネ肉のソテー>
 あまりに野菜ばかりで肉っけがないから、冷凍庫のチキンを解凍して簡単ソテーにしました。
 塩と日本酒と酢でマリネしておき、フライパンで炒め、最後に塩だれとたまねぎドレッシングで味付けしました。
 赤いのは、ラディッシュです。母の畑のラディッシュ↓が冷蔵庫にまだあったのを使用。

写真 4

↑いろんな色があって、可愛いでしょ。


10155851_4131223335903_4725060985654827527_n.jpg


 そんな週始め、月曜日のランチでした。


 もうすぐ、ゴールデンウィークに突入ですね。
 今週一週間、頑張りましょう!



 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。













テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

日曜日のごちそう休館日、大須でぶらぶら歩きの巻。

2014年4月20日(日)


 今週の日曜日のごちそうは、お休みです。

 どうしてかっていうと、雨のなか大須ラテンアメリカフェスティバルに出かけてたから。土曜日にキャバレロ出演してくれたWAYNOが出演するというので、応援してきたのです。


10304786_4131223015895_6362185983399765595_n.jpg

↑まねき猫広場で演奏する WAYNO のメンバー。
 このバンドは素晴らしいんですよ。
 フォルクローレという括りではあるけど、洗練された独自の世界があります。彼らの音楽には、目的なく歩いている人たちもつい足を止めてしまう、人を引きつける力を持っています。演奏している間にどんどん聴衆が増えて、フィナーレまで盛り上がってました。皆様、お疲れさまでした。



 で、その後、角屋で軽く一杯やって↓、

10171215_4131222895892_7175586553557301626_n.jpg

↑大須の有名な老舗やきとり屋さん「角屋」。
 この日は観光客らしき外人さんがたくさん来てました。雰囲気あるから楽しいですよね、きっと。だけど、もうちょっと美味しいと更に嬉しいんだけどな。と、いつも残念に思ってしまいます。


 それから、近くの「焼肉バル」なるところへ行き、そこで軽く食べて。
 そこには初めて行ったのですが、メニューを見て安いなぁと思ったら、焼肉一切れの値段だそうです。「一切れって、どれくらいなんですか?」って聞いたら、「あ、いや、普通の焼肉屋さんの一切れです。ひと皿じゃなくて、ひと切れです。」って。。。ちょっとずつ食べたい我々には嬉しいけど、それってなんか、衝撃でした。
 
 ってことで、焼鳥も焼肉も、どちらもあんまり満足できなかったので、早々に帰宅。

 家に帰ってから、ステーキ焼いて、目玉焼き焼いて、ブロッコリーを茹でて、パンとチーズと赤ワインとともにいただきました。
 でも、写真はありません。すいません。


 とにかく、この一週間、ぎゃふん症(花粉症)がひど過ぎて。。。
 私のアレルギーは杉よりひのきがメインでして、4月からがピークなのです。我が家では「ひのピー」(ひのきのピーク)と言っています。昼間は薬で頭がぼーっとしてるし、夜は何度も目が覚めちゃうし、困ったものです。

 この20年くらい?30年くらい?で、花粉症はすっかり日本人の国民病になってしまいましたね。
 いま、日本に花粉爆弾でも落とされた日には、我々日本人はイチコロですな。お隣の国が、それに気づかないでくれたらいいのですが。

 そんなことを思う今日この頃です。



 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。














テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

火曜日のベランダごはん;チキンのオーブン焼き

2014年4月15日(火)


 火曜日だけど、あんまりお天気がいいので、お昼からワイン飲むぞ!ってことで。ベランダごはんです。


10152516_4111488082534_7561922720004735449_n.jpg


 ほとんど日曜日の残りものです。

 月曜日につくったのは、ステーキと、ローストオニオン&ポテト。ステーキの写真はありませんが、ローストベジの写真を↓。

10151394_4111116593247_8279357968106875724_n.jpg

↑まずは、赤タマネギと自家菜園の新タマネギを、ニンニク、塩胡椒でソテーして、耐熱皿に移し、

923551_4111117033258_5744830566847452890_n.jpg

↑茹でたじゃがいもの表面に、塩胡椒、オリーブオイル、ローズマリーを刷り込んで、これも耐熱皿に並べ、200℃のオーブンで15分くらい焼いて、

1901413_4111116953256_4211975452526856040_n.jpg

↑これが、できあがり。
 ポテトの切れ目に、チーズのグリーンペーストをのせて、いただきました。

 火曜日、このベイクドオニオン&ポテトも、ちょこっと残っていたのを並べました。
 

 そして、火曜日ベランダごはんのために、新たにつくったのは、チキンのオーブン焼きのみ↓。
 
10014680_4111488042533_6744786510071093833_n.jpg

↑チキンのオーブン焼き。
 むね肉を使いました。
 身の厚いところに切れ目を入れて広げ、塩胡椒、オリーブオイル、ハーブチーズとマスタードを塗り、カットしたプチトマトをのせ、タイム(いつもバジルだけどなかったので)を散らし、
 肉をたたんで元の形に戻し、表面に塩胡椒、タイム、オリーブオイルを刷り込んで、
 鉄板で表面にこんがり焼きめをつけて、
 耐熱皿に皮を上にしてチキンをのせ、皮にバジルペーストを塗り、、
 耐熱皿のチキンの周りに、カットしたプチトマト、茹でたそら豆とグリーンピース、ニンニク、レモンを入れ、
 オリーブオイルとパルメザンチーズを全体にかけて、
 180℃のオーブンで20〜30分。

 赤ワインだったので、ちょっとバルサミコソースをかけていただきました。美味しかった!


1013547_4111488002532_1803256086612085877_n.jpg


1044125_4111487322515_5913260544314803949_n.jpg


10003488_4111487202512_3922777653166965295_n.jpg


10173551_4111487242513_7657752168407314620_n.jpg



 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。














テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

4月13日(日)のごちそう;宇宙人のガーリックソテー、バルサミコ風味など。

2014年4月13日(日)


 日曜日、天気予報では風もない快晴だったから楽しみにしていたけど、残念ながら一日中くもり空。
 ベランダごはんは諦めて、部屋の中でのんびり夜ごはんいただきました。


10171806_4111115873229_1815720898241991768_n.jpg

↑本日の食卓はこんな感じ。
 いつもより品数は少なめ。もっとつくる予定だったんだけど、ことのほか時間が遅くなってしまったのと、ぎゃふん症(花粉症)がひどくて頭がぼーっとしていたものですから。。。


 とりあえず、メニューの写真を残しておきます。


1959225_4111114433193_4329470917362744116_n.jpg

↑ホタルイカのガーリックソテー、バルサミコソース。オリーブちゃん作。
 我が家では「宇宙人」と呼ばれるホタルイカ。さっとソテーして、塩胡椒、バルサミコで味付け。
 シンプルだけど、最高に美味しい! この日、一番人気でした。



10268591_4111115193212_2283224563937783063_n.jpg

↑丸ごとトマト、バジルソース。
 前にもつくったトマトのお浸し。
 バジルドレッシングで簡単につくれると思っていたら、あのときドレッシング使い切ったんだった!
 仕方なく、市販のバジルペーストと白ワインビネガーとオリーブオイルをフードプロセッサーにかけて、即席バジルドレッシングをつくりました。簡単なはずが面倒なことに(面倒ってほどの手間じゃないんだけど、予定していなかったからね)。しかも、緑の色がきれいじゃないじゃん! とほほ。



10168040_4111115473219_7627343882702263633_n.jpg

↑ローストポーク、マーマレードソース。
 ローストポークは市販品。ハーブでローストしてあると書いてあって、美味しそうだったから買ったものの、冷蔵庫にずっと入っていて、賞味期限あやしかったので、火を通しました。
 チャーシューにしか見えませんね。
 しかし、こう見えても、このマッカラン入りマーマレードでつくったソース(ポークを焼いたフライパンに、マーマレード、白ワイン、レモン、バター、塩胡椒)が大好評。ワインのおともにピッタリの味でしたのよ。



10155114_4111114473194_1517898868156052112_n.jpg

↑おなじみ、エビとホタテのグリーンソース。
 デミキチ(デミーズキッチン)に向けて、グリーンソースの分量をつかんでおきたいと思ってつくったのに、リコッタチーズがなくて、しかもマスカルポーネが中途半端に余っていたのを全部使いたくて、いつもより更に分量わからなくなってしまいました。こんなことで大丈夫なのかしらん。


 
1939860_4111116273239_8907422784739530051_n.jpg


↑本日のパスタ。
 親方特製「牛肉の赤ワイン煮込み」が、ほんとにちょこっと残っていたので、それを使って、きのこのラグーを加え、トマトソースをつくりました。
 ちょっと煮込み時間が足りなくて、トマトの酸味が残っていたのが反省点。



↓そして、デザート。

10170745_4111116873254_62507942663561053_n.jpg

 バナナチョコレート入りチーズタルト。
 この日は、オリーブちゃんがつくりました。先週の桃のチーズタルトのアレンジ版です。
 台生地はシンプルにチョコレートクッキーだけ。フィリングは、マスカルポーネチーズ、卵、バナナ、チョコレート、くるみ、紅茶の葉、アーモンドパウダーなどが入っています。
 温かいうちに、アイスクリームと生クリームとラム酒をかけていただきました。
 でも一晩以上冷やした方が、やっぱり美味しいです。


1517465_4111116633248_1288786736761295231_n.jpg



 そんな感じの日曜日のごちそうでした。


10015656_4111115513220_5411405392657175663_n.jpg


10009342_4111116313240_4695631335528321467_n.jpg



10264531_4111114953206_8395344935182994333_n.jpg




 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。
















 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

桃のデザート2種:ムースとチーズタルト。

 4月6日(日)につくった桃の缶詰でつくったデザートの備忘録です。

 親方は、フルーツの缶詰に弱いんです。
 桃とか、パイナップルとか、さくらんぼとか、スーパーの100円セールでワゴンに山積みになっていたりすると、意味もなく欲しがります。
 そうやって、我が家にはフルーツ缶の在庫がたまっていきます。
 何でしょう?世代的なものでしょうかねぇ。カルピスに弱い、みたいな。。。

 この日は、そういうふうに溜まった白桃と黄桃の缶詰を1つずつ使って、デザートにしました。



その1)桃のムース

397553_4092901337877_1049089053100425186_n.jpg

↑真っ白なデザートにしたくて、白桃の缶詰を使用。


1. 1個分は飾り用にとっておき、残りの桃はハンドブレンダーでピューレ状にする。

2. ブランデー50mlを火にかけてアルコールをとばす。
   本当はレモンチェロを使おうと思ったのに、我が家のレモンチェロ在庫が切れていたのでブランデーを使用。
   お好みで、オレンジキュラソーでもいいし、桃と合えば何でもいいと思います。

3. 氷水につけて戻した板ゼラチン3枚(3g)を2に入れて溶かす。

4. ゼラチンを入れたブランデー(あら熱がとれてからの方がいいと思う)と1の桃ピューレを混ぜる。

5. 八部立てにした生クリーム(100ml)と4を合わせる。
   好みで100mlの一部をマスカルポーネチーズやリコッタチーズにしても美味しいと思います。
   味見をして、甘さが足りなかったら、砂糖を加える。

6. 冷蔵庫で冷やし固める。
  飾り用にとっておいた桃をカットしてのせ、ミントと一緒に飾る。

<メモ>
 これは、ゼラチンの袋に書いてあったレシピの量を参考にしました。
 私は砂糖(たぶん大S2くらい)を足したのですが、親方には甘過ぎたようで。。。砂糖使わなくても、そのままで大人のデザートになったかなと思います。とにかく砂糖なしでつくってみて、味見をしてから、好みで足してみてください。



その2)桃のチーズタルト

1977461_4092902177898_3989062234251925674_n.jpg


1. 台生地をつくる。
  フードプロセッサーに、グラハムクラッカー、くるみ、ドライフルーツ(アプリコット、クランベリー)を入れて細かくする。
  溶かしバター(40〜50g)を加えて、もう一度FSを回し、全体をしっとり馴染ませる。

2. 耐熱皿の内側にオリーブオイル(もちろんバターでも)を塗り、1の台生地を底に敷く。(スプーンなどでおさえこんでおく。)

3. 桃をくし形に切って、台生地の上に円を描くように並べておく。

4. フィリングをつくる。
  フードプロセッサーに、マスカルポーネチーズ(200〜250gくらい)、卵、砂糖、ブランデー、バニラエッセンス、アーモンドパウダーを入れて混ぜる。
  味見して、好みで砂糖を足す。
  滑らかさを調整するのに、固ければ生クリームやヨーグルトを使ってもいい。やわらかければアーモンドパウダーで調整する。(やわらか過ぎるかなと思っても、チーズと卵は焼いて冷やせば固まるものですから、あんまり液体を足す必要はないと思います。クリームチーズを使えば、もうちょっとわかりやすいかもしれません。)

5. 3の上に4のフィリングを流し込む。

6. 160℃のオーブンで30〜40分焼く。

10171791_4092901897891_4937435726747268885_n.jpg

↑焼き上がり。 あら熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。


<メモ>
 一晩置いた方が絶対に美味しいです。

 このタルトは、いっさい計量せずにつくりました。フードプロセッサーを洗わずに(もちろん洗ってもいいけど)2回まわしたらできちゃった!
 だんだん計量しないデザートのプロになりつつありますな。

 台生地に何を使うか、リキュールを何にするか、組み合わせが肝心。だと思います。
 混ぜて不味くなる要素がなければ、どうやったって美味しく食べられる!というのが私の持論。(間違ってるかな?)



10151831_4092902217899_8455772747620136451_n.jpg



 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。



















 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

公開「日曜日のごちそう」!デミーズキッチンのお知らせ

 ありがとうございますありがとうございます!
 早々に両日ともに定員になりましたので、募集終了いたしました。

(キャンセルがあった場合には、また告知させていただきますね。)

 開催しようかどうしようかさんざん迷い、とりあえず一人でも来たい!と言ってくれる人がいればやろうと決めて、重い腰を上げたのですが、あっという間に決まってビックリ!、嬉しい驚きです。
 参加者の皆様には、改めて当日の詳細ご案内いたしますので、よろしくお願いします。
 楽しんでもらえるように張り切って準備します!


 以前ちょこっと告知したデミーズキッチン、ようやく決心して開催することにいたしました。
※「キッチンクラブ•デミーズ」でしたが、親方により「デミーズキッチン」に改名いたしました。略して「デミキチ」、よろしくお願いします。


 お料理教室ではないけれど、皆でつくって皆で食べて、お互いに料理の研鑽に励む、楽しいキッチンクラブになればと思っています。ホームパーティあるいはクラブ活動のつもりで、気軽に来てもらえれば嬉しいです。

1. 日時:2014年5月20日(火)17:30~
     2014年5月27日(火)17:30~

 17:30~お料理を始める予定というだけなので、遅れても大丈夫です。到着時間から一緒にお料理しましょう。
 お料理しなくても、見てるだけでも、食べるだけでもOKです。19時くらいから食事を始める予定なので、食べるだけの人は19時までに到着できれば大丈夫です。

2. 場所:私の自宅(名古屋市千種区内)
 (参加が決まった方に個別に連絡します。)

3. 参加者:各日4名まで
 女性限定とさせていただきます。
 私と面識があるか、私と面識のある方の同行者
 料理初心者の方、大歓迎!
 自分と自分のお友達だけで4名揃うなら、他の日を設定することも可能です。ご相談ください。

4. 参加費:3000円
 オードブル、パスタ、メイン、サラダ、デザートを用意する予定(メニューは当日発表)。ワインとソフトドリンクもご用意します。
 当日メニューのつくりかたメモをお渡しします。
 私とオリーブちゃんがホステスです。


↓こちらも、必ず最後までお読みください。

 ずいぶん前から、FBのお友達やキャバレロのお客様から「私もデミさんのホームパーティに行きたい」「料理教室やってください」などと言われることがありました。私としては、そう言ってもらえるととても嬉しくて、誰でもホームパーティに招待したくなるのですが、日曜日は親方もいるしプライベートな時間を大事にもしたいし、誰でも呼んでおもてなしできるほど経済的に余裕もないし、かといって料理教室なんて私には絶対無理だし。

 何かいい方法はないだろうかと考えていて、オリーブちゃんとも相談し、材料代プラスαだけいただく会費制ホームパーティなら、私も気楽だし、皆さんも遠慮なく来れるのではないかと。

 定期的に続けていくかは未定ですが、季節のいい5月に、まずはとにかく一度試験的に開催してみようということになりました。お天気がよければ、ベランダで食事もできるし、そしたら楽しいなぁと、気持ちは盛り上がっています。

 私は料理のプロでもないし、私より料理上手な方は、世の中にごまんといらっしゃると思います。ただ、私が料理するのを見て、「え~、それでいいんだぁ。」「それなら私にもできるかも。」と思ってもらえれば、私としては大変嬉しく思います。

 私の料理人生や料理観についてはこちら「私の料理人生、料理の師匠」「私が海外料理番組にハマった理由
に書いたので、参加したい方は、ぜひ読んでみてくださいね。そんな私に納得してくれる方のみ参加表明してください。
 
 私としては、これをきっかけにお料理仲間が増えたら嬉しい一心です。

 参加希望は、私の携帯電話か、FBのメッセージか、demi*mbf.ocn.ne.jp(*を@に変えてください)にご連絡ください。(FBもブログも、コメントでは受付られないので、必ずダイレクトメッセージでお願いします。
 件名「キッチンデミーズ参加希望」として、お名前、人数、連絡先(携帯電話とメールアドレス)、希望日(両方参加可能な方は、第一希望、第二希望を書いてください)、到着予定時間を記入してください。
 その他質問などあれば一緒に書いて送ってください。
 どれくらいの参加希望があるか全く予想できないので、確定のお知らせをいつできるかはお約束できませんが、皆様の予定に迷惑がかからないようにしますので、ご理解のほどお願いいたします。

 ではでは、楽しみにしています!


e0034141_18413058.jpg



 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。

















 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

4月6日(日)のごちそう;自家菜園の野菜たっぷりメニュー。

2014年4月6日(日)


 この週末、冬が逆戻りしたような寒さ。風が強くて、桜もこれで散ってしまいそう。花の命は儚いものですな。


 さて日曜日、忙しかった長い1週間のお疲れさま会。ついこないだ、連日ベランダごはんできた暖かさが嘘のよう、寒くて寒くてもちろん部屋の中、しかもストーブつけての夜ごはんでした。

 日曜日のごちそう、そして翌日の月曜日のごちそう、一緒に写真だけアップしますね。


1014471_4092900257850_7023014491152066708_n.jpg

↑スモークサーモンのサラダ。
 スモークサーモン、ベランダのベビーリーフ、ケイパーとブラックオリーブ。塩胡椒、レモンとオリーブオイルで味付け。ハーブチーズやマスタードマヨネーズを添えて。


10153804_4092900337852_7325018919792488020_n.jpg

↑さやいんげんとフェタチーズの温サラダ。(冷凍のさやいんげんを使用)
 超簡単だけど美味しいの。別ページに書いときます。



1509822_4092900737862_8278576088942904297_n.jpg

↑先週コストコで買ったグリーンアスパラガス大きな一束があったので、全部使いました。
アスパラその1)グリーンアスパラガスの生ハム巻き。下茹でしたアスパラに生ハムを焼いて、フライパンでこんがりするまで焼きました。


10172728_4092901137872_2804219010047266152_n.jpg

↑アスパラその2)グリーンアスパラガスのオーブン焼き。下茹でしたアスパラを、バターを馴染ませた「親父の鉄板」にのせ、オーブンへ。チーズ、イタリアンパセリ、オリーブオイルをかけて食卓へ。



10171662_4092901457880_3457427675465189825_n.jpg

↑ベイクドビーンズ(レシピはこちら)。今回はレンズ豆の缶詰でつくりました。使ったハーブはベランダのタイム。仕上げにイタリアンパセリ。



10154545_4092900297851_2983883618746858411_n.jpg

↑畑のロマネスコとブロッコリーのガーリックソテー。余った生ハムを入れました。



1901483_4092901097871_7629497279426796957_n.jpg

↑自家菜園の残り物?野菜を茹でて、全部一緒にソテーしました。
 ベビーキャロット、芽キャベツ、ロマネスコ、ラディッシュは畑から。赤タマネギも使いました。



10246729_4092900697861_3101675706862997566_n.jpg

↑本日のメインは、ちょっと久しぶりのステーキ。味付けはシンプルに塩胡椒だけ、ニンニクはたっぷり使いました。肉を焼くのは親方の仕事です。
 私はアコーディオンポテトに挑戦したけど、やっぱり一度茹でてからの方がいいのかな。



10007003_4092901777888_3826488082265286317_n.jpg

↑ガーリックライス。
 我が家の定番料理、レシピってものではないけど別ページで紹介してみます。



1977461_4092902177898_3989062234251925674_n.jpg

↑桃の缶詰を使ったデザート2種。桃のムースと、桃のチーズタルト。
 計量しないデザートのプロになってきました^^; 。別ページに書いておきます。



 そういう訳で、まずは写真だけ。それぞれのお料理については、別ページに書きます。



 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。


















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

超簡単!新タマネギのサラダ。チンして混ぜるだけ。

 我が家の平日ごはんの定番、タマネギのサラダ。レンジでチンして混ぜるだけの、超簡単料理ですが。新タマネギの季節は、更に柔らかく甘くて美味しいです。
 母の畑で採れた新玉を使いました。


10150718_4081024400961_1832809334_n.jpg


↑今回は、赤タマネギとベランダのエンダイヴを加えて。



1. 新タマネギと赤タマネギを薄切りにして、レンジで3〜5分くらい加熱する。

2. ボールに1のタマネギ(チンしたときに出る水分も残さず入れる)、エンダイヴを加え、すりゴマをたっぷり加え、青じそドレッシングで混ぜる。



 タマネギの大きさや量にもよりますが、タマネギが透明になって、味見して甘みが出るまでチンしてください。
 新タマネギじゃないと、もう少し時間がかかります。私は新玉と赤玉を別々にチンしました。

 赤タマネギをチンすると、やさしいピンク色になって、きれいですね。
 エンダイヴの代わりに、レタスや水菜もよく使います。緑があるときれいという理由だけなので、何でもいいです。
 大葉を刻んで入れても美味しいです。
 
 「タマネギをチンして、ゴマとドレッシングで混ぜる」が基本形なので、あとはどうにでもアレンジしてください。

 このサラダは本当に混ぜるだけだけど、彩りもきれいだし、タマネギを大量に摂取することができるので、身体にもいいと思いますよ。



 ところで、世の中にノンオイルの青じそドレッシングや和風ドレッシングはたくさんあれど、私は昔からなぜか断然リケン派です。
 たまに間違えて違うメーカーのを買ったりすると、なんか違う!と思っちゃうんですよね。そうはいっても、リケン以外ほとんど試したことがないから、他に美味しいドレッシングがあっても知らないだけという可能性が高いけど。おすすめのドレッシング、あったら教えてもらいたいな。




<おまけ>

10169457_4080992680168_723566166_n.jpg

↑(わかめ、ネギ、大葉、かにかま、じゃこ、いりゴマ)を、(オリーブオイル、ゴマ油、米酢、しょうゆ)で混ぜました。我が家は入れませんが、砂糖を入れてもいいと思います。市販のポン酢を使えば、更に簡単です。



10176214_4080993040177_244422268_n.jpg

↑豚キムチ。
 友人のおばあちゃん特製キムチを使用。キャベツとネギは、母の畑から。
 キャベツは蒸すかレンジでチンしておきます。豚肉は塩と日本酒で下味をつけておきます。
 油、ニンニク、生姜、ネギ、キムチを最初に炒めてから、豚肉と蒸したキャベツ。っていうのが私の順番です。味付けは塩こしょう、紹興酒、ゴマ、醤油のみ。
 キムチは最後に入れて混ぜるだけではなくて、最初からしっかり長時間炒めると、甘みが出てくるように思います。炒めながらすりゴマをたっぷり使うと、全体の味がなじみ優しい甘みがいきわたります。



 平日は、ほんと簡単な野菜料理ばかりです。
 お酒を飲まないと、食事の時間ってあっという間に終わっちゃうから、料理もささっと済ませたいんでしょうね。盛りつけにも力が入りません。っていうか、我が家には和のお皿がほとんどないんですよね〜。他の方のブログを見てると、和のセンスも磨きたいなぁと思う今日このごろ。


 そういうことで、平日の和食編でした。



 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。


















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

週末のロマネスコ料理;お浸し&ともあえ

 母の畑で採れたロマネスコ
 先週つくった料理2種、メモ残しておきます。
 「お浸し」と「ともあえ」って書くと、なんか和の香りがしますが、違いますよ。じゃあ何料理かと言われると困るけど、どちらもワインのおともです。



↓その1)ロマネスコのお浸し

10168016_4060297162793_240193469_n.jpg

 これは、先週のブログ記事に載せた写真を見ていて、思いつきました。
 トマトのお浸しと、ロマネスコのソテー。合体させて「ロマネスコのお浸し」にしたのです。
 よく茹でたロマネスコをドレッシングに浸けるだけ。今回は、キューピー Italiante カルパッチョソースを使用。味見して、ちょっとビネガーを足しました。
 ピクルスのような、カルパッチョのような、お漬け物?のような。さっぱりしていて、美味しかったです。



 よく見たら、賞味期限とっくに切れてたんですよね〜。へへ。しばらく、冷蔵庫のドレッシングやソースやっつけ作戦に、この「お浸し」レシピ活躍しそうです。(金魚さん<こんな使い方で申し訳ありません。)



↓その2)ロマネスコのともあえ

1238159_4070509978107_1884041598_n.jpg

 これは、3月30日につくりました。
 以前、ブロッコリーで同じようにともあえにしたのを思い出したのです。

 大きな株でした。これをつくるときは、これが最後の畑のロマネスコだと思ってたんですよね。
 
↓柔らかく茹でたロマネスコの1/3、リコッタチーズ、ニンニク、くるみ、オリーブオイル、塩こしょうをフードプロセッサーに入れて、ペーストにしました。
(もうちょっと緑が欲しくて、グリーンピースも入れました。ついでに、この日、鞘で買ったそら豆があったので、それも茹でて1/3をペーストに加えました。もちろん、ロマネスコだけでもいいんだけどね。)

写真

 そして、フライパンにオリーブオイルを入れてロマネスコとそら豆を炒め、上のペーストを絡ませて、できあがり。


1979683_4070509818103_581314724_n.jpg

 写真にすると、よくわかりませんね。モコモコしてますな。でも、親方には大好評でした。


 宇宙の神秘を秘めた野菜、ロマネスコ。最後だと思ってたのに、畑でまた5個もらってきたから、ロマネスコ料理、まだまだ続きます。


1148875_4059879712357_1764404756_n.jpg



 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。



















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

畑のロマネスコ、最後じゃなかった〜!&プチお花見

2014年3月31日(月)


 実家まで日帰りで里帰り。いつものお寿司屋さんでランチを食べ、母と畑へ。朝、他の野菜は収穫してきたけど、どうしても私に収穫させたいものがある、と。


写真

ロマネスコのことでした!
 「今までいくつか穫ってきたのをあげたけど、どうしても畑でなってるところを見せてあげたかったのよ〜。」とのこと。
 ほんと、見事だね〜。
 私が前に畑に行ったときは、ブロッコリーはできてるのに、ロマネスコは背ばかり伸びて全然実がつかない。。って、泣いてたときだもんね。

 ほらほら、ここにも。あそこにも↓。
 
写真 2

 本当だ〜。すごぉ〜い!私も嬉しい!

 でもママ、こないだのが最後だって言ってたような気がする。ブログ(ココ)にも「今年最後の畑のロマネスコ」って、書いたばっかりじゃん。。。
 
 結局、6個収穫しました。1個は母が、残り5個は私がもらって帰ってきました。それでも、まだ小さいのは畑に残してきたのです。

 こないだ使ったロマネスコは全然最後じゃありませんでした〜。嘘書いて、ごめんなさい。
 でももちろん、嬉しい〜! また、ロマネスコを楽しめます。


写真 4

↑手前、ビニールに包んであるのが収穫したロマネスコ6個。
 左で大きな葉を茂らせているのは、アーティチョークです。去年の春に植えて、畑の場所が変わるので植え替えしたりして、去年は花がつきませんでしたが、今年はアーティチョークの花、食べられるかなぁ?楽しみ!

 このアーティチョークもロマネスコも、私がネットのミセスリビングというお店で買ったのを、自家菜園1年目の母が種から育ててくれました。

←ロマネスコ

←アーティチョーク


 ほんと、母は「緑の手」を持つ人ですな。どうして、娘の私はこうなんでしょう? 私の赤い手がちょっとでも緑に近づけるように、母にいろんなことを教わっていきたいものです。


写真 3


 そうして、他にも、ネギ、タマネギ、芽キャベツエンダイブ、ミニキャロット、ラディッシュ、セロリなど、段ボールに3箱!車に詰め込みました。八百屋さん、できますね^^; 。


←芽キャベツ

←エンダイヴ


 本当はね、ネットでお友達になった方にロマネスコ送りたい!と思ったんだけど、まだ知り合ったばかりで「住所教えてください」って、やっぱりダメだよね。と思って、今年は近所のお友達にあげるだけにしました。
 それでもまだ3個ある。ロマネスコレシピ、たくさん考えなくては。。。




 さてその後、実家で留守番してた親方とボッチャンと合流し、一緒に、我が心のふるさと佐布里池(そうりいけと読みます)へ。これが我々のプチお花見となりました。


1613946_4073151204136_1298966247_n.jpg
↑この景色、なんか南国チックでしょ。お気に入りの撮影ポイントです。


10153123_4073151644147_1703532798_n.jpg

↑佐布里池は梅林で有名ですが、さすがに終わっていて、今は桜が見頃です↓。

1972244_4073151764150_293557291_n.jpg


写真 5


1012153_4073151404141_231220642_n.jpg


10154562_4073151524144_937206549_n.jpg


 春ですねぇ。


 今日もご訪問ありがとうございました。

 お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。

















テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

手抜きでも美味しい!簡単ケーキと、そしてベランダの春。

 3月30日(日)につくったデザートのメモ。


10153698_4070510378117_1191394289_n.jpg


 ケーキミックスを使って簡単につくりました。

1. 台生地をつくる。
 チョコレートクッキー、グラハムクッキー、板チョコレート、チョコレート菓子など、家にある台生地になりそうなものをフードプロセッサーに放り込んで砕き、溶かしバターを加えて混ぜ、型の底に敷く。

2. ケーキ生地をつくる。
 ケーキミックスの箱に書いてある1/3の量(ケーキミックス170g、水90ml、植物油25ml、卵1個)に、アーモンドパウダー、ブランデー、バニラエッセンスを入れて、電動泡立て器で混ぜる。
 生地の滑らかさを見て、アーモンドパウダーや水で調整する。
 在庫があるドライフルーツ(アプリコット、クランベリー)とナッツ(くるみ、カシューナッツ、アーモンド)をフードプロセッサーで細かくしたものと、混ぜ合わせる。


3. 2を1の台生地の上に入れて、160度で30分くらい焼く。


cake.jpg

↑焼き上がりはこちら。しょぼ〜い!
(型が大き過ぎたね〜。もうちょっと可愛いケーキ型、買えばいいのにね。)
 でも!


4. カットして、チーズクリーム(マスカルポーネチーズ、ヨーグルト、砂糖を混ぜたもの)をかけ、ミントを飾れば。


↓ちゃんと、それなりに。

1533817_4070510738126_274770676_n.jpg

 ものすごくいいかげんにつくった割には、美味しかった〜!(自画自賛)

 でもこれ、名前が付けられない。何だろう? 一応、フルーツケーキかな。ま、何でもいいですね。


 ミントは、春になってすごい勢いで出てきたベランダから↓。

1965029_4070528378567_539303319_n.jpg

 ちょっと前まで、何にもなかったプランターが、あっという間にミントだらけです。
 根が回り過ぎて、お花がかわいそうだから、なんとかしないとね。


1148931_4070528218563_1088387237_n.jpg

↑この1週間の暖かさと、日曜日の雨で、すっかり春らしくなった我が家のベランダ。

 冬の間の寒々しさが嘘のように、新しく植えた花も、放っておいた去年までの花たちも、一斉に芽吹きつぼみを膨らませています。植物も、一生懸命生きてるのね〜。
 毎年のことながら、感動します。


 今日もご訪問ありがとうございました。


 気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。


















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR