ラズベリーとチーズクリームのデザート

 デミキチ春メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。


 ラズベリーとチーズクリームのデザート↓。


10352412_4244298842720_1012010374106885777_n.jpg



デザートのコピー


 このデザートは、我が家の定番。もともとはジェイミー先生のレシピのアレンジですが、試行錯誤しつつ、私的に最も簡単なレシピを編み出し?、demi スタイルとして固まりました。


1のクッキー生地は、グラハムクラッカーだったり、チョコレートクッキーだったり、家にあるお菓子を何でも使います。
 混ぜ込むドライフルーツやナッツやチョコレートなども、お好みのものを。
 フードプロセッサーを洗うのが面倒くさい気分のときは、ジプロックに入れて麺棒で叩きます。


2のチーズクリーム、マスカルポーネチーズ+ヨーグルト+砂糖は、私のデザートの基本です。
 これはほんと最強に便利で、生クリームの代わりに焼き菓子に添えたり、チーズケーキのフィリングに利用したり、今回みたいに冷たいデザートとしてそのまま使ったり、どうやって食べても美味しい!

 しかも、計る必要もなし。マスカルポーネにヨーグルトを少しずつ足して適度な滑らかさに、そして自分が食べて美味しいと思う甘さまで砂糖を入れて。
 バニラエッセンス、お好みのリキュール、お酒が苦手な方は MONIN の各種シロップなど、これまたいろいろアレンジできます。
 なんてったって、生クリームを泡立てるのが面倒くさい私にピッタリなのです。

 もちろん、生クリームを泡立てて使ってもOKですよ。生クリームとチーズクリーム両方使えば、更にゴージャスになります。


3のジャム、4のフルーツも、お好きなものを。
 いちご、ブラックベリー、桃、何でも美味しいと思います。

 今回の「ラズベリーとレモンカード」は私のお気に入りな組合わせです。レモンチェロも使いました。
ブラックベリーとカシスジャム」も大人っぽい色合いで好きです。最後にオレンジの皮を削ると、うっとりする色合いになります。イメージはこんな感じ↓。(今年のお正月につくったトライフル
  カシスリキュールでチーズクリームをマーブルにしてもおもしろいかも。(やったことはないけど。)

1526420_3812364084621_361238963_n.jpg




 5のチョコレートは、板チョコをナイフかピーラーで削って飾ります。それだけで、格段にお洒落度アップです。

 それぞれの素材を好きなように盛りつけます。


 デミキチ番外編のとき↓は、バニラアイスクリームも入れて、パフェ風にしました。チョコレートを削るには(すぐ溶けちゃいそうな)暑い日だったので、インスタントのエスプレッソ粉を飾るだけにしました。

10456267_4332000755213_5051984316684245173_n.jpg



 盛りつけるグラスや器を変えるだけでも、イメージが変わって楽しいですよ。

 簡単おしゃれデザート、ぜひどうぞ。



 予約投稿なる機能を使っております。今頃は、旅先で何してるのかな>私。


 ってことで、今日もご訪問ありがとうございました。



















スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

コンソメとポタージュ2種類のジュレ、カクテルグラスに盛りつけて。

 デミキチ春メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。


↓コンソメとポタージュ2種類のジュレ。

10409472_4331998395154_2105335202862063033_n.jpg


 これは、私が前もってつくっておいたものなんで、イラストはありません。盛りつけは、皆さんにやってもらいました。楽しい作業ですからね。


1. 2種類のジュレをつくる。

  今回は、友人からお土産にもらったチコリ村のチコリスープ...と、クノールのホウレン草ポタージュを使いました。





 チコリのスープ300ml に板ゼラチン3枚。ホウレン草のポタージュは150ml に板ゼラチン1枚。(ゼラチンの量は、お好みで調節してください。)
 これは前日にタッパーに入れて冷やしておきます。



2. 当日、冷凍そらまめ、冷凍エビを茹でて、1のコンソメジュレをフォークでひっかきほぐした中に入れて、盛りつけるまで一緒に冷やしておきます。


3. カクテルグラスの底にポタージュジュレをフォークでひっかきほぐして入れ、その上にコンソメジュレとそらまめとエビを盛りつけ、最後にタイムの花付き枝を飾りました。



 インスタントを利用してるので、つくりかたは、至って簡単です。

 家にあるいろんなスープで試してみるのも楽しいと思いますよ。


 量はほんの少し、もうちょっと食べたいなぁというくらいにするのがポイントです。具材もシンプルにするのがいいと思われます。
 一人ずつ盛りつけると、お客様は残しちゃいけないと思って無理して全部食べますからね。

 かといって、大きなグラスに盛りつけて皆で取り分けようとすると、色気がありません↓。 

1618543_3992840836427_542790241_n.jpg

これをテーブルに出したときは、親方「何じゃ、こりゃ?!」と叫んでました。このグラス、直径10センチあるんです。
 このときは、ジュレの底に緑の野菜とチーズでつくったクリームペースト入れたり、マスタードマヨネーズをトッピングしたりしてます。でもスープの味がしっかりしてれば、そんなの必要ありません。



<追記>

 デミキチで余った料理は、翌日、親方が食べるのですが、親方はこのジュレが大好物。
 しかも、メカジキのレモン蒸しに、このジュレをかけて食べるのがお気に入りでした。確かに、そうすると、(どこの料理かわからないけど)とってもお洒落で、しかも美味しかったです。


10390400_4263529243468_4929833809446479138_n.jpg

 メカジキとジュレのコラボ写真は撮ってないけど、想像してみて! 美味しそうでしょ。
 チャンスがあったら、お試しあれ。




 今日もご訪問ありがとうございました。


 さて、これから結婚15周年小旅行に行ってまいります!

 皆様も、良い休日を!














テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

メカジキのレモン蒸し。

 デミキチ春メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。


 メカジキのレモン蒸し↓。



10390400_4263529243468_4929833809446479138_n.jpg



メカジキのコピー


 これは、マーサスチュアートショーで、EATALYのイタリア人のおばちゃんがつくっていたレシピです。私は、これに更に彩りよくするため、みじん切りにした2色のパプリカをのせて、蒸しました。


 なぜ、このレシピを採用したかというと、デミキチのときは、大勢でキッチンに入って作業するから、コンロとオーブンを使う時間を上手に配分しないといけないから。
 それと、メカジキ6切れを一度に焼けるほど大きなフライパンがなかったから。

 それがなければ、フライパンで調理した方が、火の通りもわかりやすいし、オリーブオイルの量も少なくて済むし、オーブンを使う意味はあんまりない。というのが、3回つくってみて、私の正直な意見です。


 フライパンなら気軽にできそうでしょ。ちょっと焦げ目も付けられるし、食感も楽しめると思います。


 彩りもきれいだし、シンプルに美味しいのは間違いありません。ぜひ、お試しあれ。




 今日もご訪問ありがとうございました。


 







テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

生クリームでつくる簡単!春野菜のグラタン

 デミキチ春メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。


 春野菜のグラタン↓。


10462925_4331999035170_4088371290519753367_n.jpg



グラタンのコピー


 今回は、ブロッコリー以外は、ニンニク、ジャガイモ、タマネギ、赤タマネギ、全部自家菜園で穫れた野菜を使いました。

 ブロッコリーとジャガイモは先に茹でておきます。

 ニンニクの香りをつけたオリーブオイルで野菜を全部炒め、塩胡椒でしっかり味付け、今回はローズマリーとオレガノで風味をつけました。

 生クリームを回しかけて、少し煮立たせ、とろみがついたら、耐熱皿に移して、チーズとオリーブオイルをかけて、オーブンで表面にこんがり焦げ目をつけて、できあがり。

 テーブルに出す前に、彩りのイタリアンパセリとオリーブオイルをかけて。



 毎回、「え、ホワイトソースつくらなくていいの?」と驚かれましたが、私はいつも生クリームだけです。生クリームがなければ牛乳でも大丈夫です(とろみがつくまで、ちょっと長めに火にかけます。ただし、低脂肪牛乳じゃダメですよ)。

 ホワイトソースを使うのがグラタンの正統レシピなんでしょうが、私は面倒くさいんです(きっぱり)。かといって何が入ってるかわからない市販のホワイトソースを使うくらいなら、生クリームだけの方が美味しいと思います。(生クリームは、ちゃんと混ざりけのない動物性クリームを使ってくださいね。)

 下茹での時間をのぞけば、タマネギを炒め始めてできあがるまで30分かかりません。


 簡単で美味しい!春野菜のクリームグラタンも皆さんに好評でした。



















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

我が家のベランダ菜園にて、ミニトマト初収穫!そして、ベジタリアンについて思うこと。

2014年6月25日(水)


 我が家のベランダで、ミニトマト収穫できました。黄色いのと赤いの。


写真 3


写真


写真 2


写真


 ちょっと皮は厚くて固いけど、甘みはちゃんとあります。嬉しいな。





<おまけ>

↓こちらは、母の畑からもらったズッキーニ。ちょっと放っておくと、オバケみたいに大きくなってしまうようです。


IMG_4172.jpeg

 たくさん穫れるから、ズッキーニレシピのレパートリー、増やさなくては!



<追記>

 自家菜園の野菜を食べるようになって思うこと。


 一生懸命育ててる野菜に悪い虫がつくと、「私の大事なトマトに、アンタちょっと何してんのよ?!」と、今では躊躇なく虫をやっつける私。しかし考えてみたら、これも殺生に違いありません。

 人間てのは、野菜を食べるためにも、殺生しなければならない罪深い生き物でありますことよ。

 そもそも、野菜だって生きてるんです。ほんと、花も野菜も手をかければかけるほど、愛情に応えてくれるんです。だから、いい音楽を聞かせた野菜やフルーツや牛の肉が美味しくなるってのも、私は信じます。

 そう思うと、野菜や果物を枝から捥ぐことだって、広い意味じゃ殺生ですよ。

 だけど、じゃあトマトを収穫するとき食べるとき、トマトが可哀想と思うかと言われたら思いません。むしろ美味しく食べてもらってトマトも幸せだと思います。

 それは、美味しい鶏やブタや牛も同じだと思います。

 以前テレビで、大きな博覧会で優勝牛を産出したこともある松阪牛の生産農家のおじさんを取材していて、おじさんはそれはそれは牛を大事に可愛がって育てていて、いざ市場に出すときには花嫁衣装のようなお召し物で着飾らせるのです。
 そのとき、レポーターが「こんなに可愛がって育てた牛を市場に出すのは、切なくないですか?悲しくなることありませんか?」みたいなことを聞いたら、おじさんは「いや。。。。ないね。」と、即答していました。
 ですよねぇ。と、私は思いました。
 あえて極端に言えば、トマト農家のトマトと同じですよ。
 農家の方は「食べてもらうために育てる」プロフェッショナルですから。


 野菜を大事に愛おしく思えば思うほど、(アレルギー体質や宗教上の理由なら理解できますが)ただ動物が可哀想という理由だけで肉を食べない、でも野菜は食べるという人には、野菜にも命はございます!と言いたいのであります。



※私は、ベジタリアンを非難してる訳じゃありませんよ。野菜だけ食べてた方が身体の調子がいいなら、そうすればいいと思います。
 私だって、どちらかといえば、肉中心の食生活は不自然だと思います。
 ただ動物が可哀想だというだけの理由では納得できない。というだけです。何に関してもそうですけど、安易に「かわいそう」という言葉を使う人って、上から目線だと思いませんか? その視線、物を見る立ち位置が、既に間違っているような気がしてならないのです。



 今日もご訪問ありがとうございました。













テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

帆立のカルパッチョ。きちんと並べちゃいけません。

 デミキチ春メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。


 帆立のカルパッチョ↓。


10271644_4244297042675_5793908715833834442_n.jpg


20140622153704bf9のコピー



 カルパッチョは我が家のおつまみの定番。

 タコ、鯛、カツオのたたき、魚だけでなく、牛肉のたたき、馬刺などにも応用できます。

 ただし、脂ののったものは合いません(はまちとかサーモンとか、霜降り肉とか。肉なら絶対に赤身です。)

 味付けは、塩胡椒、レモン、パセリ、チーズ、オリーブオイル。とってもシンプルです。

 盛りつけは、あんまり几帳面に並べないのがポイント。あんまり几帳面に切ったり並べたりすると、和食(お刺身)っぽくなってしまう気がします(きれいに切ったり並べたりできない人の勝手な思い込みかもしれませんが)。


 簡単で華やかで美味しい。便利な一品です。


 







テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

宇宙人(ホタルイカ)のガーリックソテー、バルサミコソース。

 デミキチ春メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。


 宇宙人(ホタルイカ)のガーリックソテー、バルサミコソース↓。

10313389_4244295402634_7510048001056177832_n.jpg


201406221532470bcのコピー




 ニンニクで軽く炒め、塩、胡椒、バルサミコ酢で味付け。

 すごくシンプルなんだけど、ホタルイカをこんな風に食べたことがない〜!と皆様に大好評でした。



 もうホタルイカの旬は終わりですけど、他にベビー帆立、小さなひいか、あるいは野菜炒めなど、「塩胡椒バルサミコ」の味付けは、何にでも応用できますよ。








テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

日曜日のごちそう;ズッキーニのリボンサラダをつくってみたけど。。。

2014年6月22日(日)


 空はどんより。はっきりしない天気の日曜日。それでもやっぱり、ベランダごはん、いただきました。



10487219_4352206460343_6256854024708780002_n.jpg

↑二人だけだったので、品数控えめに、ワインのおつまみつくりました。


↓ズッキーニのリボンサラダ。
 ジェイミー先生のレシピ。母の畑からズッキーニたくさんもらったので、つくってみたのですが。


10509592_4352206540345_197446618142058364_n.jpg

↑お皿に、ミント、唐辛子、塩胡椒、レモンの皮と果汁、オリーブオイルを入れてドレッシングをつくり。


10441486_4352208140385_1292587019577629312_n.jpg

↑ピーラーで剥いた3色のズッキーニをのせて、食べる時にドレッシングと混ぜていただきました。(混ぜたところの写真は撮り忘れました。)
 
 でもね〜、ズッキーニがリボンみたいに薄く剥けないのよね〜。親方も「すごく美味しいものじゃないね。」だって。。。
 だけど、他のおつまみと一緒に付け合わせとして食べるには、夏の香りがして、ま、いいか。って感じでした。


10436012_4352209580421_368881505925701733_n.jpg

↑グリーンサラダ。
 ロメインレタスに、バターソテーしたマッシュルームとさやいんげん。



10389130_4352208100384_7216586045806936424_n.jpg

↑ホワイトアスパラガスのバターソテー。
 ゆでたまご、ピクルス、パセリ、マスタード、マヨネーズ、のタルタルソースで。


10483244_4352206340340_1825853355747134062_n.jpg


10431705_4352208220387_5052202249204984549_n.jpg

↑カセットコンロを出して、ちょっとバーベキュー気分で牛肉焼いてみました。




10305417_4352221500719_7800893147553876790_n.jpg



10500429_4352210340440_930459029446038564_n.jpg

↑我々の食事が終わった頃に、嬉しいお客様が遊びに来てくれました。
 親方のぷちギターライブ?で、夜風に吹かれて皆で食後酒を楽しみました。


10262034_4352210260438_8336406769357223548_n.jpg

↑本日の美女と。二人で記念撮影。



 小さな宴、深夜まで盛り上がりました。楽しい日曜日に感謝。


 皆様につきましては、いつもご訪問ありがとうございます。






テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

掃除についてのメモ、追記。

2014年6月22日(日)


 最近、掃除についてまた気付いたことがありますので、以前書いた「掃除についてのメモ」に、やはり自戒を込めて付け加えたいと思います。

 前回と同じように、優等生主婦の皆様はどうぞ鼻で笑ってスルーしてください。日本ダメ主婦連盟のお仲間だけ、どーぞ。



 デミキチのとき、いつもオリーブちゃんは早くから来て、一緒に食材の下ごしらえをするのと同時に、掃除も手伝ってくれます。


IMG_1586.jpg


 我が家は、どこもかしこも必然的に「見せる収納」だから大変なのです。(「隠す収納」という言葉は我が家の辞書にはありません。)


IMG_9247.jpg


 そのときですね、オリーブちゃんが掃除するのを見ていると、「あ、そこはそうやって拭くのね。」とか、「そんなところも綺麗にするんだ〜。」とか、いつも私がやらないことをしていて、勉強になるのです。

 私が掃除すると、いつも同じことしかしないから、他のところは綺麗にならない訳ですよ(ダメ主婦はすべきことを知らない原理)。


 で、「いつも同じ人が掃除するより複数の人がする方がきれいになる」という当たり前のことに気付いたのです。それぞれ気になるところが違えば、それだけ多くの場所がきれいになるのは当然です。
 しかし、普通は他の人が家に来て掃除してくれるなんてそんなこと、(プロに頼むのでない限り)まずあり得ませんよね。

 ただ、チャンスがあれば、「人が掃除するのをよ〜く見る」というのは大事なことだいうのが、今回の気づきであります。

 お洒落なインテリアショップの店員さんがディスプレイ棚をどうやって拭いているのか、ホテルのトイレに入ったとき掃除中ならプロがどういう道具を使ってどう掃除しているか、ピカピカのお家に招かれたらそこの主がどんな風に動いて何をしているか。

 できる主婦は、身体に沁み込んだ癖でもって、いろんなついでに無駄無く何気なく美しく保つ術を知っています。彼女達は意識していないし当たり前なことなので、聞いても教えてくれることはありません。なぜなら彼女達は、私たちダメ主婦がそんなことも知らないなんて思いもよらないし信じられないからです。


 例えば、我が家に来た友人で、使った調味料を棚に戻すとき、必ずさっとフタを拭いている人がいました。それを見て、私は、なぜ我が家の調味料入れのフタが、気付くとホコリと油がこびりついてしまっているのか、わかりました。でも、それを彼女に言っても「え?なんのこと?!」とトボケられるに決まっています。それは彼女が、私になんて教えてあげないワと意地悪してる訳じゃなくて(たぶん)、彼女にとっては無意識の癖だからです。



10264543_4153485332439_9192841477889509936_n.jpg



 だから、自分がしないことを彼女達がしたら、それを見逃さないことです。


 「太りにくい体質」があるように、「汚れにくい体質」というのも、歴然とあります。
 ある日突然痩せることが不自然で不可能なように、我々ダメ主婦が昨日まで汚かった部屋がある日突然美しくなる夢を見ても、それは不可能なのです。
 美しい身体も美しい部屋も、地道な体質改善こそが重要課題でございますわヨ>奥さん。


 太りにくい体質と同じで、汚れにくい体質もまた、生まれもっての環境というか、母親の素性でずいぶん優位性が違います。
 お母様がいつも家をピカピカにしているところの娘は、独身時代まったく家の手伝いなどしていなかったとしても、結婚して自分の家を持つとほとんどの場合、やはり実家のようにピカピカにできます。なぜなら、彼女にとって家はピカピカで当たり前だから。そして、無意識にお母様が何をしているか見てきたからです。

 私のようなダメ主婦が時間をかけてようやく気付くことを、彼女達はず〜っと前から知っているのです。

 ずるい!
 そう。ずるいんです。不公平なんです、世の中というものは。でも、そんなことに文句を言っても、お家がきれいになる訳じゃありませんわよ>奥さん。


※男性諸氏にも、ここに教訓があります。
 もちろん何事も例外はありますから100%断言はいたしませんが、恋人の実家を見れば、それが将来の貴方の家です。実家が整然と美しく保たれていれば貴方の将来の家もそうなることでしょう。実家が雑然としていたら貴方の将来の家もそうなることを覚悟いたしましょう。もちろん、実家が雑然としていても、将来の家をきれいにしてもらうことは不可能ではありません。でもそのためには、お互いにかなり努力が必要なことも覚悟いたしましょう。




 昔、私が一人暮らしをしているとき、職場の後輩たちを呼んで食事会をしたことがあります。そのとき、後片付けで洗い物をしてくれた子は、フライパンや鍋の内側だけ洗って、外側の側面や底を洗うことを知りませんでした。
 「○○ちゃん、ここも洗わなきゃ。」と偉そうに言った私が優越感に浸ったことは、皆様にも想像に難くないことでしょう。

 しかし思えば、そんなことで優越感に浸っている場合ではなかったのです。

 彼女だって、私が知らないことの一つや二つ、知っていたに違いないのです。もしかしたら、私が掃除したつもりでいた部屋の、隠れた汚れに気付いて嘲笑っていたかもしれません。ダメ主婦はダメ主婦同士、自分の知っていることを惜しみなく教え合わなければいけないのです。

 ダメ主婦が何を知るべきか知っているのは、元ダメ主婦だけだからです


 ピカピカのお家で育った「できる主婦」が最初から知っていることを我々ダメ主婦が知るためには、気付くためにかなりの努力が必要なのです。

 時間はかかっても、やるべきことを知ること気付くこと。そのために人がやることをよ〜く見て、一つひとつ体得していくこと。それこそが、憧れの「汚れにくい体質」への地道にして唯一の方法だと思うに至ったのであります。


 そういう訳で、掃除についてのメモ;追記でした。


IMG_7649.jpg


 今日もご訪問ありがとうございます。













冷やし中華、始めました。

2014年6月19日(木)


 木曜日の昼、親方が珍しく「冷やし中華が食べたい。」と言うので、今年初めての冷やし中華つくりました。

 名古屋人はやっぱり、寿がきやの冷やし中華です。

 トッピングは、冷蔵庫にある具になりそうなものを総動員しました。


R0027007.jpg


 こういう料理になると、盛りつけが大雑把な性格まるだしですね〜。どっか〜ん!って感じ。
 お洒落に盛りつけようという意思が微塵も感じられません。。。とほほ。


R0027008.jpg



 ところで、5月くらいから見かける「冷やし中華、始めました。」っていう店先の張り紙、それを見ると、夏がきたなぁと思う、今では日本の夏の風物詩ともいえますよね。

 それが、こないだ床屋さんの入り口に「冷やしシャンプー始めました。」っていう張り紙を見ました。

 なんだか、気になります。


 そんな今日この頃。


 いつもご訪問ありがとうございます。
















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

ケーキミックスを使って、簡単チーズケーキつくりました。

2014年6月20日(金)


 マスカルポーネチーズとリコッタチーズが余っていて、もうそろそろ使ってしまわないといけないので、またまたチーズケーキをつくりました。


IMG_1659.jpg



<つくりかた>

1. クッキー生地をつくる。
  チョコレートクッキー、チョコチップ、ナッツ、溶かしバターをフードプロッセッサーで混ぜる。

2. 耐熱パイ皿にオリーブオイルを塗り、1の生地を入れ、スプーンなどで押さえ込んでおく。

3. ケーキミックスの箱に書いてある分量の1/3と、ドライクランベリーを、フードプロセッサーに入れて混ぜる。1で使ったプロセッサーを洗わずにそのまま使います。(もちろん洗ってもいいんだけど。)

 我が家にいつも常備してあるケーキミックス↓。カルディで買います。チョコレートバージョンもあります。
 ケーキミックスそのまんまでは、芸がないし、実際あんまり美味しくないけど、上手に使うと大変便利です。

写真 4

  

4. マスカルポーネチーズとリコッタチーズを常温にして柔らかくなるまで混ぜる。砂糖を加え、味見して「おいしい」と思う甘さにする。

5. 3と4を混ぜる。

6. 2の上に5の生地を流し込む。

7. 180℃のオーブンで30分くらい焼く。


 冷蔵庫で一晩冷やしていただきました。





<メモ>

 こうやって手順を文字にすると手間がかかるように見えますが、実際にやってみると、時間もかからず簡単ですよ。


 ケーキミックスの生地(ミックス粉と卵と植物油(オリーブオイルは風味が強過ぎるから私はグレープシードオイルを使います)と水)さえちゃんと計れば、何を混ぜてもケーキらしくできあがるのがいいところ。
 チーズの量が少なければ普通のケーキに近く、チーズの量が多ければチーズケーキに近く、それなりにできあがります。(すごい、いい加減^^;)

 今回は結構な量のチーズ(たぶん200グラムくらい)を使ったので、ケーキミックスが入っているとは思えないような、立派なチーズケーキになりました。

 チーズは、マスカルポーネだけでも、クリームチーズでも、何でもいいと思われます。私は何でも中途半端に余って賞味期限を迎えそうなチーズは、この方法でケーキにして、いただきます。

 底生地に使うクッキーを、オレオにしたり、グラハムクラッカーにしたり、ココナッツサブレにしたり。
 チョコチップや、ドライフルーツや、シナモンシュガーや、ナッツ類(アーモンド、くるみ、ピスタチオ等)を加えたり。
 チーズフィリングにも、同じように、いろんなものを混ぜると、毎回ちがうバージョンで楽しめます。

 チーズケーキをつくるのが面倒くさいと思っている貴方、ぜひお試しあれ。



IMG_1658.jpg





 今日もご訪問ありがとうございました。


















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

デミキチ番外編後半戦:ベランダで日が落ちるのを眺めつつ。

2014年6月16日(月)


つづき


 さて、お料理全部できあがったところで。

 この日も梅雨のなかやすみ、お天気に恵まれて、ベランダごはんとあいなりました。


 まずは、皆で再び 乾杯〜!の、記念撮影。

10440959_4331999835190_1869257344300763117_n.jpg


10418357_4331999875191_3848200008666720460_n.jpg



 食べ始めたときはまだ明るかったけど、だんだん日が落ちて街が暗くなっていくのを眺めながら、女子トーク炸裂にて時間は過ぎていきました。




10369221_4332002475256_574221304393514513_n-1.jpg




 お腹がいっぱいになったところで、いったん片付けて、デザートの準備。


10370973_4332001155223_8982347752493082927_n.jpg

↑春メニューでおなじみ、ラズベリーのチーズクリームデザート。
 今までは、前もってつくって冷蔵庫に冷やしておいたんだけど、今回は時間の都合で、クッキー生地やチーズクリームだけつくっておき、この日は暑かったのでアイスクリームも加えて、お好みのジャムも選んでもらって、その場で好きなように組み合わせながら、各自オリジナルパフェをつくってもらいました。
 

10456267_4332000755213_5051984316684245173_n.jpg


10389479_4332001555233_1876358006003203081_n.jpg


 そして再びベランダへ。

10414924_4332001835240_4672615212141490318_n.jpg


 最後に、手描きのイラスト入りレシピを渡して、Q&Aコーナー?。


10426688_4332003035270_1256859925852211595_n.jpg


1510733_4332002795264_4393280549867581580_n.jpg


 あっという間に10時になってしまいました。

 本当に、楽しかった〜!

 毎回、いろんな方に会えて、いろんなおしゃべりして、よく飲んで、よく食べて、よく笑って。。。

 皆が喜んでくれると、私も最高にしあわせ!

 皆のおかげで、毎回、私にも気づきがあります。感謝です。ありがとう〜!

 デミーズキッチンやってよかったなぁ。と、つくづく思いました。とさ。



10380266_4332002755263_6972377525102244941_n.jpg


<追記>
 この日の参加メンバーは、全員子育て真っ最中のママたち。
 旦那様に早く帰ってきてもらったり、こども達を預かってもらったり、ご家族の協力あっての参加でした。優しい旦那様たちに私からも感謝。ありがとうございました。


 そしてこのブログを読んでくださっている皆様にも感謝。今日もご訪問ありがとうございました。



<おまけ>

毎回、参加者の皆様に好評な『ガーリックツイスター』(商品名です)。
私は『グローブマート』で買いました。今も在庫があるかは不明。
ネットでならすぐ届くみたい。値段はだいたい同じです。送料込みのショップがあれば、そこが一番安いかも。
楽天とアマゾン、両方のリンク貼っておきますね↓。




















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

デミーズキッチン番外編:キラキラ眩しい夜でした。

2014年6月16日(月)


 ランチでしこたまワインを飲んでしまい、頭のなかフワフワ。つか、ヘロヘロ。あんまり役に立たないわたくし、オリーブちゃんに助けられながら、デミキチの準備をしておりました。
 ほんと、オリーブ様さまであります。

 そうこうしているうち、5時45分。ピンポ〜ン。と、今日の参加メンバー4人が玄関に入ってきたのを出迎えると。

 そこには、美人姉妹が2組。
 我が家の玄関が、急にキラキラ眩しくて。。。
 私の頭の中の星とあいまって、空中にピンクの♥️やお星様が見えましたよ。その途端、パッキーン!と、私のモヤモヤ頭にもスイッチ入りました。

 いやいや、世の中のおじさん達の気持ちがわかります。美しいものにはパワーがありますね。


 まずは、ベランダで乾杯〜!

10471113_4331995475081_9124620642600684842_n.jpg

↑美人姉妹をダブルで迎えてのデミーズキッチン番外編。
 (私が写ってしまって、すいませんねぇ。)
 撮影は、今日もカメラ部のオリーブちゃんが担当。腕が上がってきたと親方からも評判上々です。


 この日は、親方ジュニアのワイフ(世間で言うところの義理の娘になるの?! ならないの?!よくわかりませんが、私にとっては可愛いお友達)マキちゃんからの、「私とお友達で4人揃うから、デミーズキッチンお願いします〜!」という嬉しいリクエストで、レギュラー日程とは別に開催した番外編でございます。
 ちなみに、マキちゃんは上の写真の一番左です。



 10482417_4331996315102_2426471945694013939_n.jpg

↑のんびり、ベランダ菜園の見学しつつ。


10489698_4331995275076_6879441827670907779_n.jpg

↑男子禁制だけど、ボッチャンだけは特別です。



10481599_4331994675061_7901020647574693165_n.jpg

↑ワイングラスには、誰のかわかるように、脚にアクセサリーをはめてあります。


10371706_4331996515107_2509837426255900330_n.jpg




 さて、皆でいざキッチンへ。

10447062_4331994715062_2412207831418405699_n.jpg



 メニューは、今まで2回やった春メニューを踏襲しつつ。夏のイメージもちょっと加えました。
 以下、ご紹介。


10308091_4331997275126_3161829808060008186_n.jpg

↑カツオのたたきのカルパッチョ。
 帆立の代わりに、今回はカツオのたたき。サバ缶でパテもつくりました。


10360442_4331997995144_2381519739280605182_n.jpg

↑パンにパテ塗ってカツオのせて、つまみながら、飲みながら、お喋りしながら〜。
 どんどん、つくっていきます↓。


10478526_4331998635160_2556004330654843601_n.jpg


10389708_4331997875141_7361613103377201323_n.jpg


10382641_4331998995169_6717618962022836746_n.jpg

「わぁ〜、かわいい〜!」
「なに、なに? 今、何したの、どうやったの?」
「美味しい〜!」
「このガーリッククラッシャー、すご〜い!」
「今のこのポーズ、写真撮って!」
「見せて、見せて〜。やだ、だめ、もう一回撮って!」

と、まぁ本当に、可愛らしくて、賑やかなことこの上ないのですよ>奥さん!
私も自分の年令を忘れて、気持ちが浮き立つってものでございます。


10492388_4331997635135_8085507821752395567_n.jpg

↑本日のカプレーゼ。華やか仕様に仕上げました。


10314462_4331997235125_1194316453006262027_n.jpg

↑本日のサラダ。
 ロメインレタスとマッシュルーム、パルメザンチーズを削って。


10409472_4331998395154_2105335202862063033_n.jpg

↑ジュレのオードブル。
 ホウレン草のポタージュとコンソメの2段ジュレ。毎回、大好評です。


10487320_4331998235150_1436268328589373480_n.jpg

↑ベビーホタテのガーリックソテー、バルサミコソース。
 宇宙人(ホタルイカ)の季節が終わったので、代わりにベビーホタテを使用。宇宙人にも旬があるとはねぇ。


10462925_4331999035170_4088371290519753367_n.jpg

↑春野菜のグラタン。
 ジャガイモも、タマネギも、赤タマネギも、ニンニクも全部、母の自家菜園から。


10446700_4332000595209_1734593659660062382_n.jpg

↑夏野菜のオーブン焼き。
 パプリカ、トマト、マッシュルーム、ズッキーニ(実は入れ忘れた)を、ベランダのバジルでつくったソースにまぶして、オーブン焼きにしました。


10444656_4331999395179_6360181928381190132_n.jpg

↑緑のパスタ。
 今日はブロッコリーメイン。野菜のうまみが濃くしっかりして美味でした。



1908350_4332000955218_7308258399202185250_n.jpg

↑メカジキのレモン蒸し。
 今回は、特製タルタルソースもつくりましたよ。




 お料理全部できあがり〜!

 この日もお天気に恵まれて、テーブルを外に出し、ベランダごはんいただきました。

 長くなってしまったので、その様子とデザート等はページを改めて。<つづく


 今日もご訪問ありがとうございました。

















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

ベランダで簡単ランチ。のはずが、デミキチ前に撃沈?!

2014年6月16日(月)


 梅雨の中休みが続いて、本日もいいお天気。

 親方は、早起きしてベランダに道具を出して、ちめちめ仕事に精を出し。私は私で、夜のデミーズキッチンの準備。


10478581_4331823710787_2385923977500310428_n.jpg



10457950_4331824270801_578657521551584475_n.jpg

↑ベランダランチ。
 夜にデミキチを控えているので、ちゃちゃっとレトルトカレーでも食べようかな、と思い。
 カレーの付け合わせに目玉焼きとソーセージを焼き、ベランダのベビーリーフでサラダをつくり。
 そしたら、冷蔵庫に使いきれなかったチキンのムネ肉がちょっと残ってるから、それをパプリカパウダーふってソテーして、タマネギ炒めて、マルサラ酒と生クリームでソースをつくり。
 更に冷蔵庫の奥に、先週のラム肉ステーキの残りを発見。だいぶパサついてるので、それもマルサラソースで食べればオッケーじゃん。

 と、並べてみたら、ワイン飲まなきゃ!的テーブルになっちゃいました。

11857_m.jpg

 しかも、選んだS&Bの『ローストオニオンチーズカレー』。
 これが、シチューみたいで、ソースとしてもいけちゃう、この日の食卓にかなりマッチした美味しさでして。

 二人して飲んじゃいましたよ。だって、お天気良い日に、ベランダで、美味しいものを食べられる幸せは、何ものにも換えられませんからね。

 親方は夕方まで気絶してました。

 私はといえば、2時過ぎにオリーブちゃんが来てくれて、一緒にデミキチ準備したのですが、ほとんどオリーブちゃん任せだったことは言うまでもありません。とほほ。

 これで大丈夫かしらん?!と、心配になったデミキチでしたが、それがまた最高に楽しい夜になったのであります。<つづく>





<おまけ>

1981897_4331994635060_7803676393540388474_n.jpg

↑今日の親方のちめちめ仕事。
 デミキチで、フォークとナイフを置くスタンドが欲しい!って言ったら、コルクでつくってくれました。夜、さっそく使用しました。
 親方、いつもありがとうございまする。



 そして皆様には、いつもご訪問ありがとうございまする。















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

コストコ参り、いいお天気にて海岸の散策。そして13日の金曜日の月。

2014年6月13日(金)


 月曜日のデミーズキッチン仕入れのため、コストコへ。

 親方命名『コストコ海岸』にて、ボッチャン大はしゃぎの図↓。


写真 6


写真 4


写真 3


写真


写真 2


写真 5

↑本日の、ボッチャンを探せ!


写真 7

↑帰りは、疲れて、暑くて、舌出しっぱなしでした。


 梅雨の晴れ間、カラリと気持ちいい一日でした。



<おまけ>
 この日は13日の金曜日、そして満月でした。

10438220_4318770064454_5410687169910226566_n.jpg



























横浜ひとり旅〜女友達と犬にまつわる独り言。

2014年6月10日(火)〜11日(水)


 今から書くのは、まさに独り言。おヒマな方だけどうぞ。


 本当は、2月に行くはずだった横浜の友人宅。
 しかし予定していた日がよりによって記録的な大雪のため、泣く泣く断念。結局、そのときは友人に会えないままの横浜旅行となりました。(そのときの旅の記録はこちらにあるので、興味のある方はどうぞ。)


 そしてこのたび、ようやくお友達に会いに行ってまいりました。

 昨年末に彼女のお母様が亡くなって、その前の年にお父様が亡くなられているので、一人暮らしになった彼女にすぐに会いに行かなきゃ!、と思っていたのに、半年経ってしまいました。

 彼女に会うのは5年以上ぶり、だと思います。(二人とも、最後にいつ会ったのか、どうしても思い出せないのです。大人ってものですね。とほほ。)

 横浜観光は2月に十分済ませてあるので、今回は友人と会って話をすることだけが目的。


 新横浜のホームまで、友人と妹さんとタクが迎えに来てくれました。

 妹さんは、9年前に名古屋近郊の病院に長期入院していて、横浜のご家族はなかなか来れないから、そのあいだ私は病院に通って微力ながらお手伝いできることをさせていただきました。彼女とも9年ぶりです。元気そうで、嬉しかったです。
 タクちゃんは、11才、男の子のトイプードルです。

 皆で中華街へ。
 電車に乗っていく途中、タクちゃんはベビーカーに入ってるんだけど、すごくお利口で「キャン」の一声も発さないから、周りの人は犬がいるなんて気付かないままです。

 中華街でワンちゃんも入れるお店でランチを食べ、お茶して、そのあと関内の駅からレンタカーを借りることにしました。

 友人姉妹は運転しないので、私が運転。知らない街をレンタカーで運転するなんて、私にとっては大冒険でありました。

 二人とも郊外に住んでいるので、妹さんのお家まで送り、そのあと友人宅まで、1時間ちょっとのドライブ。



10438192_4331844991319_3826933033019404470_n.jpg

↑自宅の窓辺で寛ぐタクちゃん。
 丘陵地に建ち、全戸広いテラスのある素敵なマンションです。


写真

↑ソファで寛ぐタクちゃん。
 トイプードルの割には大きいんだけど、「大きい」って言うと機嫌が悪くなるらしいので「背が高いね〜」とか「タクちゃん脚が長いもんね」と言わなきゃいけません。



10491971_4331845151323_2562079706589737942_n.jpg

↑友人が住んでるマンションの中の通路。
 このベビーカーにタクちゃんが入ってるんですよ。今は彼女がどこに行くにも一緒です。
 

10436089_4331845031320_4948340782948634844_n.jpg

↑夕方は一緒に散歩。
 マンションから少し歩くと、こんなにのどかな景色。彼女のブログでいつも見ていた場所で、私もタクちゃんと一緒に記念撮影。



 さて、夜は友人の手料理で、ワイン飲みながら、ず〜っとおしゃべり。話は尽きません。何年も会ってなかったなんて嘘みたい。 
 女友達って不思議ですね。

 彼女と私は、知り合って25年以上。
 お互い「もう知らない!」なんて、今まで何度かぶつかったこともあるのですが、結局は離れられない感じ。何かあれば人ごととは思えなくて。年は彼女が7つ上だし、見た目の雰囲気はかなり違うんですけど、性格の深いところがどこか似てるからかもしれません。

 男どうしって、親方がいつも言うように、「一度ダメって言ったらダメ。」かもしれませんが、でも女ってのは、いつも喧嘩しては仲直りして、何度もそれを繰り返すものなんですよ。


 私たちは昔から毒舌極まりなく、もしもう一人心優しい誰かが横にいたら、「この人たち、こわい。。。」と引かれるようなことを平気で喋ってます、きっと。
 もちろん、二人とも、誰とでもそんな毒舌吐きまくってるわけじゃありませんよ。お互いが相手だと遠慮なく言いたいことを言えるんです。
 話題はといえば、私的なことはもちろん、政治や経済や歴史や、恋愛観だの道徳観だの日本人の特性だの、話題の本や映画の辛辣な批評だの、要するに、かなり面倒くさい小難しい話を際限なく語り合える相手なんです。普通「もう、いいよ。話題変えようよ。」なんて誰かに言われそうなことをね。

 一般的に想像されるような、女同士の会話とはかけ離れてますね。。。かけ離れてました。

 でも、今回会って、二人とも大人になって、まるくなって、会話も少しだけ優しく?なった気がしました。

 それは、年齢もあるけど、犬のおかげが大きいかも。
 お互い、初めて会った四半世紀前には、犬好きでも何でもなかったから、これまた不思議なものです。

 犬のおかげで、気も長くなるし、優しくなるし、癒されるし。本当に助けられてると思います。

 彼女も、タクちゃんがいるから安心です。彼女が元気にしてるのを、会って確かめられて、いろんな話ができてよかった。

 近いうちに、タクちゃんが元気なうちに、我が家のボッチャンに会わせたいね!と言って別れました。


 女友達、万歳! ワンチャン、万歳! な横浜ひとり旅でした。


<おまけ>

R0026987.jpg

↑横浜へ発つ朝、見送ってくれた?ボッチャン。




 今日もお付き合いくださり、ありがとうございました。





















6月9日(月)残り物でベランダごはん。

2014年6月9日(月)


 お久しぶりです、demi です。
 旅から帰ってきてずっと忙しくて、ブログ1週間も放置してしまいました。

 遡って、先週の月曜日の夜ごはんの記録。

10377987_4331823390779_1018946283086599089_n.jpg


10477890_4331823430780_7115430434504106463_n.jpg


 ほとんど日曜日の残り物でした。

 今年は、GWが終わるまでは、寒くて風が強くて、ベランダで食事できるチャンスがなかったけど、最近ようやく外で気持ちよく過ごせる日が増えてきました。

 真夏になると、また暑過ぎて外で食べるの無理だから、今のうちに楽しまなくてはね。



 ご訪問ありがとうございました。

 
 













6月8日(日)のごちそう;ベランダにて夜ごはん。

2014年6月8日(日)


 本日は火曜日ですが、日曜日のベランダごはん状況のアップです。


 10363526_4305970504473_6513350015124238973_n.jpg

 昼間は暑かったけど、夕方から気持ち良い風が吹き、涼しくなったので、ベランダで夜ごはんいただきました。


 メニューのご紹介。

 ↓サバ缶でつくったサバのパテ。

cava.jpg

10369173_4305988664927_3000090393553182004_n.jpg

↑無類のサバ缶好きの親方、可愛い缶詰を見つけたら、買わないはずがありません。

 しかし食べてみると、そのままではオリーブオイリー過ぎて、美味しくないとのこと。で、パテにしてみました。先回の反省を踏まえ、しかも生クリームもなかったので、今回は
 サバ缶、アンチョビ、ディル、乾燥オレガノ、塩胡椒、ディジョンマスタード、マヨネーズ、をフードプロセッサーにかけただけ。
 今回は大好評でした。

 自家製ガーリックトーストに、このサバパテを塗り、カツオをのせて食べると、止まらない!らしく、親方ほぼそれだけでお腹いっぱいになっておりました。
 
10426729_4305975664602_2345537679238873189_n.jpg



写真 13

↑そうそう、アーティチョークをレモンとローリエで茹でて、塩とオリーブオイルでいただきました。
 これが一番シンプルな食べ方だとペルーの友人に教えてもらったので。
 しかし、あんまり人気なかったです。なんでかなぁ?



↓あとは、冷蔵庫の野菜いろいろ、オーブン焼き。

10352756_4305973784555_5614064759646225719_n.jpg


10426764_4305974064562_4206250839556865323_n.jpg

↑オーブンに入れる前と入れた後。
 チェダーチーズをのせて、バジルソースとオリーブオイルをたっぷりかけて焼きました。焼く前のほうがきれいですね。



10352332_4305974304568_5623609931249705843_n.jpg

↑アサリの白ワイン蒸し。
 母が潮干狩りで穫ったアサリをプロッコリーと一緒に。
 バゲットをソースに浸けて食べるのが最高!


10354659_4305974184565_5830515689461269759_n.jpg

10449186_4305973744554_9195646009236338240_n.jpg

↑本日のメイン、ラムステーキ。
 グリルパンで焦げ目をつけ、オーブンへ。バルサミコソースで仕上げました。
 いい感じに焼けたと思ったんだけど、親方から「火を入れ過ぎたね。」とダメだし。しょぼん。
 でも、とっても美味しかったのですよ。


 デザートは、特製アイスクリーム。これは、ちょいと失敗。なので写真はありません。



 そんな感じの、梅雨の合間のベランダごはんでした。


10446694_4305975264592_1513209472680762179_n.jpg




 今日もご訪問ありがとうございました。



 今から、横浜の友人に会いに一人旅!、行ってまいりま〜す!
















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

我が家のベランダ菜園の状況〜。

2014年6月9日(月)


 暑いですね〜。
 我が家のベランダも、昼間は暑くてかないません。


984115_4305975424596_7882426042554162723_n.jpg


 さて、しぶとくお伝えしてきた、我が家のバジル。現在の状況です↓。

 種から植えた子たちも、こんなに大きく立派に育ちました〜!
 

10406786_4306054946584_6529994488636066513_n.jpg


10356017_4306055026586_2387127062435810497_n.jpg


 もうずいぶんと使いました。これからまだまだ、どんどん大きくなりますね〜。


 10380735_4306054986585_1538551214023008959_n.jpg

↑真ん中が苗から植えたバジル、 両側が種から植えたバジル。
 こうなると、ちょっと混み過ぎでしょうかねぇ。


10351907_4305994625076_8877553661120148691_n.jpg

↑なぜか今までなかったオレガノ。近所の花屋さんで安売りしてたので買ってみました。



10371983_4305994745079_4257297018633028005_n.jpg

↑実家の工場?から運んできたミニトマト。黄色いはずです。早く食べたいなぁ。


10384857_4305994505073_7817561981396312809_n.jpg

↑5月初旬、友人宅からいただいた木苺の苗。
 移植すぐは元気がなくて、葉も枯れてしまって、もうダメかと諦めかけていたのですが、先日の雨のあと、きれいな脇芽がグググっと伸びてきました。
 木いちご、食べられるかなぁ。



10446694_4305975264592_1513209472680762179_n.jpg



10325682_4305994865082_5301239161436819138_n.jpg


 ベランダのプランターも、ちょっと模様替えしました。

 これからの季節、植物たちには過酷な環境。きちんと面倒みてあげなくては。ね。




 今日もご訪問ありがとうございました。
















テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

久しぶりに畑へ;ズッキーニやアーティチョーク、どうやって生るか知ってますか?

2014年6月3日(火)


 火曜日、またまた実家に行ってきました。
 最近、毎週行ってましたが、いつも親方と一緒でとんぼ返りばかりだったので、今日はBOZZと二人?で、ゆっくり一泊してきました。


10288800_4241237606191_7200405661759336359_n.jpg

↑実家の庭は落ち着きます。



 そして、最近行ってなかった畑へようやく行けました。

写真 3

↑畑は、のどかです。


 今回、私がどうしても見たかったアーティチョーク↓。

写真 6

↑これは、今年植えたもの。


写真 4

↑そしてそして、これが去年植えたものだそうです↓。

写真 5

 こんなに背が高くなるんですね〜。でも、背を伸ばしていいものなのかどうか、母も迷っていました。
 私がネットで種を取り寄せて無理やり育ててもらったアーティチョーク、母にとってはよくわからないものなのです。私も知らないし。。。
 つぼみも開いてしまっている割には、小ぶりな気がします。
 どなたか、アドバイスがあったら、よろしくお願いいたします。


↓そして、新じゃが、初収穫〜!

写真 9


写真 10

 わんさかわんさか、たくさん穫れて、おもしろい〜! 
 今年はじゃがいも買わなくていいかも。


↓ズッキーニも、今年初収穫〜!

写真 12

 ズッキーニ、去年は穫れ過ぎて困ったから、今年は株を少なくしたようです。

943461_3138873927788_1397202685_n.jpg



写真 7

↑ディルも欲しい!って言ったら、畑でこんなことに。。。我が家のベランダのディルと同じものとは思えません。



写真 11

↑紫のししとう(ナスじゃありませんよ)。紫っていうだけで、可愛い!
 かじってみたけど、辛くない。料理の彩りに使えそうです。




 なんだかんだと、車のトランクいっぱい、野菜と花をもらってきました。ママ、いつもありがとう!感謝です。
 野菜にも感謝して、美味しく料理して、恩返しします。



 夜は、地元の親友に一年ぶり?に会って飲みました。10年ぶりくらいに、電車で太田川駅まで行ったのですが、駅周辺の変わりようにびっくり。実家のある巽が丘から太田川まで300円するのにもびっくりしました。

 これも、セントレア効果なのでしょうかねぇ。

 まだまだ工事してたので、再開発は途上のようです。きれいになっても、本当に生き生きしたお洒落な街になるかどうかは、「人」次第。いい街になっていくといいですね。

(ローカルねたですいません。)


 そんな感じの里帰り?でした。


 今日もお付き合いくださり、ありがとうございました。
















テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

デミーズキッチン『夏メニュー』開催のご案内

2014年6月4日(水)


 ありがとうございます。
 夏メニューも、おかげさまで全部で3回開催決定、満席にて募集終了いたしました。

 参加者の皆様には個別にメールを送りました。もし、まだメールを受け取っていない方は、お手数ですが、ご連絡ください。よろしくお願いいたします。
 次回のデミーズキッチン秋メニューは、9月開催の予定です。


 5月にお試しデミーズキッチン(略して「デミキチ」)を「春メニュー」で2回開催してみて(第1回 第2回)、皆様にも喜んでもらえたみたいだし、何より私自身が本当に楽しかった〜!
 あのあと、相棒のオリーブちゃんと反省会して、今後のことを相談し、これからは季節ごとにメニューを変えて、ほぼ隔月、週に一度のペースで開催していこうということになりました。


 システムは、ドリンク代に関してのみ変更させていただきました。ソフトドリンクはご用意しますが、ワインは自分で持ち込むか、別途¥1500いただくことにします。
 そのほうが飲む人と飲まない人との不公平感がないと思うので。
 それに「類は友を呼ぶ」とはよく言ったもので、デミキチ参加者は酒豪が多い(!)ことが判明したのですよ。これは私にとって大いに喜ばしいことではありますが、赤字では続けていけないので、何とぞご理解のほどお願い申し上げます。




 そんなわけで、今回はデミーズキッチン『夏メニュー』のご案内です。

 募集期間は5日間あります。今回は十分に人数枠をとりましたので、必ず最後まで読んで、必要事項を全部書いて、連絡してくださいね。


10366212_4263524083339_7110866856248962052_n.jpg


 初めての方は、まず「デミーズキッチンはお料理教室ではない」ってことをご理解くださいね。私は料理の先生じゃありません。ただの、ホームパーティ好きの海外料理番組フリークです。

 デミキチは、とにかく楽しく、皆で集まって、皆でつくって、皆で食べて、お互いに料理の研鑽に励む、和気あいあいとしいた会員制キッチンクラブになればと思っています。
 私が考える、日常としての気どらないカジュアルなホームパーティを体験するつもりで気軽に来てもらえれば、そしてそこで皆様の暮らしに役立つことを何か感じてもらえれば、とても嬉しいです。


1. 日時:2014年7月8日(火)17:00~22:00
     2014年7月14日(月)17:00~22:00
     2014年7月23日(水)17:00~22:00


 16:30以降ならいつ到着しても大丈夫です。17:00くらいからお料理を始める予定です。
 早く着いた方は下準備のお手伝いをしてください。遅れてきた方は、到着時間から一緒にお料理しましょう。
 食べるだけでもOKです。19時くらいから食事を始める予定なので、食べるだけの人は19時までに到着できれば大丈夫です。(その場合は必ず事前に連絡してくださいね。)


2. 場所:私の自宅(名古屋市千種区内)
 (参加が決まった方に個別に連絡します。)


3. 参加者:各日4名
 女性限定とさせていただきます。
 私かオリーブちゃんと面識があるか、その同行者
 (4名揃わない場合は開催しない場合もあります。)


4. 参加費:3000円

 今回の募集では、白ワインに合わせた夏メニュー(オードブル、パスタ、メイン、サラダ、デザート)をご用意する予定です。
 ソフトドリンク(ミネラルウォーターと食後のコーヒー)もご用意します。
 
ワインを飲みたい方は、ドリンク代別途1500円いただきます(乾杯用のカヴァ1杯&白ワインは飲み放題です、存分にどうぞ。)。あるいは自分が飲む分をご持参ください。
 ただし、特に今回は白ワインに合わせたメニューなので、参加者全員が冷えてない白ワインを持ち込むと、時間的にも物理的にも食事までに冷やせない可能性があることをご了承ください。


5. 参加申込受付
 2014年6/4(水)~6/8(日)午後5時までの5日間受け付けます。
 その後、調整して、6/9から順次決定の連絡をさせていただきます。

 私の携帯メールか、FBのメッセージか、demi*mbf.ocn.ne.jp(*を@に変えてください)にご連絡ください。FBもブログも、コメントでは受付られないので、必ずダイレクトメッセージでお願いします

 件名「デミーズキッチン参加希望」として、お名前、人数、連絡先(携帯電話とメールアドレス)、希望日(参加可能な日を全部書いてください)、到着予定時間を記入してください。
 その他質問などあれば一緒に書いて送ってください。
 必要事項をちゃんと書いてくれない方は、優先順位が下がっちゃいますので、ご了承ください。

 やむを得ない場合はキャンセルを受け付けますが、当日キャンセルだけは会費をいただくことにします。「私と面識のある方、あるいはその同行者」なら、代役を立ててくださって結構です。


10341453_4263528323445_4298370771562954438_n.jpg


 ではでは、皆様と一緒にお料理できるのを楽しみにしています!



 ちなみに、デミキチ秋メニューは9月開催の予定です。




















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

最近の親方のちめちめ仕事;ビンテージトースターのレストア?など。

2014年6月3日(水)



 昨日の親方のちめちめ仕事の成果です。

10441111_516386615154335_2799432111293414615_n.jpg

↑ベランダのちめちめ仕事はこちら、
 GE 電気オーブントースター T-93。DELUX TOATST-R-OVEN


 先週、親方が「デザインがいい」からと言って、知合いからもらってきたときはボロボロで、「なんでまた、こんな物もらってくるの?! 要らないでしょ。」と怒っていた私ですが、親方ちめちめ仕事でピカピカになったら、見違えました。

 しかも、親方に頼まれてネットで調べたら、1966年製のT-93モデルの何代目か(実際に何年製かは不明)で、ビンテージポップアップドアトースターとして人気があるようです。よく似た型だと安いのですが、このタイプは、中古品なのにオークションで100ドル前後で取引される、小さなお宝。

 親方の目は侮れません。ただ、100万でも10万でもなく、1万ってのが、親方らしい宝物です。
(こないだも、普通は15000円くらいで取引されているという古いミニカーがリサイクルショップで2500円で売られていて、大喜びで買っていました。)

 きれいになった我が家の倉庫に、ディスプレイとして飾ることにいたしましょう。


↓興味のある方は、こちらもご覧になってください。1966年当時と思われるCMと新聞広告です。

https://www.youtube.com/watch?v=0kYvlmGwdpc
http://news.google.com/newspapers?nid=888&dat=19700508&id=J6BIAAAAIBAJ&sjid=A3wDAAAAIBAJ&pg=5459,6411641


http://news.google.com/newspapers?nid=888&dat=19700508&id=J6BIAAAAIBAJ&sjid=A3wDAAAAIBAJ&pg=5459,6411641




1005540_4283448141428_6897063208698970944_n.jpg

↑部屋の中のちめちめ仕事はこちら。
 BOSEのCDプレイヤーをリビングの棚からキッチンカウンターへ移動。カウンターに板を足して、スペースを確保したのです。

 見にくいかもしれませんが、カウンターの角に、三角の板を足しました。板もちゃんと白く塗りました。

 スピーカーの下にある赤い丸いものは、コカコーラのおまけ(貯金箱になる Happy Can )に入っていた重し?(この方のブログに写真が出てます)です。

 「こうすると、音の抜けがいい」と、自分のアイディアにご満悦な親方でした。



 小さな大工仕事をすると、ほんと、ご機嫌な親方であります。


 今日もご訪問くださり、ありがとうございました。


















休日のごちそう:またまたコストコステーキ!

2014年6月2日(月)


 急に夏がやってきましたね〜。だんだん日本の四季から、春と秋が消えていくような気がします。どうせなくなるなら、梅雨に消えていただきたいんですけどね。


 さて、朝から暑そうな今日、すごく早起きした親方は張り切ってタオル巻いて、ベランダでちめちめ仕事。そして、部屋でもキッチンのカウンターに小細工して、ちめちめ仕事。
 
 ひと仕事が終わったところで、二人でベランダで乾杯。親方はビール、私はカヴァ。

 トニオ(糖尿病)の親方が愛飲しているビール(ビールとは言えないのかな?)は、アサヒ•スタイルフリーなのですが、今日は新発売のアサヒ•アクアゼロなるものを飲んでみたようです。
 いわく「もう、飲まない。わざとらしく、ビールっぽくしてる。」とのこと。親方は飲みごたえなんか要らないらしく、スタイルフリーの、昔のバドワイザーを思い出させるような、水みたいな軽さが好きなのだそうです。
 ってことで、我が家はやっぱりスタイルフリーのようです。


 そのあとのランチです。

10409006_4283448741443_4616032872895264175_n.jpg

↑二人だけのときに、やたら登場するコストコステーキ!


10336591_4283448181429_5827181158110647866_n.jpg

1926794_4283448421435_2195433771713672072_n.jpg

↑おやじの鉄板でパンも一緒に焼いて、こんがり美味しかった! 肉を焼くのは、今日も男の仕事です。


↓あとは、昨日の残り物など。

10426757_4283448621440_1718928669540498986_n.jpg


10371691_4283448941448_6483871344231707063_n.jpg




 その、昨日の日曜日の夜ごはん↓。

10341762_4283447061401_7169810455579989676_n.jpg

↑残っていた最後のパテドカンパーニュ。


10341648_4283447461411_1106569654483531369_n.jpg

↑こちらも、秘伝の緑のパスタ。


10177528_4283447181404_2342624930645327300_n.jpg

↑スモークサーモンと自家菜園の野菜のサラダ。


10338305_4283447701417_294327416701702840_n.jpg

↑久しぶりのピザ。我が家愛用ニッポンハムの石釜工房「4種のピザ」にプチトマトと生ハムとバジルをのせて焼きました。
↓オーブンに入れる前。これもおやじの鉄板焼きを使用。把手を外してそのままオーブンに入れられるから便利です。

1005538_4283447261406_4368371537352321981_n.jpg


10352408_4283447821420_1888438450103306740_n.jpg

↑デザートは、ブラックベリーのミニタルトとアイスクリームでした。




 今日もお付き合いくださり、ありがとうございました。
























テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

掃除についてのメモ;ダメ主婦脱出に向けて。

2014年6月1日(日)


 最近、ベランダのプランターにいるダンゴムシを見つけてやっつけるのが趣味になりつつある私です。
 

10363397_4263522763306_2669145789866651172_n.jpg


 こないだなんて、実家の庭から持ってきた花↑をお風呂でバケツの水に放して、花瓶にいけるとき、体長5センチほどもある毛虫を見つけ、「ぎゃー!」と叫んだものの、すぐに冷静になって、右手に持っていた剪定バサミで毛虫を真っ二つにしてしまいました。流れ出る緑色の体液を見て、「やっぱり、おまえはエイリアンだったか。」とつぶやき、ビニール袋を手袋替りにティッシュでエイリアンをくるみ、ゴミ箱に捨てたのでした。

 我ながら、立派なガーデナーとして成長している気がします。

 ハエをやっつけるのにも親方に泣きついていた私が、いやはや、人間、変われるものですね。やればできる!ものであります。


 「変われる」と言えば、demi日記の昔からの読者の皆様にはご承知の通り、私はダメ主婦なのですが、最近だんだんダメ主婦を抜け出すべく努力して、変わってきている気がします(自画自賛)。


 これは、デミーズキッチンを開催する決心をしたことが大きくて(そんな最近のことか?!)、今までのホームパーティは私のことをよく知ってる人が来るわけだから「ま、いいか。」的に掃除もさぼりかちなのですが、デミキチみたいに私がダメ主婦だと知らない人(しかも主婦の皆様)が来るとなると、必死で掃除するわけです。
 (それでも、できる主婦が見るべきところを見れば、私がダメ主婦なのはバレバレだとは思いますが。)


 そうそう、そういう利点もあって(?)、デミーズキッチンについては、しばらく継続してみることにいたしました。いや、もちろん皆さんが喜んでくれたし、何より私が楽しかったからですけどね。
(次回の詳細は1週間以内にご案内できると思いますので、よろしくお願い申し上げます。)


 話が逸れましたが、私は「病的に片付けられない女」ではありませんよ。

 だからこそ、よけいにたちが悪いのです。中途半端なダメ主婦の何が問題かというと「やるべきことを知らない」のです。「やらない」んじゃなくて、やりたくても「知らない」のです。

 できる主婦の皆様には何のことか意味がわからないと思います。



 ちなみに、私が何を知らなかったか書いてみると、例えば、

 壁や天井も掃除する。
  床しか気にしていなかった。

 家具の脚を拭く。
  テーブルも椅子も、上しか気にしていなかった。

 洗面所やキッチンの流しを最後に乾拭きするなんて知らなかった。

 蛇口を磨くなんて知らなかった。

 と、書き出したら、もっともっといっぱいあります。全くお恥ずかしい限りです。



 このように、やるべきことを知らない主婦は、いつもピカピカのよそのお家と何かが違うことはわかるのですが、どうしていいのかわからないのです。

 きれい好きな女友達ににことあるごとにコツを聞いても、納得できる答えをもらったことはありませんでした。

 何とかしたいとは思っていた私は、去年「ミセス美香の美的ハウスキーピング すてきな収納・家事Lesson
」↓を買って読んで、絶望的に気がついたのです。





 いつも家をピカピカにするコツなんてない!ってことに。

 いつもきれいに保つためには、いつも手入れするしかない。という当たり前のことに気づかされて、私は本当に絶望しました。できる主婦の皆様には意味がわからないと思いますが、ダメ主婦とはそういうものなのです。

 ピカピカの主婦の皆様は、簡単なコツを知っていて秘密にしているに違いない、と信じていたのです。私だって、その方法を教えてもらえば、お家をピカピカにできるのだ、と。

 そりゃ、きれい好きの友達にコツを聞いても納得できないはずです。コツなんて無いんですから。

 ミセス美香さまの家は、隅から隅まで、どこを開けても美しいのです。この本に書いてあることの大半は、私には絶対に無理なのですが、気づかされたことはたくさんあります。


 で、私、これを我が家の倉庫で実践してみたわけです。

 まずは、家にある物を全部把握することから始める。そして、あるべき場所にわかりやすく物を収納し、いったん美しい体裁を整える(私なりに)。

 そうしたら、本当に、とっても気分が良くなりました。そして「掃除する」のではなく「きれいを保つ」という気持ちに変わりましたのよ、奥さん。

 いつもきれいを「保つ」には、最初がきれいじゃないと始まらないのです。とにかく、最初が肝心なのだということを実感いたしました。


 まだまだ、引き出しの中はぐちゃぐちゃだし、サッシの掃除とか、気づいていながらやっていないことはたくさんありますが、「気づいている」ということが、劇的進歩だと自覚しております。(じゃあ、やりなさい>私。)


 そこで今日は、自戒の意味を込めて、今後のために掃除についてのメモを残しておこうと思います。できる主婦の皆様は鼻で笑って、スルーしてください。日本ダメ主婦連盟のお仲間だけどうぞ。


まず「気がつく」こと。
 汚れいてること、やるべきことに気づくこと。

気づいたら「今すぐ」そのときに。「後で」はダメ。
 美香さまの「今ラクをしたら、後の大変さは何倍にもなって返ってきます。」というこの言葉が、私を「絶望的な気付き」に導いてくれました。

掃除の仕上げは、乾拭きが大事。
 流しは最後に乾拭きする。
 濡れ雑巾で拭いたら、そのあと必ず乾拭きする。

上も横も下も。
 壁も、天井も、扉も、家具の側面も脚も。

鏡と蛇口は、いつもピカピカに。
 気分が良くなります。

掃除道具や洗剤は最小限に。無駄に買わない使わない。
 ダメ主婦ほど、便利そうな小道具を見つけると、使わないのに買っては溜め込んでいます。できる主婦の皆様は、メーカーの姑息なセールスなどにいちいち引っかかりません。

掃除する気にならないときこそ、最初に一番いやなところから。
 トイレやお風呂。あるいはゴミ箱を拭く、など、一番やりたくないことを最初にやってしまうと、他のことは何てことない気分になります。




 あれ?、もうちょっと書くことあった気がするんだけど。。。。ま、いっか。


 そういう訳で、これからもダメ主婦脱出に向けて精進していく所存です。


10376919_4263522083289_1494738105990231451_n.jpg


 さて、お掃除しますか。


 つづきもあります→ 掃除についてのメモ:その2 その3



 今日もお付き合いくださり、ありがとうございました。



















プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR