和風シーザーサラダ?、チキンの五香粉焼きとネギベーコン。

2014年8月29日(金)



 2〜3日前のお昼ごはんです↓。

写真

↑和風シーザーサラダ
 我が家の定番、ベーコンとネギのソテーの上に、塩胡椒&五香粉をつけて焼いた鶏のささみをほぐして載せました。お、なんかシーザーサラダみたいじゃん。と思ったのですが、いかがでしょうか? 
 シーザーサラダになんて見えませんか、そうですか。



 さて、8月最後の週末。夏も終わり。って雰囲気が全面的に漂ってますね〜。皆様はどんなご予定ですか?


IMG_3627.jpg


 我が家は、親方CD制作、最後の大詰めです。デザインとコピーの最終調整。頑張ります!

 皆様も良い週末を。



<おまけ>

1548204_562148193911510_4974853245375214987_o.jpg

↑ねぎ鯖。
 無類の鯖好きの親方のために、目新しい鯖モノがあると必ず買ってきてくれるオリーブちゃん。いつも、ありがとう!





   







 
スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

畑から宅急便。朝どり野菜が夕方届きました。

2014年8月29日(金)


 母からパプリカがたくさん穫れたよ〜。とメールがあったので、送ってもらいました。


 写真 2

↑届いた段ボール箱の中身。
 パプリカ、赤タマネギ、ナス、ししとう、ピーマン、下の方にジャガイモもあります。これにプラス、倒すことにしたバジルを全部ペーストにした冷凍パックも入ってました。

 午前中に送れば夕方に届くんですね〜。なんか、すごい。
 送料はかかるけど、実家までの往復高速道路料金と比べたら安いものです。ありがたいことであります>宅急便屋さん。&ママ。

 感謝して、さっそく美味しいものをつくろうと思います。



おまけ)日々雑記:

 最近、ちゃんとした書類にたくさん字を書く機会がありました。ふだんはキーボード叩いて書くことがほとんどだから、手書きしようと思うと簡単な漢字を正確に思い出せなかったりして驚きますね。

 ところで。
 前から気になっていたんだけど、私はいろんな字を書くんです。
 今回みたいに大事な書類にきちんと書くときは、右上がりでちゃんと止めたりはねたりしようと思って書いて、結果すごく下手です。ふだんの走り書きはそれと全然違って、こどもの字みたい。しかも状況や気分で、右下がりだったり、文字が隙間だらけだったり、隣に書いてある字に似てしまったり、すごく違う印象の字になります。イラストと一緒にメモやポスターを書くときは、字も絵のように書きます。数字も、8とか9とか、気分で書き順が変わります。酔っぱらったときの字は、本人にも読解不能です。
 誰でも多かれ少なかれそうだと思うけど、周りの人を観察するに、多少は乱雑になったりするものの、だいたい誰の字かわかる範囲内です。それに比べると、私はかなり違うんですよね。自分でも、後から自分で書いた字かどうか判別できないことも多々あり。

 こんな私の字でも、プロの筆跡鑑定は同一人物の字だと判定してくれるのでしょうか。筆圧は一緒なのかな。もしかして、多重人格っぽいと判定されたりしてね。

 そんなことを思う今日この頃。


 皆様、良い週末を!




 











 
 



テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

アルファベットのオブジェ『DEMI♡』。年甲斐もなく、どうなのよ?!

2014年8月29日(金)



 アルファベットのオブジェを買って、キッチンの棚に飾ってみました。
 FBにはちょっと前にアップしたんですけど、ちゃんと写真を残しておきたいので、こちらにもアップさせてください。

 余談ですけど、私ってブログタイプの人間なんだなぁ。と最近つくづく実感。
 仕事上必要なこともあって、ツイッターもフェイスブックも公私ともに使ってはいるんですけど、ツイッターは、スピード(即興性)が命ですよね。「今」をつぶやき、その情報の新しさとリアクションの速さが大事。フェイスブックは、ツイッターほどの即興性はないけど、友達とのコメントのやりとりも含めすべての情報が流れていっちゃう。その点、ブログは蓄積こそが財産

 その場で素早くちゃちゃっと気の利いたことが書けない、っていうのが本当なんだけど、アップした後も自分の文章を読み返しては何度も書き直してるような私は、SNSのスピードについていけないんですよね〜。


 ってことで、アルファベットのオブジェに話を戻して。


10593220_4556382724622_7612739235264042737_n.jpg


 50才になろうというのに、何がじゃ!とか、言わないでくださいね。

 いや、私も、年甲斐もないかなぁと、思うのですよ。
 こども時代から30代までは、かわいいものが嫌いで、ピンクやらキラキラふわふわしたもの、ぬいぐるみさえ全く興味なくて持ってなかったんです。どちらかといえばシャープなものが好きで。。。ところが、40才を過ぎた頃から、キラキラしたものや、可愛いものにどうしようもなく惹かれるようになっちゃったんです。

 インテリアだって、時代は、シャビーシック。ヴィンテージなエイジングやら、ウッディなナチュラル志向やら、カフェ風?コテージインテリアなんかが流行っているのに、私はひたすらビビッド&カラフル一直線

 憧れのブロガーさんのシックなキッチンや食器も、いいなぁ。とは思うんですよ。
 でも、まぁ、こうなったら、私は60才過ぎても70才過ぎても、カラフル&ポップでキュートなキッチンで、いつもニコニコお料理している可愛いおばあちゃんを目指そうかな。と、


 まぁ、それは置いといて、アルファベットのオブジェを買おうと思ったのは、最初300円ショップでもっと大きな木製で白地に緑の柄のついたオブジェを見たからなんです。
 でもそれは、アルファベットの文字が全部揃ってなくて、私の欲しい文字がなかったんです。
 それでネットで調べて、これを購入。同じタイプでナチュラルなウッド、ブリキ、この白の3種類があって、ウチは白でしょ!と即決して買ったんだけど、実際に置いてみると、なんかイメージと違う。もしかして、ウッドやブリキの方が似合ったかも。
 仕方ないから、親方に色を塗ってもらおうか、いろいろ考え中であります。

 
 アルファベットのオブジェ、NAVERまとめにも「部屋に遊び心をプラスするアルファベットオブジェ」特集ページがあります。

 「アルファベット オブジェ」で検索しても、いろいろ出てきますよ。

 いろいろ見てると、床に置いて腰の高さまであるような、すごく大きなオブジェも欲しくなってきました。その大きさなら、BOSSとBOZZの『B』か『&』かな。
 なんか、考えてたら、すごく楽しくなってきました。


 皆様も、良い一日を!

   
          IMG_3609.jpg


















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

ナスとピーマンの味噌炒め;畑の恵みでお昼ごはん。

2014年8月28日(木)


 母が畑で穫れたナス、ししとう、ピーマン、オクラ、きゅうり、など持ってきてくれたので、お昼ごはんは畑の恵みいっぱい、いただきました。



写真 2

↑ナスとピーマンの味噌炒め。
 畑のナス、ピーマン、ししとうを使用。鶏のささみを、包丁でみじん切りにし、ショウガとニンニクで炒めて、野菜を入れ、塩、胡椒、日本酒、液味噌、みりんで味付け。


↓液味噌は、これ。「マルコメ 液味噌 赤だし

写真 4

 これね、何か買ったときにオマケで付いてきたの。で、使いやすくて便利だったから買おうと思って探しても、どこにも売ってない!
 結局、ネットで5本セットを買ってしまいました。
 変な甘みとか付いてない、ただの液体赤だし味噌なんです。二日酔いの胃には赤だしが一番。という我が家では何かと重宝しています。



えと、他のおかずは、


写真 3

↑畑のオクラのお浸し。鰹節と醤油をかけて。
 オクラについては、レパートリーこれしかないかも。たまには、アメリカ南部料理とかに使ってみたいんですけどね〜。


写真

↑もやしのサラダ。
 もやしって、なぜかいつも2袋買ってしまうんですよね〜。1袋だけ買えないの。そんなことありません?私だけかしら。足が早いのにね。
 で、まだ冷蔵庫に1つ残っていて、もう使わなきゃって感じだったから、またサラダに。ベランダの大葉、ちくわ、チンしたタマネギをゴマと青じそドレッシングであえました。


 あとは、親方特製 炊き込みご飯。そんな感じの自家菜園ランチ。でございました。


 今日もご訪問ありがとうございました。


















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

レモンコンフィ到着!ジェイミー先生が使ってる小っちゃなレモンのピクルス

2014年8月28日(木)


 ジェイミー先生の 15MM で、先生お気に入りの食材として紹介されてる「レモンのピクルス」。すごく欲しくて探していたけど、どこも売り切れで手に入らず。再入荷のお知らせをお願いしていたらメールが届いたので、すぐポチっとしておきました。

 そしたら翌日、さっそく届きました。


IMG_3630.jpg

↑【パリ直輸入】ベルガモットレモンを使った本場のレモンコンフィ
 (原産国はエジプトだけどね。)


 わーい!ジェイミー先生が使ってるのと同じだ〜!と喜んだけど、今日ビデオを見てみたら、瓶のラベルの色が違った。ちょっと、がっかり。
 でも、このレモンの小ささが可愛いですよね〜。

 ジェイミー先生は、番組の中で「レモンのピクルス」と呼んでいますが、世の中で話題の「塩漬けレモン」と同じものだと思われます。ただ、小粒な品種のレモンだけに、カットせずに姿そのまま漬けられてるのが、いい感じです。

 ジェイミー先生は、そのままクスクスやライスに入れて後で潰したり、刻んでサルサソースに使ったり、チキンを焼くときに一緒にフライパンで加熱したり、していたような。。。
 使うのが楽しみです〜!


 単純な私は、ちょと気分も良くなってまいりました。

 皆様も、良い一日を!



 私がアップするときは、あと残り3個でしたよ。




 パリNo.1ブロガーJULIETTAのセレクトショップで購入できます。このショップ、いろいろあって見てるだけでも楽しいですよ。



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

トマトの和風スクランブルエッグ、牛肉のすき焼き風。平日のお昼ごはん。

2014年8月26日(火)


 夕方、雨は降ってないし空も明るかったので、傘も持たず帽子も被らず、お気楽にBOZZの散歩に出かけたら、台風並みの夕立に遭い、雷ゴロゴロ鳴って、BOZZは怖がって動かず、病院の駐車場の屋根の下で30分も雨宿りするはめに。。。

 名古屋は、梅雨みたいな天気が続いています。


 そんな平日のお昼ごはん。


写真

↑我が家の定番、トマトの和風スクランブルエッグ?
 味付けは、出汁と塩胡椒と醤油です。お酢をかけていただきます。



写真 2

↑牛肉のすき焼き風。
 冷蔵庫をぷち整理したら、お正月に使った割下が残っていた(!)ので、それを使うがための一品。
 タマネギと厚揚げと牛肉。



写真 3

↑卵の向こうに見えるのは、もやしとワカメとカニかまのサラダ。冷蔵庫掃討作戦です。


 

 なんか、お天気がモヤモヤしてると気分もモヤモヤしちゃいますね。
 私は結構バイオリズムの波があって、今は沈んでる時期であります。そういうときは無駄にあがくことなく、じーっとおとなしくして、気分が盛り上がるのを待つことにしています。
 
 
1399050_745967875449172_7289743275925025819_o.jpg


 さて、そういう訳で本日も、『アニマルプラネット』見たがるBOZZとチャンネル争いしながら、ビデオ見たり本を読んだり、一日ダラダラすることにいたします。

 皆様も、皆様なりの良い一日を!



















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

日曜日のごちそう;ナスと赤タマネギのマリネほか。

2014年8月24日(日)


 日曜日の夜ごはん、バンパーニャをオードブルにいただいた後のお料理写真です。


10387695_4565103582638_8908110288014331329_n.jpg

↑ナスのオーブン焼き。赤タマネギドレッシング。
 これは、ナイジェラがつくっていたのを見て、色がきれいだなぁと思い、つくってみました。私はタマネギも焼いてみました。
 酸味が効いて、サラダみたい、ナスがどんどん食べられます。


10610817_4565102062600_1707002796236185748_n.jpg

↑最初に、ナスだけオーブンで焼きます。
写真を撮り忘れたけど、バットに、オリーブオイル、塩胡椒、バジルのみじん切りを入れ、半分に切ったナスの切り口をオリーブオイルに浸けるようにしてしばらく置きます。そして裏返して、切り口を上にして焼くと、上の写真のようになります。油を吸いすぎるナスの焼き方としては、これはいいなぁ。と思いましたよ。


10624918_4565102102601_3096278480399066719_n.jpg

↑ボールで赤タマネギの薄切りを、塩胡椒、赤ワインビネガー、オリーブオイルに浸けておきます。そして焼けたナスの上にかけ、もう一度オーブンでタマネギに火が通るまで焼きます。

 ナイジェラは、タマネギには火を通していなかった気がするけど、私はタマネギが良くなかったのか、切り方が厚かったのか、そのまま味見したらちょっと苦みが気になったので、オーブンで焼きました。

 

13604_4565102702616_3529806190327559818_n.jpg

↑にんじんサラダ。
 にんじんを千切りにおろして、塩胡椒、白ワインビネガー、オリーブオイル、はちみつで味付けしました。



 10632667_4565104142652_8041533130168814778_n.jpg

↑白インゲン豆とソーセージの煮込み。
 自家菜園のトマトも使いました。美味しかった!



10514680_4565103982648_4118452712635330198_n.jpg

↑マッシュルームのピザ。


10485536_4565103742642_6970116544678364682_n.jpg

↑色在庫で長いあいだ眠っていた缶詰。
 味見したらハッキリしない味だったので、塩胡椒と唐辛子をかけてオーブンで焼いたら、ピリッとパンチの効いたタパスになりました。


10612589_4565104302656_8862818542810395279_n.jpg

↑そして、メインは豚ヒレ肉のソテー、トマトソース。クスクスサラダ添え。
 先週のミートボールと同じじゃん。って言わないでね。お肉が違うんだから ^^; 。



 って感じの日曜日のごちそう。でした。


 今日もご訪問ありがとうございました。



















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

パンバーニャ;爆弾みたいなサプライズサンドイッチ

2014年8月24日(日)


 こないだ書いたゴードン•ラムゼイ氏がつくっていた「パンバーニャ」っていうサンドイッチ、本当は海のピクニックに持っていく予定だったけど、雨でピクニックは断念。
 それでもどうしてもつくってみたくて、無理やり日曜日の夜ごはんのオードブルにしてみました。


1947484_4565103342632_3148171441094166275_n.jpg


 子供も大人も大喜び、カットしたときのサプライズ感でテンション上がるサンドイッチです。
 クリスマスの頃、ジェイミー先生がつくっていたイギリスの「ボンブ」っていうデザートみたいですね。




10570540_4565101582588_5665673460193661151_n.jpg

1)今回は、このパンを使いました。
   ゴードン•ラムゼイ氏は、この3倍くらいのパンで巨大爆弾つくってました。



10609654_4565102142602_8204222576315789397_n.jpg

2)フタになるように、上の部分をカットして、中のパンをくりぬきます。(くり抜いたパンは、乾燥させてパン粉にしました。)
 くり抜いた底と壁の部分に、マスタードマヨネーズを塗る。(ゴードン•ラムゼイ氏は、オリーブのタプナードを塗っていました。)
 生ハムを敷く。
 好きな具を段々に重ねていく。

 今回、私が挟んだのは、
 生ハム
 モッツアレラチーズ
 ドライトマト
 スモークパプリカのオイル漬け
 オリーブ
 ピクルス
 ズッキーニ(千切りにして、レモンと塩でしばらく置き、水気を絞って使用)
 キュウリ(中の種の部分を取り除いてカット)

10649934_4565101502586_6611053848923125853_n.jpg 10628404_4565101542587_2183549918760421591_n.jpg

↑ズッキーニは千切りにおろして、塩とレモンで浅漬け状態に。

 ピクニック前提だったので、ズッキーニやきゅうりはできるだけ水分を落とし、レタスやトマトなど時間が経つと水っぽくなる生野菜は用意しなかったけど、すぐに食べるなら、生野菜でも大丈夫です。
 この日は卵が食べられない人がいたので使わなかったけど、ゆで卵も入れたいですね。 




10606239_4565102462610_2746875317012702757_n.jpg

3)最後に生ハムで包むようにフタをして。



10626646_4565111222829_7554697943301105376_n.jpg

4)最初にカットしたパンのフタを戻して、完成!




13604_4565102902621_6114211076760188638_n.jpg

 カットしたとき歓声が上がること間違いなし。な、楽しいサンドイッチです。



10590673_4565103062625_2630358104763773909_n.jpg


 ただ、どうやって食べるんだ?!と、喧々諤々したあげく、結局、かぶりついて食べるのは無理だろうということになり。4人で4等分にカットし、お皿の上で中身を分解しながら、フォークとナイフでいただきました。
 オードブルとしてもボリュームたっぷり、かなり美味しいひと皿でした。



 皆様も、これから秋のお出かけのおともに、ぜひつくってみてくださいね。


 今日もご訪問ありがとうございました。




 












テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

エビと枝豆のミルク煮 & 豚キムチ;平日のごはん和食編。

2014年8月20日(水)


 久しぶりに、平日のお昼ごはんの写真。

 今週は買い出ししていないので、冷凍庫と冷蔵庫にある物で、思いつきごはんです。


写真 2

↑エビと枝豆のミルク煮。
 冷凍庫のエビと枝豆、冷蔵庫の小松菜。材料をいったん全部茹でて、フライパンで炒めて、塩胡椒。出汁のつもりで、冷蔵庫にあったアサリの佃煮と煮汁、材料を茹でた茹で汁少々で蒸し煮にし、最後に牛乳を入れて煮詰めました。


写真

↑豚キムチ。
 ニンニクと生姜でキムチをしっかり炒め、塩と日本酒で下味をつけた豚肉と混ぜ、キャベツ、パプリカ、しめじを入れて、塩胡椒、これにも上で使った材料の茹で汁を入れ、さらに醤油と、今回は酢を入れて、スッキリ仕上げ。ゴマをたっぷりかけて、いただきました。


 あとは、お蕎麦と白菜の漬物。だったかな。簡単に美味しくいだたきました。

 お酒を飲まない平日のお昼ごはんは、あっという間に終わってしまいますね。




 今日もご訪問ありがとうございました。

















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

島田順子スタイル;パリ、大人エレガンス

2014年8月20日(水)


写真

 本屋さんで見つけて思わず買ってしまいました。『島田順子スタイル;パリ、大人エレガンス』


 学生のときから大好きな島田順子さん。もう70才を超えていらっしゃるとは。。。!
 今なお、っていうかますます、生き生きとしてスタイリッシュ! 素敵過ぎます。「美魔女」なんて言葉では表現できない、大人の貫禄。
 日本人女性でこんなマダムがいらっしゃると、年を重ねるのが楽しみにさえなります。(もちろん、誰でも年を重ねればこうなれるって訳じゃないんですけどね。)

 どのページを見ても、かっこよくて女らしくて、ため息が出るほど素敵。知性と自信と意思の強さが滲み出ていて、それでいて、可愛らしくて華やかで優しいオーラに包まれています。


 それにね、びっくりしたのがピンヒール。70才を過ぎてピンヒール履くなんて! 私は既にピンヒール履くことを諦めてしまっています。深く反省。今度買って履いてみよう!と思いました。

 長い白髪をまとめるヘアスタイルも素敵。日本の女性は60代以上になると、ロングヘアの方がめっきり少ないように感じますが、清潔感とお洒落度を保ちながらのロングヘアはそれだけ難しいんでしょうね。私は、島田順子さんを倣って、生涯ロングヘア頑張りたいと思います。


 私はファッションマニアじゃないし、っていうか、服や靴やバッグにはあんまり興味がないんだけど(なにせ物欲より食欲なものですから^^; )、こういう女性を見ていると、ファッションって大事だなぁと考えさせられます。
 身につけるものは、何が好きで、どう見られたいか、どんな人間なのか、その人の生き様や人生観や哲学を、ときに言葉より雄弁に語りますからね。

 私なりに、身の丈に合った自分らしいスタイルを創っていきたいものであります。




   






畑のラディッシュ、バジル、ズッキーニ、トマトを使って、休日のごちそう。

2014年8月18日(月)


10629662_4534707382752_5618002401810334535_n.jpg


 久しぶりに青空の広がる気持ちいい日になりました。

 簡単なランチを済ませて、午後からホームセンターでお買物。親方は接着剤(!)、私はベランダのいろいろ買いそろえて、夕方から汗だくになって、それぞれの仕事に精を出しました。


10432947_4534922428128_887084849976400180_n.jpg


 で、シャワーを浴びて、ベランダで音楽聴きながら、乾杯!

10615580_4534707582757_2794043775113485606_n.jpg


 夜は、母の畑からもらってまだ使っていない野菜を生かし、ちょこちょこお料理しました。

 一つずつ、ご紹介。


10441308_4534707782762_1644260297976597488_n.jpg

↑ラディッシュのサラダ。
 母の畑のラディッシュがまだたくさんあったので全部使用。
 ジェイミー先生がラディッシュをちょっと潰してドレッシングに浸してピクルス風のサラダにしていたので真似してみたけど、ラディッシュが固くて潰れなくて。。。
 食べたら結構ピリッと辛いので、ビネガー、オリーブオイルに蜂蜜を加えてドレッシングにしました。ミントを刻んで、爽やかに仕上げました。


10629594_4534708022768_962717815496920143_n.jpg

↑ひよこ豆のベイクドビーンズ
 母の畑のイタリアントマトを使いました。


10603397_4534708342776_4643722405191710943_n.jpg

↑なんちゃってフリッタータ。
 母の畑の黄色いズッキーニとトマトを使いました。
 ズッキーニを細かい千切りにして、レモンと塩をかけ水気を絞って、トマトと一緒に卵と混ぜ、フライパンで軽く焼いたあと、耐熱皿に移して、チーズをたっぷりかけてオーブンで焼きました。


1558520_4534708502780_3100994295286630675_n.jpg

↑帆立のソテー、バジルソース。
 これは、畑のバジルを使ってリコッタチーズと一緒にペーストにしたものが冷蔵庫に残っていたので、白ワインでソースにしました。


10559744_4534707822763_3006072049634720989_n.jpg

↑カボチャとフェタチーズのマッシュ。バルサミコソース、ローズマリー風味。

10534121_4534740543581_6377689455930255362_n.jpg

↑「プッチーニパンプキン」を使いました。これは、成城石井で見つけて、あまりの可愛さに買ったもの。小さくて黄色くてかわいいです。
 ただ、甘みが少なくて、甘〜いカボチャとは料理方法をちょっと変えないといけないみたい。


 この日、つくったのは全部サイドメニューみたいなもの。メインは、前日の残りのミートボールをいただきました。


10431440_4534708662784_7705561133441023919_n.jpg


10401990_4534708742786_5817017278529823126_n.jpg


 これで、我が家の実質的な夏休みはおしまい。今週からは、親方のCD発売に向け、いろいろと忙しい日々になりそうです。頑張ります!


 皆様も、良い一日を!







 




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

ジェイミー先生のミートボールつくってみました。

2014年8月17日(日)


 土曜日に放映していた「ゴードン•ラムゼイ 究極の料理」はピクニック特集で、ここに出てきた「パンバーニャ」っていうサンドイッチにぽーっ♡としてしまいました。ゴードン•ラムゼイ氏の番組を見て、これ絶対つくろう!と思ったの初めてかも。近いうちにつくってみます!


 ところで。ちょっと前まで夏風邪をこじらせて、体調の悪かった私。寝ながら録画した料理番組を見続けていました。そのとき見ていたジェイミー先生の15MM、放映していたときには、あんまりピンとこなかったんだけど、今回見直したらつくってみたいレシピ満載で夢中になってしまいました。私はやっぱり、ジェイミー先生が一番好き♡。

 蛇足ですが。
 15MMはね、ちゃんとカロリーを計算していて、やたら無脂肪ヨーグルトを使うのが気になっていたんです。元モデルの奥さんが結婚してから太ったことを記者に指摘されて逆切れした後の番組なのかしら、と下世話なことまで考えてしまいましたよ。だって、我が家は平日は塩分も糖分も控えめの素朴な食事を心がけている分、ワインを飲める休日はそんなこと気にせずチーズや生クリームやサワークリーム使って美味しいもの食べたいんだもの。
 それに、毎回、ウッドボードにはみ出さんばかりの現代アートのような盛りつけも、何だかなぁ。って感じだったのです。
 だけど、ちゃんと見直すと、さすがジェイミー先生。真似したいヒントがいっぱいでした。


 で、風邪も治って体調万全となった今回の連休、気になるレシピを私なりにアレンジしてつくってみました。
※メモとる訳でもないから、何もかもうろ覚え、ジェイミー先生がつくったものと同じではありません。っていうか、牛肉だけでミートボールにする、っていう以外は全部違うかも。


10437742_4534707022743_2257209768665257874_n.jpg

トマトソースのミートボール。レモンとミントのクスクスサラダ添え。

 このミートボールは、牛肉だけ。ハンバーグみたいにタマネギや卵やパン粉は一切入れません。
 安い赤身のステーキを2枚、フードプロセッサーでひき肉にして、フェンネルシード、ナツメグ、オレガノ、ニンニク、パセリを入れて混ぜ、小さなボール状にして、フライパンで焼きます。焼くとき、オリーブオイルにローリエとセイジを入れました。

 トマトソースはプッタネスカ風。ニンニク、タマネギ、アンチョビ、オリーブ、ケッパー、トマトピューレ。

 クスクスサラダは、レモン果汁と皮を削って一緒に戻し、刻んだミントを混ぜて、塩胡椒オリーブオイルで味を整えました。

 牛肉だけでつくるっていうのが気に入った素朴な味わいのミートボール、親方にも大好評でした!

10511253_4534707342751_5279830494789367522_n.jpg




 他につくったのは、

10570468_4534705782712_1459143009996434518_n.jpg

しいらのソテー、ハニーマスタードソース
 しいらを、塩胡椒、タイム、オリーブオイルでマリネして焼く。お魚を取り出した後のフライパンに、白ワイン、レモン、ケッパー、パセリ、ポメリーマスタード、蜂蜜を入れてソースにしました。

10620707_4534705622708_706762461914950301_n.jpg



10615978_4534706542731_6078205986954374863_n.jpg

↑豆のサラダ。
 頂き物の「豆のピクルス」を使用。この写真からは美味しさがあんまり伝わらないけど、このピクルスが、すごく美味しかったんです。親方も大喜び。
 原材料を書いた紙を捨ててしまって後悔しきりなんだけど、クローブとローリエが入ってました。再現してみたいです。

 あとは、目玉焼きとパンとチーズ。シンプルなメニュー構成で、美味しくいただきました。



 実はこの日、サイゼリヤでランチ食べたんです。我々がお昼に食べたのは、白ワインとともに、

シーフードサラダ
フレッシュチーズとトマトのサラダ
ほうれん草のソテー
エスカルゴのオーブン焼き
フォカッチャ
マルゲリータピザ

 という訳で、お昼がオードブル、夜がメイン。ってつもりのメニューでございました。



10599281_4534705862714_5309416164956997227_n.jpg



 今日もご訪問ありがとうございました。


















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

アメリカの古いレシピ本を見つけました。Mrs. Rorer's Cook Book

2014年8月18日(月)


 休日ふらりと入ったアンティークショップで、アメリカの古いレシピ本を見つけました。

10557201_4528377304504_3431945892023661815_n.jpg

↑『Mrs. Rorer's Cook Book』2800円也。


10582852_4528377264503_4233148653433895545_o.jpg

↑ Clara Gillespie from Frezquita
  Christmas 1951
  Berkley, California

 テープで留められた見開きのページにある手書きのメッセージを見て、購入を決めました。

 カリフォルニア、バークレーで、1951年のクリスマスに、クララさんに贈られた本。63年経って、なぜか東の島国で私の手元に。
 古い本棚の匂いをかぎながら、不思議なご縁に思いが馳せます。




 家に戻って、ネットでこの本のことをいろいろ調べてみました。世界中の情報とすぐにつながる今、こういうときには本当に便利でありがたいものですね。


 Wikipediaによると、著者の Mrs. Rorer は 1849年生まれ。アメリカ家政学の先駆者。
 料理学校で学んだ後、自身も料理の教師となり、後に1884年ペンシルベニア料理学校(Philadelphia School of Cookery)を創立。教壇に立つ傍ら、多くの雑誌を編集し、数々の著作を出版、また1904年の世界博覧会(St. Louis World's Fair of 1904)でのパビリオンディレクター、ペンシルベニア文化教育集会婦人部の会長を務めるなど、家政学あるいは料理界において、地域ひいては全米に影響を与えた人物。だそうでございます。


 私が買った『Mrs. Rorer's Cook Book』は、彼女の数ある著書の中でも初めての本、処女作であります。初版は1886年(明治19年)。581ページと、巻末18ページの宣伝(同出版社の本)で構成されています。

 いろんなサイトを見ると、見開きページに著者の写真が載っているはずなのですが、そのページだけ欠けているのが残念です。



写真 2

写真 3

↑目次を見ると、Soup に始まり、Fish, Shell Fish, Meats, Beef, Mutton, Lamb, Veal, Pork, .......Salads, ...Eggs, .....Bread, そしてデザートまで、細かく分かれています。



写真

↑イラストも、写真もありません。
 ほとんどのレシピが、数行の材料、10行にも満たない作り方のみです。(上の写真はサラダの章の1ページ)


 何人かがこの本のレシピを再現していて、興味深かったです。
  FOOD THROUGH THE PAGES
  Mystery Lover's Kitchen


 私もそのうち、 Mrs. Rorer のレシピ再現に挑戦してみたいものであります。


 いいお買物ができて、ご機嫌な休日となりました。皆様も、良い一日を!




Mrs. Rorer の本


 








テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

デミーズキッチン「秋メニュー」のご案内

2014年8月17日(日)

 ありがとうございます。
 9月のデミーズキッチンも、全日満席にて募集終了いたしました。皆様と一緒にお料理するのを楽しみにしています。



 デミーズキッチン「秋メニュー」9月のご案内です。

 お料理教室ではないけれど、皆でつくって皆で食べて、お互いに料理の研鑽に励む、楽しいキッチンクラブ『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)。ホームパーティあるいはクラブ活動のつもりで、気軽に来てもらえれば嬉しいです。

 春夏とは違い、秋冬メニューは、きのこと栗をフィーチャーして、赤ワインに合うお肉メインのお料理を考えています。今回も、簡単!なのにお洒落に見える料理を厳選してお贈りします。


1452323_3614986310300_358567719_n.jpg



1. 日時:2014年9月10日(水)17:00~22:00
     2014年9月16日(火)17:00~22:00
     2014年9月29日(月)17:00~22:00


 17:00~お料理を始める予定。
 16:30以降なら、いつ来てもOK。遅れても大丈夫です。到着時間から一緒にお料理しましょう。
 お料理しなくても、見てるだけでも、食べるだけでもOKです。19時くらいから食事を始める予定なので、食べるだけの人は19時までに到着できれば大丈夫です。(到着時間は事前にご連絡ください。)

2. 場所:私の自宅(名古屋市千種区内)
 (参加が決まった方に個別に連絡します。)

3. 参加者:各日4名まで
 女性限定とさせていただきます。
 私とオリーブちゃんの面識のある方、その同行者。
 デミキチ初めての方、大歓迎!お料理好きな方も、料理初心者の方も、お気軽にどうぞ!

4. 参加費:3000円 ワインを飲む方は4500円
 オードブル、パスタ、メイン、サラダ、デザートを用意する予定(メニューは当日発表)。ワインとソフトドリンクもご用意します。
 当日メニューのつくりかたメモをお渡しします。
 私とオリーブちゃんがホステスです。


5. 参加申込受付
 2014年8/17(日)~8/20(水)午後5時までの4日間受け付けます。
 その後、調整して、順次決定の連絡をさせていただきます。

 FBのメッセージか、携帯メールか、demi*mbf.ocn.ne.jp(*を@に変えてください)にご連絡ください。FBもブログも、コメントでは受付られないので、必ずダイレクトメッセージでお願いします


 初めての方は、件名「デミーズキッチン参加希望」として、お名前、人数、連絡先(携帯電話とメールアドレス)、希望日(参加可能な日を全部書いてください)、到着予定時間を記入してください。質問などあれば一緒に書いて送ってください。
 既にメンバーの方は、参加可能日を全部書いて連絡してください。



<デミキチ春&夏を終えて>

 以前から考えていたものの、先ずは試しに!と5月に始めたデミーズキッチン。

 面倒くさがりの私のこと、始める前は、緊張したり不安になったりし、掃除したり準備したりが億劫になったりもし(汗)、それでもオリーブちゃんに励まされつつ準備して、いざ始まってしまえば、楽しくて楽しくて時間も忘れてしまう。という繰り返し。
 そうやって皆様のおかげで、春も夏も、とっても楽しく終えることができました。

 お料理を好きな人もそうでない人も、私の料理を見て「え、そんなでいいの?!」「これなら、私にもできる!」と思ってくれたらハッピー。そして何より、参加してくれた方が、デミキチの時間を「楽しい〜!」と思ってくれたら、私にとっても何より嬉しいことであります。
 デミキチを体験して、気軽に気楽にお洒落に、カジュアルなホームパーティの楽しみ方を実感してもらえたらと思います。

 まずは、季節一巡りする冬(11月)までは、デミーズキッチン開催するつもりです。来年以降のことは、皆様の声を聞きながら、また考えようと思っています。


 ではでは、秋メニュー、皆様と楽しい時間を過ごせるのを楽しみにしています!

 

















なんちゃってミルフィーユ

2014年8月14日(木)


 デミキチ夏メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。


<なんちゃってミルフィーユ>


desert.jpg


10474754_4425690377395_1440401647268695189_n.jpg


 これも簡単デザートです。

 まず、冷凍パイシートを解凍して、6等分にカットして、200℃に余熱しておいたオーブンで10分くらい焼きます。

IMG_5027_500x281.jpg

↑こんな感じに膨らむので、これを冷ましておきます。(これは、かなり不格好に膨らんでおりますが、大丈夫です。)


 次に、私の定番チーズクリーム(マスカルポーネ+ヨーグルト+砂糖)をつくります。お好みで、リキュールやバニラエッセンスなど足してもOK。
 もちろん、カスタードクリームや泡立てた生クリームを使ってもいいです。

 冷ましておいたパイを半分に割り、真ん中にクリームとフルーツをはさみ、上にも飾ります。
 アイスクリームを添えて、エスプレッソパウダーをかけて、いただきました。
 

10509536_4412906657810_8154144387989955274_n.jpg


↑これは第1回のとき。明治のパイシートを初めて使ったら、ピケ(空気穴)が最初からあったので、膨らみませんでした。なので、一人分に2枚使用。この方がちゃんとしたパイっぽいけど、カロリーは高くなりますね。


 私がいつも使っているパイシートはこちら↓。カルディでも売ってます。



 これは、100%バター使用なので、オススメです。
 明治のパイシートは「発酵バター使用」と書いてあったので買ったのですが(発酵バターに弱いんです>私)、よく見ればマーガリンを使っています。
 アミカにも5枚入りのパイシートがありますが、こちらもマーガリン使用。やっぱり、バターだけ使ってあるパイの方が美味しいです。


 冷凍パイシートは便利ですよ。

パイ

↑このときは、きれいに膨らんでますね。お友達から白無花果のジャムをいただいたときにクリームと一緒に挟んで、上から溶かしたチョコレートをかけました。


ミニパイ3種

↑ミニパイも簡単にできます。<2013年8月25日(日)



 アイディア次第でいろいろ楽しめる冷凍パイシート。皆様も簡単デザートつくってみてくださいね。

 夏は気温が高いので、オーブンに入れる前にもう一度きちんと冷やすと、きれいに焼けますよ。



















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

ヨーグルトソース & タルタルソース

2014年8月13日(水)


 デミキチ夏メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。今日は、ソース2種。


<さわやかヨーグルトソース>

sauce-y.jpg

 夏らしい爽やかなソース、大好評でした。

10421140_4455869571856_3446674988242880179_n.jpg


↓ヨーグルトソースは、滑らかなソースにしたいので、粒のないディジョンマスタードを使用。

写真 2


 キュウリとミントは相性抜群。キュウリを薄切りにしたり千切りにしたりして、サラダにしても美味しいですよ。キュウリとミントと唐辛子のサラダ。こちらも、ぜひ、お試しあれ。

真白たまねぎときゅうりとミントのサラダ。かぼちゃの種とレーズン入り。

↑真白たまねぎと自家菜園のきゅうりとミント。<掲載:2013年9月22日(日)




<タルタルソース>

sauce-t.jpg

10553308_4455869291849_8000950049945964577_n.jpg

 タルタルソースはおなじみですね。


 ↓粒入りポメリーマスタードを使いました。

写真 3


 何にでも合うソースが食卓に何種類かあると、いろんな味を楽しめて、嬉しいですね。

10350347_599000496866024_9043625343167238499_n-1.jpg


 お気に入りの可愛いカップに入れると、テンションも上がります。



 皆様も、夏休みの食卓にお試しあれ。



















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

サーモンのオーブン焼き

2014年8月12日(火)


 デミキチ夏メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。



<サーモンのオーブン焼き>


salmon.jpg


10492463_4425677897083_1157953501646863395_n.jpg



 これは、ジェイミー先生のレシピをアレンジしたもの。デミキチでは、大きなサーモンを使いましたよ。


1. サーモンにも軽く塩こしょうしておきます。

 10487454_4455874211972_3628977278980932315_n.jpg

↑2. バットに、切った野菜とサーモンを入れ、塩胡椒、ケッパー、レモン、オリーブオイルたっぷりでマリネ液をつくり、野菜にもサーモンにもしっかりもみこみ、馴染ませます。



10511131_4455878332075_1940719229788709329_n.jpg

↑3. 途中で皮を剥がして裏返し、裏にも塩胡椒して、更に焼く。(左が裏返したところ。)
 裏側のベタベタなところに塩胡椒して、フェンネルシードをかけました。サーモンの身と皮の間に野菜をのせて、皮がちょっと浮くようにして、もう一度オーブンへ。更に15分くらい焼きます。


1919632_4412903377728_3363290656638608274_n.jpg

 身はしっとりふっくら、皮はパリパリ、好評でした!


 夏野菜のソテーと、同じ野菜も使うのだけれど、フライパンでソテーするのと、こうやってオーブンで焼くのとは食感も味わいも違って、それも味わってほしかったのです。
 オーブンで焼くと、素材の食感がそのまま残り、野菜の甘さが際立ちます。
 サーモンなしで、野菜のオーブン焼きだけでも美味しいですよ。

















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

バジルとトマトの夏パスタ

2014年8月9日(土)


 デミキチ夏メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。

<バジルとトマトの夏パスタ>


pasta.jpg



10429388_4425676337044_8396207012281572558_n.jpg

↑ベランダで穫れたバジル、畑のプチトマトを使った夏色のパスタです。



IMG_5017_500x281.jpg

↑バジルのペーストをつくります。
 バジル、松の実、パルメザンチーズ、塩胡椒、オリーブオイル。フードプロセッサーにかけると、

↓こんな感じのペーストになります。プロセッサーの刃でちょっと緑が変色しますが、熱を加えると緑が蘇るから大丈夫。

IMG_5018_500x281.jpg



 パスタを茹でながら、フライパンにオリーブオイル、ニンニク、トマトを入れて炒め↓、パスタが茹で上がるちょっと前にバジルペーストを加え、茹で汁を足して、ソースにします。ここで味を整えてください。

10475527_4412900257650_3340895557486485711_n.jpg



 パスタをソースに絡めて、できあがり。

 最後に、生のトマトとバジルの葉を飾って、食卓へ。夏のパスタを召し上がれ!




 台風も通過し、いよいよ夏休み本番ですね。

 なのにわたくし、夏風邪をひいてしまい、熱は下がったものの、喉が痛くて咳が止まらないという、情けないデミ夫人です。
 気の利いたことも書けずに申し訳ありません。



 皆様、体調に気をつけて、楽しい休日をお過ごしくださいませ!














テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

夏野菜のソテー、カッポナータ風

2014年8月9日(土)


 デミキチ夏メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。

<夏野菜のソテー、カッポナータ風>

 

 capponata.jpg


 炒めて、塩胡椒ハーブとビネガーで味付けする、とってもシンプルな料理。

 でも、野菜の切り方、炒める順番や時間で、でき上がりが全然違ってきます。



10500313_4412899017619_1590467315601201643_n.jpg

↑第1回


10509509_4425673816981_4959683765561323985_n.jpg

↑第2回


10505548_4455876212022_6191101700899308556_n.jpg

↑第3回



 3回とも違う感じ。私の好みは2回めですけど、どれも美味しかったんです。
 ちょっと柔らかい方が好きか、パプリカの歯ごたえが残ってるのが好きか、好みですよね。

 でも、自分がイメージする通りに仕上げるためには、シンプルな料理だけに、野菜を入れる順番が大事。そして、彩りと食感を残しつつ、ビネガーの酸味を飛ばして甘みが出るまで、火を通す時間などを加減する必要もあります。

 野菜と話し合いながら、何度もつくって、身体で覚えてくださいね。











テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

フルーツと生ハムのサラダ

2014年8月8日(金)


 デミキチ夏メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。

<フルーツと生ハムのサラダ>


salad.jpg



 デミキチでは、フルーツにプラムを使用。

10514614_4412900497656_8369383349399124857_n.jpg

↑第1回は、リコッタチーズを使いました。


10492330_4425673136964_1188147865850211142_n.jpg

↑第2回と第3回は、モッツァレラチーズを使いました。
 モッツアレラの方が、合うみたい。リコッタだと、味がぼやけてしまう気がしました。



10354938_4488886997271_8337218832417756537_n.jpg

↑これは、イチジクを使ったサラダ。
 



 フルーツを使うと、サラダがぐっと華やかになります。プラムやイチジクの他にも、メロンや桃など、いろいろ組合わせを楽しんでみてくださいね。
















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

エビのガーリックソテー

2014年8月6日(水)


 デミキチ夏メニューでつくったお料理を一品ずつ紹介していきます。

<エビのガーリックソテー>

10525916_4412891857440_264179131840465633_n.jpg


shrimp.jpg




 冷凍エビを使うときは、さっと茹でておきます。生のエビを使うときは、尾の先を切り、背わたを取って下処理しておきます。

 あとは、ニンニクの香りを移したオリーブオイルで炒めるだけ。味付けも、塩胡椒、好みのハーブでシンプルに。
 ポイントは、殻ごとバリバリ食べられるように、時間をかけてしっかり炒めること。そして、塩もしっかり効かせることです。


 簡単で美味しいおつまみです。レモンを絞って、召し上がれ!
















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

日曜日のごちそう:畑のプチトマトを使い切る!の巻。

2014年8月3日(日)


 久しぶりに総勢12名の大宴会でした。


6801_4488888997321_2198111647562620752_n.jpg


10393173_4488885437232_8429454057336133451_n.jpg

↑親方と私は、お昼から一足先に飲み始めて、皆が揃う6時くらいには、私は既にご機嫌でした。

 今までの経験から言うと、私の場合、ちょっと飲んでた方が、その場でアイディアもひらめき、味付けも大胆になって、料理にはプラスになることの方が多いのですが、今回はちょっと飲み過ぎていたせいで、思考力および想像力が空回りして、料理に関しては反省すること多々あり。

 それでも、大勢でワイワイと飲んで食べて喋って、とにかく楽しかった〜!


 ってことでこの日のメニュー、写真で紹介いたします。


↓まずは、サラダ2種。

10354938_4488886997271_8337218832417756537_n.jpg

↑イチジクのサラダ。
 ベビーリーフ、生ハム、モッツァレラ、ドレッシングはバルサミコソース。


10527329_4488886677263_7724804161986600987_n.jpg

↑グリーンサラダ。
 グリーンは、ロメインレタス、ベビーリーフ、畑のモロッコインゲン。ブラックオリーブ、かりかりベーコン、ゆで卵と一緒に。ドレッシングは、ヨーグルトソース。



10570561_4488886077248_3854089033434330440_n.jpg

↑ちなみに、今回のミッションは、手前のボールいっぱいの畑のプチトマトを使い切ること!です。


10552499_4488887437282_1572563380539182240_n.jpg

↑なので、カツオのカルパッチョも、ベビーリーフとプチトマトと一緒に、サラダ風に仕上げました。


10580131_4488887757290_7931070204633284734_n.jpg

↑ピザも、プチトマト。


10565035_4488889157325_5704793585172952341_n.jpg

↑メカジキのソテー、ガスパチョソース。
 こちらも、プチトマトとパプリカのソテーを飾って。


10517483_4488886637262_6410204677880255234_n.jpg

↑ムール貝とアサリのガーリックバターソース。
 こちらも、プチトマトとともに。


10470631_4488888117299_150404714065418099_n.jpg

↑パスタも、もちろんプチトマト。


10561827_4488888677313_970890799459234149_n.jpg

↑こちらのパスタは、きのこのラグー。

 今回の反省は、このパスタ2種に尽きます。
 トマトのパスタにリコッタチーズを使ったんだけど、残しても仕方ないと思って残りを全部入れたら多過ぎて、せっかくのトマトソースの爽やかさを台無しにしてしまいました。
 きのこのパスタは、残っていたブタヒレ肉のソテーを一緒にフードプロセッサーに入れて、しかも撹拌し過ぎてしまったので、完全なペースト状になってしまい、食感を楽しむことができませんでした。
 どちらも、トマトときのこの食材を生かしきれず、反省しております。シンプルに使うべきでした。



10300276_4488888797316_6187137438909818951_n.jpg

↑ジャガイモ、タマネギ、ベーコンのグラタン。
 バターと生クリームで濃厚に仕上げました。これは最高に美味しかった。


10310520_4488889677338_4605429385346903985_n.jpg

↑そして本日のメイン、シュークルート!
 給食みたいな、大きな鍋で大量につくりました。いつものブロックベーコン、スペアリブ、ソーセージの他に、骨付きロースハムの残り、ハモンセラーノの残りも使って、出汁でまくりです。
 これは、親方監修につき、毎度のことながら文句なしのできばえです。


1743693_4488888277303_3509398282958318861_n.jpg

↑日曜日のキッチンを仕切ったのは、オリーブちゃんとチカちゃん。3人揃うのは久しぶり。厨房の中も楽しかった!


10576994_4488889397331_1154657372747175318_n.jpg


10516657_4488889437332_7170987254883567575_n.jpg


↑この日は食卓に全員座れないので、キッチンのカウンターや、ソファや、ベランダや、それぞれ好きなところで食べました。


↓最後はデザート。

10487400_4488890517359_8835150364034640001_n.jpg


10590426_4488890237352_1142854770958208722_n.jpg

↑桃とチョコレートのケーキ。チーズクリーム添え。


10378079_4488890277353_8509872595090976770_n.jpg

↑なんちゃってミルフィーユ、アイスクリーム添え。デミキチ夏メニューのおさらいで^^;。


 そんな感じの日曜日のごちそうでした。

 美味しく、楽しい時間を共有できる仲間に感謝して、深い眠りにつきました。



 今日もご訪問ありがとうございました!

















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR