満50才になりました。Carpe diem !

2015年2月26日(木)


 本日をもって、満50才になりました。



 今日、実家に昔の写真を探しに行きました。

 実はちょっと前に、NAVERで「過去の写真と同じポーズで!タイムスリップ写真が素敵!」っていう特集を見て、今度ヨーロッパに行く時、30年前、大学生の時にヨーロッパで撮った写真と同じ場所で同じポーズで撮影しようと思い立ったからなのです。

 で、昔の写真や手紙や通知表(!)なんかが入っている棚をひっくり返して探していると、ヨーロッパの写真も見つかりましたが、他にもいろんな懐かしい写真が出てきたんです。



 その中でも、親方さえ驚いたのが、この写真↓。

10947247_663473073779021_5114345022591911041_n.jpg

↑ 15才、高校1年生のとき、ハワイのヒルトンホテルでフラダンスショーを見たときの、観光客向けコテコテ記念写真です。
 生意気でひねくれてたはずですが、顔はこどもですね〜。高校生に見えません。



 FBにアップしたところ、いろんなコメントをいただいたこともあって、私も新鮮な気持ちで昔の自分を眺めることができました。

 この頃の私は、自分が50才になるなんて、しかも人生がこんなにあっという間だなんて、全く想像すらしていなかったな〜。。。そう思った途端、若いとか、懐かしいとかよりも、時間の重さをずっしり感じて愕然としまたね。
 「光陰矢の如し」という言葉を当時の私は知っていたはずだけど、時間が経つってこと、大人になるってことが、言葉の上だけの現実でした。



 こんな時があって、それからまたいろんな時があって、はや半世紀。ほんと、速かった。

 それなのに、先輩たちの話によれば、人生の体感速度は、これからますます加速度的に速くなるらしいですから(汗)^^;、恐ろしいことであります。

 あのとき、人生がこんなにあっという間だと知っていたら、もっと大事に時間を重ねたのに、と今は思うけれど、もし今の私がタイムマシンで15歳の自分に会いにいって「あなた、あっという間に50才になるんだから、しっかり大事に生きなさいね。」と言ったとしても、やっぱり15才の生意気な私は聞く耳を持たないことでしょう。

 同じように20年後の70才の私も、きっと今の私に言いたいことはたくさんあるでしょう。

 時がきてわかることがあるように、その時わからないものは、わからないのです。


 「時間は残酷だ」とも言うけれど、私は逆に、一貫して「時間は平等」だと思います。誰にでも若い時があったし、誰でも年をとるし。同じ「今」は二度と来ないし。




 そんなことを考えながら、ホラティウスのラテン語の詩を読み返してみました。


Tu ne quaesieris, scire nefas, quem mihi, quem tibi

finem di dederint, Leuconoe, nec Babylonios

temptaris numeros. ut melius, quidquid erit pati,

seu pluris hiemes seu tribuit Iuppiter ultimam,

quae nunc oppositis debilitat pumicibus mare

Tyrrhenum: sapias, uina liques, et spatio breui

spem longam reseces. dum loquimur, fugerit inuida

aetas. carpe diem quam minimum credula postero.


『詩集』第1巻第11歌。(翻訳全文、興味のある方はネットで(カルペディエム)を検索してみてください。



 
 この詩は「今を生きる」(Carpe diem)という言葉で有名ですね。「カルペディエム」を座右の銘にしてる人も時々いらっしゃいます。
 

 私は、映画「今を生きる」を見て、この詩を初めて知りました。青春のイタさ満載のこの映画、親方は好きじゃないんだけど、私は二度と見たくないと思うほどに胸が痛くなったんですよね〜。名門お坊ちゃん学校の男の子たちの話で、スポイルされた甘ちゃんばかりだと言ってしまえばそれまでだけど、親や学校との確執、友情、恋愛、ってのは、時代や国や環境が変わっても、共通して青春の永遠のテーマですよね。とにかく、これ見て、この詩のこと調べて以来、ラテン語がわかるわけでもないのに、心に残っています。
 詩を暗誦したいけど、無理ですね〜。若いときなら覚えられたかもしれないけれど。


 心に残った詩を、10代の頃に暗誦できるほどに覚えたら、それは一生記憶に残って、心の糧となり、大人になった自分を助けてくれると思います。このブログを若い方が読んでるとは思えないけれど、もしいたら、ぜひ、好きな詩を愛してみてください。
 

 話にまとまりなくて申し訳ないけど、同窓会に行くと、楽しいこともあるけど残念なこともあります。私が残念だなと思うのは、目の前にいる同級生が「今」どんな大人になっているかが、見えない人たちです。相手がどんな大人になったのかってことに興味がない人たちです。それが先生だったりすると、本当にがっかりします。一方、今、お互いに成長した大人として、その人の本質を見極めようとする人とは、いい話ができます。

 どれだけ懐かしくても過去に生きることはできないし、今の自分たちは昔とは違うのだし、私たちが生きているのは「今」なのです。


 ってことで、Carpe diem ! の精神で、これからも一日一日を大切に生きていこうと誓った50才の夕暮れどきです。


 とにもかくにも、幸せな50周年を迎えられましたこと、この場を借りて、皆様に心より御礼申し上げます。いつも側にいてくれる家族、親方にも、母にも妹にも、ボッチャンにも、心から感謝です。

 そして、何かのご縁でこのブログを読んでくれている貴方にも、心から感謝です。

 皆様にも、私にも、これからますます、幸せがたくさんありますように。。。








スポンサーサイト

KOCHAB FRENCH(コカブフレンチ)でランチ。


2015年2月25日(水)


 デミキチ友達の麻衣ちゃんがFBにアップした写真を見て以来、行ってみたい〜!と思っていた本山のビストロ「KOCHAB FRENCH(コカブフレンチ)に行ってまいりました。


 麻衣ちゃんはバリバリ働くキャリア女子、やり手の秘書だけに、なかなか合わないオリーブちゃんと私のスケジュールをテキパキ調整してくれて、3人で食事会とあいなりました。しかも、その日が奇しくも我々の誕生日間近(私が2/26、オリーブちゃんが3/1)だったので、サプライズでお祝いまでしてくれました。気の配り方、さすがです。ありがたいですね〜。


11023270_10206275411594301_322239478_n.jpg


 では、お料理の写真です。皆で1500円のランチをいただきました。


11020330_10206275401634052_339838611_n.jpg

↑前菜。


11014720_10206275401994061_1562608530_n.jpg

↑メインのお肉料理。


IMG_1557.jpg

↑これは、私が頼んだメインのお魚料理。


11015411_10206275401954060_1831612926_n.jpg

↑デザート盛り合わせ。


 どれもきちんと美味しく、愛情を感じるお料理でした。こんな値段で楽しめるなんて嘘みたい。世の中、どうなってるんでしょうね〜。ありがたいことであります。

 ぜひ、また行きたいなと思うお店でした。今度は夜に行きたいな。



 麻衣ちゃんもオリーブちゃんも、本当にパワフルで元気で明るくて、お日様みたいな女性です。そして、そのエネルギーは周りをじんわり元気にしてくれます。これって、すごく大事ですよね。同じパワフルな人でも、周りの元気を吸い取るタイプのエネルギーの持ち主は、会うと疲れちゃうだけですから。

 その違いって何だろう?って思うに、やっぱり謙虚さがあるかどうか、かな。いい意味で、自分を疑って、常に自分を確かめながら生きてる人は、外に出てくる自信や元気なエネルギーは同じに見えても、内面の優しいエネルギーが違うんでしょうね。エナジーの懐が深い、って気がします。


 ってわけで、ちょうどひとまわり違う女性たちと3人で、いろんなことお喋りしながら、ほっこり楽しい美味しい時間を過ごすことができました。感謝、感謝。ありがとうございました。


 皆様には、怠慢な私のブログに根気よくご訪問くださり、本当にありがとうございます。








テーマ:食べ歩き! - ジャンル:グルメ

生誕50周年!前夜祭パーティ

2014年2月22日(日)


 私の誕生日は2月26日ですが、毎年お誕生日に近い日曜日に大好きな友人達とお祝いします。今年は22日の日曜日、私の大好きなビストロ『La Peche』にて、お腹いっぱい胸いっぱいな夜でございました。


10500348_10200262528562879_2254165884391947785_n.jpg


 このケーキ、よく見ればチョコレートプレートに『50th』って書いてあります。そうなんです、なんとワタクシ、50才、半世紀ですよ、奥様!
(今、変換したら「反省期」って出てきました。とほほ。私のiMac、説教くさいですなぁ。)

 
 半世紀を生きて、いろいろ思うところはあるのですが、お料理ブログなんで、まずはお料理ご紹介しますよ。


 あ、その前に、いつもの風景↓。


10868203_10200262502682232_1783581809775712821_n.jpg

↑今年も、シャンパンと赤ワインはジェロボム(あるいはダブルマグナムと呼ばれるそうな)サイズ。
 私なんて、飲ませとけばご機嫌なんです。


10940629_10200262507042341_2896676752324508947_n.jpg

↑この赤ワインは、結婚祝いにいただいた1995年のボルドー。下り坂ではありますが、妖艶な味わい。50周年にふさわしい飲み頃でございました。


10917298_10200262503682257_1399644455734255238_n.jpg

↑スモークサーモンの前菜。


10430825_10200262503842261_1235037840241913147_n.jpg

↑シャルキュトリー盛り合わせ。


10517952_10200262506882337_7020738386787760791_n.jpg

↑エスカルゴのオーブン焼き。ソースさっぱりして美味でした。


11025748_10200262512722483_1906871446831389616_n.jpg

↑ブイヤベース。
 このソースが美味しすぎて、バゲットを食べ過ぎてしまった人、多数。


10996996_10200262517802610_5625576775848439766_n.jpg

↑ラム肉〜! この美しいピンク色をご覧あれ。ラタトューユ添えです↓。


10987454_10200262517442601_4530727579922684351_n.jpg




10942626_10200262518642631_4428054114425338935_n.jpg

↑牛頬肉の赤ワイン煮込み。最高〜!


10387315_10200262519522653_7874308416148790428_n.jpg


↑ビーフステーキ!最後にこれ。で、全員ノックダウン。参りました。
 ほんと、お腹いっぱい。大大満足です。


1422443_10200262528162869_6792868942437288719_n.jpg

↑デザートのバースデーケーキもゴージャス! ラペッシュの皆様、ありがとうございました!


 ってことで、反省期(半世紀)を迎えての徒然ごと。

 大台に乗る年というのは、もちろんその時それぞれに思うところがあります。

 20才になるときは、ただ何となく「大人」扱いされる年齢になるのだなぁ。と。
 30才になるときは、結婚もしてなくて、もちろん子供もいないし、キャリアも中途半端で、先のこと何もかもが不安で、ものすごく悩んでいた時期でした。
 40才になるときは、結婚して落ち着いてはいたものの、まだまだ迷いがたくさんありました。
 それでも、この10年の間に、念願の引越しをして自分達の家を手に入れ、結婚10周年に二人でヨーロッパに出かけ、キャバレロ30周年を無事に終え、最後の一年で親方のCDをつくり、私は「デミーズキッチン」を始める機会をいただき、それなりに充実していたと思います。
 40才の誕生日、人生の大先輩から「40代を無駄にしちゃいけないよ、デミちゃん。40代は、心身ともに一番充実してるときだから。50を過ぎても人は成長できるけど、体力はどうしても落ちていくからね。この10年、大事にするんだよ。」と言われたのを、ことあるごとに思い出してきたおかげかもしれません。あの日に、あの言葉を頂けたのが幸せなことでした。

 そして今、50才を目の前にして、今までのいつよりも、自然な気持ちでいられる気がします。40代のうちに、自分の人生の大きな迷いはなくなったと思うのです。

 「論語」には「四十不惑(四十にして惑わず)」とありますが、私は孔子ではないので、五十にしてようやく「惑わず」の境地に立てたかなぁ、立てたかもしれない。と思うのであります。

 子供がいれば、子供の成長が目にも見えて、過ごした時間の確実な物差しになるのでしょうが、私にはそれがないから、自分なりの物差しを持って、しっかりと時間を心に刻まねばと思います。世の中の自分の立ち位置が見えない人間にならないように。(そういう人、いますからね。)


 今は寿命も長くなり、私の人生を1日の24時間に変換したら、まだ午後2時か3時くらいらしいです。一番暑い時間は過ぎたけれど、まだまだ夕暮れにも夜にも、それなりの楽しみがたくさん待っていると思います。

 とにかく、欲張らず、自然体で、今の自分の環境に感謝して生きようと思います。


「常に今に満足することはできなくても、常に今に感謝することはできる。」
↑これ、私の自作の座右の銘です。


10994167_10200262531122943_2811913865284077896_n.jpg


10985401_10200262531842961_6547940442424035126_n.jpg


 日曜日、親方と私とキャバレロを支えてくれる友人たちと美味しい楽しい夜を過ごして、こうして皆に囲まれることの幸せを噛みしめました。それは、年を重ねるごとに、本当につくづくと心に沁みます。言葉では表現できないけど、本当にありがたいし、感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。
 人生の宝物は、出会える「人」以外にないと思うのです。

 今さら「世の中のために」なんて大げさなことは言いませんが、自分の周りの大切な人にとって、役に立てる人間でありたいと、心の底から思った夜でした。

 そしてそして、一番近くにいてくれる親方にも、感謝を忘れず、これからも一緒に大切に時間を重ねていこうと誓った次第です。


10991356_10200262518842636_7407772009050288735_n.jpg


10250288_10200262509922413_1547597238766584567_n.jpg


 皆様には、いつもご訪問ありがとうございます。
 ブログを通して出会えた皆様も、私の宝物です。何卒なにとぞ、これからもよろしくお願い申し上げます。



テーマ:食べ歩き! - ジャンル:グルメ

日曜日のごちそう:冬のジビエ祭り

2015年2月15日(日)


 皆様、お久しぶりです。デミです。

 相変わらず、毎日、旅の準備に精を出しております。飛行機とホテルの手配はすべて終了。あとは、列車の長距離移動に限り、チケットを予約しておこうかな。というところ。

 ちょっと余裕ができて、英語とスペイン語の勉強にも集中できそうです。イタリア語は、スペイン語と一緒になって頭がこんがらがってしまうので、基本的なことをちょっとだけ勉強していくつもりです。そうはいっても、どれも中途半端、ペラペラには程遠いんですけどね。でも、現地の言葉をある程度勉強していくのは旅人の礼儀として必要なことだと思うし、それに、言葉って(もちろんペラペラに喋れたらストレスないんでしょうけど)知らない国へ行って通じるような通じないようなスリリングな感じが、それも一つの「旅」のおもしろさだと思うのです。だから、楽しんで勉強することにします。


 さて、久しぶりにお料理写真の更新。
 今回の日曜日のごちそうは贅沢なジビエ祭りでございます。


10953227_10200238113592520_7785119447799829091_n.jpg


 長野の友人が「今回は生で食べられる鹿肉を日曜日の朝一で届くように送ります。」と土曜日に連絡があったので、もう頭の中は、鹿のカルパッチョでいっぱい。
 そこで更に、岐阜県美濃加茂から送ってもらって冷凍してあった鹿肉と猪肉を解凍し、日曜日の夜は「ジビエ祭り」に決定!

10361382_10200238111512468_3207873806939747116_n.jpg

↑美濃加茂の猪肉をさばいているところ。
 肉を扱うのは、男衆。親方とセルジオが担当、脂や筋を処理して切り分けます。
 この猪は、ハンバーグにしようか煮込みにしようか迷ったのですが、結局赤ワイン煮込みに決定。


10980714_10200238111872477_8139289172811514236_n.jpg

↑長野から朝一で届いた鹿ヒレ肉!
 形は豚と一緒ですね。
 これはカルパッチョになりました。


10985474_10200238112432491_3555200863008837498_n.jpg

↑鹿肉のカルパッチョ。
 本来「カルパッチョ」といえば、魚ではなく肉のことらしいので、まさしく正しいカルパッチョですなぁ。
 味付けはいつも通り、塩胡椒、レモン、パルメザンチーズ、イタリアンパセリ、オリーブオイル。
 もぉ、最高〜〜!


10517468_10200238112672497_2936089355506352287_n.jpg

↑美濃加茂の鹿肉。
 こちらはステーキにすることに。写真は、塩胡椒、ローズマリーで下味をつけて、焼かれるのを待ってるところ。


10987681_10200238112792500_568482148247634070_n.jpg


↑こちらは、幸せなコンロ風景。
 手前右は、鹿肉のステーキ。左は、親方特製カシスソース。
 奥のルクルーゼでは、猪が赤ワインとトマトで煮込まれてます。


10421569_10200238119272662_4303189344647863869_n.jpg

10986719_10200238119192660_3441064618199376602_n.jpg



10421569_10200238113392515_1212643539922458344_n.jpg

↑ステーキが焼けたところ〜。ジャンボなお肉の下に、小さいお肉もいっぱい隠れてます。


11001798_10200238111352464_4760635931185422527_n.jpg

↑焼き加減は、美しいピンク色の、もちろんレア!
 まずは、そのまま食べて、鹿肉の味をかみしめ、次にカシスソースをかけて、これまた別物の味に浸る。贅沢このうえありません。


10988540_10200238113112508_6424568395903587539_n.jpg



 ジビエ祭り、最高!

 ってことで、本日もご訪問ありがとうございました。












テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

5月のスペイン〜イタリア旅行、企画中。

2015年2月2日(月)


 2月になっちゃいましたね〜。1ヶ月、何してたんだろう?!と不思議になります。そんなお年頃でございます。


 さて、ブログ更新頻度は下がるばかりでありますが、これには理由がありまして。


 今年、5月に2週間バルセロナ〜イタリア4都市を巡る旅を企画してます。いつものように、旅行会社に任せることなく、全部自分で手配しようと思っているので、毎日航空券の値段を気にしたり、ホテル選定のためにブッキングサイトを見比べたり、忙しいのであります。



 今回の旅の予定は、

 バルセロナ〜ミラノ〜ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマ。という予定でしたが、

 ミラノ、ヴェネツィアに泊まるのをやめてボローニャに泊まり、そこを拠点にミラノ、ヴェネツィアは日帰りツアーでもいいな。ということで、

 バルセロナ〜ボローニャ、フィレンツェ、ローマ。となるかもしれません。


 2月に入ってサーチャージが更に下がったし、出発日の3ヶ月前に近づいたからして、まずは本日、日本からの往復チケット(2都市周遊航空券)だけ買って、あとは追々考えようかと。

 バルセロナ〜ヴェネツィア、あるいは、バルセロナ〜ボローニャ、の片道航空券も手配しないといけないし、ホテルの予約もしないといけないし、一部の列車のチケットも手配しようと思っているし。


 そして、スペイン語とイタリア語の勉強にも精を出したいと思っています。



 そんなこんなで、ますます気まぐれ更新なブログになるかと思いますが、皆様に忘れ去られない程度には続けていく所存でありますので、よろしくお願いいたします。






<おまけ>

IMG_0198.jpg


IMG_0734.jpg


IMG_0203.jpg


 結婚10周年の記念にスペイン1周したのが、2009年。あのときは「これからは毎年来れるといいね。」なんて言ってたのに、もう6年も経ってしまいました。

 今年こそは、行ってまいります。
 皆様、我々の旅に役立ちそうな情報ありましたら、ぜひお知恵を貸してくださいませ。ヨロシクお願い申し上げます。


 (2009年の旅の記録はこちら。興味のある方は、どうぞ。ブログだから時系列がわかりにくいけど、カテゴリー選択して、読んでくんださい。)



 ではでは、また。

 こんな気まぐれブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。












 
プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR