カミのこと:和紙の靴下レポート&断髪ご報告

2016年1月30日(土)


 こないだの岐阜ツアーで買った美濃和紙の5本指ソックス↓。

FullSizeRender 4


 びっくりするくらい、とっても調子がいいのでご報告。

 薄いんだけど、冷えない。このところの寒さで、他のソックスやタイツを履いていると、ブーツの中で足先が冷えてカチカチになるんですが、これ履いてると、ずっと足の先が冷えないんです。ちょっと驚きです。

 紙って、すごい!ホームレスの方が、ダンボールや新聞紙で暖をとるのと一緒でしょうか。(違いますか、そうですか。)

 逆に、暖房が効きすぎていたりすると、ブーツの中で足がムレちゃうこともあるけど、これ履いてると、ムレることもなくて、いつもサラサラ。
 防臭効果もあるらしいです。

 自然素材だから、肌触りもいいし、本当に気持ちいい。

 私が買ったのは、「みの紙舞」というところの商品。
 

 と、私が和紙ソックス絶賛して探しているのを見て、親方いわく「ドンキホーテにも和紙の靴下、売ってたよ」。
 本当ですか?! どうなのかなぁ? 今度、買ってみます。そしたら、またご報告しますね。



<おまけ>


 バッサリ髪を切ってみました。

FullSizeRender_20160127193303dc9.jpg


FullSizeRender 2


 別に何があったという訳でもなく、ず〜っと同じ髪型でいると、何年かに一度、気分転換したくなるのです。今回は6年ぶり。かな。

 なんか、高校生の頃に戻った気がいたします。(戻ってませんか、そうですか。)


 まぁ、とにかく、鏡を見るたび、自分でも新鮮ではあります。また、このまま伸ばすことになるとは思いますが、たまには気持ちが変わって良いものですね。


 皆様も、良い一日を!











スポンサーサイト

休日のごちそう:続いてステーキ、今度は豚!

2016年1月25日(月)


 朝起きたら、やっぱり雪。

 白い、というのは気持ちが良いものですね〜。先週の雪がアイスクリームのようだとすると、今回の雪はシャーベットみたい。陽が射してくると、パウダー状の雪がキラキラ光ってきれいでした。(写真、撮っておけばよかったな。)



 さて、天気予報で雪とわかっていたので、昨日から引きこもりを宣言して、BOZZの散歩以外はどこにも出かけない作戦。

 本日のごはん、またまたステーキ。でも、前日は牛肉、この日は豚肉です。


FullSizeRender 4



 近所のスーパーで、すごく分厚い美味しそうな豚肉があったので、買って冷凍してあったのであります。時間をかけてしっかり中まで解凍して、クレイジーソルト、ブラックペッパー、ローズマリー、ニンニク、オリーブオイルでマリネしたのを鉄板で焼き、更にオーブンで火を入れました。


FullSizeRender 5

↑この写真が、一番ぶ暑さがわかりますね。


 いやぁ、シンプルな味付けで、豚の旨みを堪能いたしました。やっぱりお肉はこれくらいの厚さが欲しい! スーパーのお肉のカット、何とかしてもらえないかなぁ〜。薄いのが好きな人もいると思うけど、厚いのも好きな人がいるんです。カットの厚みバリエーション増やしてください、よろしくお願いいたします。


 他につくったのは、サラダ、目玉焼き、そしてパスタ。家にある缶詰グリーンオリーブと母の畑のキャベツと芽キャベツで、ニンニク、唐辛子、アンチョビ、ケッパーをアクセントにシンプルな付け合わせといたしました。このパスタ、親方に褒めてもらい、満足でございました。


 ちなみに、本日のワイン、スペインの『バサゴイティ・クリアンサ[2010]【赤】』。これは安定の美味しさです。



 実は、このワイン、2009年に親方とスペインに行ったとき、パルシェットのワイナリーを訪問し、試飲してとても気に入った銘柄。そのときは輸入されていなかったのですが、帰国してから輸入業者の方に是非にと頼んで、日本に入ってくるようになった思い出のワインなのです。懐かしいなぁ。


 なんて、そんな話をしながら、ワインもすすみ。。。


FullSizeRender 3



 寒い一日でしたが、幸せな食卓。ありがとうございます。

 皆様には、いつもご訪問ありがとうございます。









日曜日のごちそう:ステーキ!

2016年1月24日(日)


 満月の日曜日。

 お肉が食べたい!ってことで、またまたステーキ。この日は、私が焼きました。火入れ、上手にできて、美味しかったです。

FullSizeRender 3


 他にもいろいろつくったけど、フォトジェニックな出来じゃなかったので、写真はありません。えへへ。
 ちなみに、写っているシチリアの赤ワイン、ちょっとハズレでした。


FullSizeRender 5

 
↑獅子座の満月。(月を撮るのは難しい。)

 親方と二人で大きく明るい月を眺めながら、いただいた夜ごはん。静かな良い夜でした。


 深夜になって、雪がちらつき始め、翌朝には、氷のような雪がうっすら積もりましたが、それはまた、別のお話。



 ひんやり冷たい日が続きますが、気持ちを引き締めて、皆様、良い一日を!



夜カフェ:大須 bricolage -STEAMFOOD&CAFEぶりこ-

2016年1月19日(火)


 午後からお友達とお出かけ。

 そのあと、普段、親方と一緒には絶対に行かない夜カフェ体験。

 若宮大通沿いの大須 『bricolage -STEAMFOOD&CAFEぶりこ-』。商店街の中のぶりこは知ってたけど、ここは初めて。せいろで蒸したスチーム料理が人気メニューだそうです。


 なので、私は夜定食「農園野菜のせいろ蒸し」バーニャカウダソース¥1200↓をオーダー。


FullSizeRender_20160120171935af2.jpg


FullSizeRender_2016012017193798e.jpg


 ビーツや黒大根など、珍しいお野菜もあって、楽しい盛り合わせ。とことんヘルシーです。
 
 けんちん汁もとても美味しかったから、バーニャカウダソースじゃなくて、ストレートにポン酢とか白味噌ソースでいただいた方が美味しかったような気もします。

 同じ夜定食でお友達が「スチームハンバーグ」を頼んでいて、それも美味しそうでした。


 夜カフェの女子(魔女)トークは止まらない。のでありました。












2016年初雪、名古屋も積雪9センチ。

2016年1月20日(水)


 お正月からずっと晴天が続いて、どれだけ暖かいのかと思っていたら、月曜日に初めて雨が降り、ぐっと冷えて、そして今日は目が覚めたら真っ白の雪世界。


12509277_10201316925842152_2934029519181161635_n.jpg

↑晴れて青空が広がると、白い雪の世界との対照が清々しく美しい。好きです、この感じ。


↓朝起きたときはまだ降っていて、空は重いねずみ色。

FullSizeRender_201601201729248f5.jpg



FullSizeRender_201601201729253bd.jpg


 まるでモノクロのような世界。これはこれで、好き。


 都会の雪はあっという間に溶けてしまって、夕方のBOZZの散歩のときには、公園の雪は泥になってました。

FullSizeRender_20160120172926d4d.jpg


↑そこに白い鳩が数羽。

 この公園、ときどき白い鳩がいるのです。芝生の上や、砂場や、あるいは、イチョウの木の枝に。見つけると、なんとなく良いことありそうな、得したような気分になります。

 実際は、近くで白い鳩を飼っているようなのですが、そうとわかってはいても、やっぱり、きれい。公園で会えると嬉しくなるのです。

 今日も白い雪は消えたけれど、白い鳩を見つけてよし。といたしましょう。


 皆様の一日はいかがでしたか?


 いつもご訪問ありがとうございます。













雨の月曜日のごちそう:パテドカンパーニュほか。

2016年1月18日(月)


 名古屋では、今年初?のちゃんとした雨。ベランダの緑たちにとっては、恵みの雨となったことでありましょう。

 さて、今年から、日曜月曜を完全定休にした我が家では、雨なのでどこにも出かけず、残り物を駆使して、昼も夜もお家ビストロ。前日、母親が野菜を届けてくれていたので、野菜料理もたっぷりつくりました。


12540568_825018634291130_314095466734058547_n.jpg

FullSizeRender 6


お料理ご紹介します。

まずは、パテドカンパーニュ↓。

IMG_1866.jpg


お正月休みに久しぶりにつくったもの。そろそろ食べきった方がよさそう?なので、昼も夜も^^;。

FullSizeRender_20160119095201007.jpg

↑バルサミコソースをかけると美味しいです。
 付け合わせの野菜は、全部、母の畑から。ラディッシュ、ロマネスコ、ブロッコリー、ルッコラ。



続けて、自家菜園の野菜料理2種↓。

FullSizeRender 4

↑シンプルなグリーンサラダ。
 畑のルッコラ、チコリ、フリルレタスなど。


FullSizeRender 8

↑野菜のガーリックソテー。(すべて畑から。)
 茹でたブロッコリー、ロマネスコ、紫菜の花。オリーブオイル、ニンニク、バターでソテーしました。


FullSizeRender 3

↑本日のピザ。しいたけのピザです。


FullSizeRender 5

↑オーブンに入れる前。
 我が家御用達ニッポンハムの石窯工房「4種のチーズ」に、薄切りにしたしいたけを並べ、みじん切りにしたニンニク、荒く刻んだポルチーニのオイル漬け(瓶詰め)、ルッコラをのせて。味付けは、塩コショウとトリフオイルで。


IMG_1871.jpg

↑イワシの香草焼き。


FullSizeRender 9

軽く塩コショウしたイワシに、パン粉、ニンニク、粉チーズ、レーズン、クルミ、タイム、パセリを混ぜたものをのせて、皮面を鉄板で焼いてから、オリーブオイルをたっぷりかけてオーブンへ。美味でした。


FullSizeRender 10


 そんな感じの雨のビストロ。でした。

 夜は、メインに豚肉の白ワイン煮込みをいただいたのですが、写真がないので、また改めてご紹介いたします。


 ではでh、皆様、良い一日を!





テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

最近のいただき物など。ユズッチェロ、オリーブオイル2種など。

2016年1月15日(金)



 今年になっていただいた素敵なプレゼントご紹介します。


IMG_3137.jpg

↑自家製ユズッチェロ。

 岐阜ミステリーツアーに連れて行ってくれた大好きなお友達が、お庭でとれた柚子で、レモンチェロならぬユズッチェロをつくったといって、プレゼントしてくれました。
 スピリタスを使ったそうです。
 デザイナーらしく、可愛いラベルまでオリジナル。飲むのが楽しみです。お菓子にも使ってみたい。



FullSizeRender_20160114083448b46.jpg

Domaine de la Vernede

 南フランスの高級オリーブオイル。昨年いただいて、親方ともども、とても気に入ったと伝えたら、リピートで再び持ってきてくれました。
 香り高く、柔らかくまろやかな味わいです。ボトルのデザイン、ラベルの表情もいいですよね〜。テーブルに直接置けるお洒落なオリーブオイルです。




12552925_10201292268145725_1304654338711246839_n.jpg

↑オリーブ夫妻からお年賀のいただきモノ。
 静岡おでん(左)、スペインの美味しいオリーブオイル(中央)、謎の「うなぎコーラ」(右)。ありがとうございます。
 左右はとても気になりますが、ウケ狙いと思われますので(笑)、真ん中のオリーブオイルをご紹介します。



IMG_1733.jpg

Claramunt アルベキーナ
 スペイン産です。ミロの絵を思わせるボトルが、スペインの香りを運んでくれますね。色、香り、味わい、とにかく若々しいフレッシュなオリーブオイルです。封を開けてしまったから、美味しいうちに、この素晴らしい風味を味わい尽くしたいと思います。ありがとう〜!



<おまけ>

12417681_10201276687436217_8782944166965192109_n.jpg

↑我が家の新しい電子レンジ。

 お正月2日に、今まで使っていた電子レンジが壊れてしまったのです。前日、銀杏を爆発させたのが故障の原因ではないかと噂されていますが(^^;)、10年以上使っていたので、そろそろ壊れる頃であったと思われます。

 電子レンジって、ないと本当に困るので、すぐに新春セール中の電気屋さんに行って物色したのですが、今はオーブンレンジの種類はたくさんあれど、温めるだけの単性能のレンジは種類が少ないんですね〜。デザインにこだわってネットで探していては、お正月休みにレンジがなくて不便な思いをすることになるので、一番シンプルなデザインのフラットタイプを選びました。
 親方は、ミシュランのシール貼って、その気になってました。


 新しいモノが来ると、ワクワクしますね。


 皆様、今日もワクワク楽しい一日を!













友人の誕生日パーティ:岐阜の生ハム&ジビエで肉三昧の巻き。

2015年1月10日(日)


 1/11、ぞろ目生まれの友人の誕生日イブってことで、我が家でお祝いいたしました。

 ちょうど前日、岐阜ミステリーツアーで仕入れた生ハムや鹿肉が大活躍。メニューをご紹介いたします。


まず、サラダ2種。


12400851_10201292268945745_6854239425983128061_n.jpg

↑紫キャベツのサラダ&カプレーゼ。

 紫色は母の畑の紫キャベツとビーツをクルミとレーズンと一緒にドレッシングであえて、冷蔵庫で味をなじませておいたもの。その上に、カプレーゼ(トマトとモッツァレラチーズとバジル)をのせちゃいました。



12509605_10201292268705739_5908598327995559896_n.jpg

↑緑のサラダ。
 レタスとベビーリーフとスナップエンドウをシンプルドレッシング(塩コショウ、ビネガー、オリーブオイル)で味付け。その上に、エビとアボガドとゆで卵をマヨネーズドレッシング(マヨネーズ、バジルソース、レモン汁、オリーブオイル)であえたものをのせちゃいました。



オードブルは、岐阜で仕入れた肉類2種。

FullSizeRender_2016011219453600e.jpg

BON DABON の24ヶ月熟成『ペルシュウ金ラベル』。
 最初は、お友達に言われた通り、平たく薄く伸ばして、そのままを味わいました。後まで残るすんごい香りと、とろけるような食感。みんな、唸りました。素晴らしいです。


 そのまま食べた後は、バゲットにのせて、ハーブチーズやイベリコ豚のパテとともに、いろいろ楽しみました↓。

12509258_10201292269225752_1728534517645340333_n.jpg


12553077_10201292268425732_4193445243542373596_n.jpg


もう一つは、鹿肉のカルパッチョ↓。

12507366_10201292269785766_8325279186128482232_n.jpg

↑薄くカットして、塩、ブラックペッパー、レモン汁、パルメザンチーズ、パセリ、オリーブオイルで味付け。美味です。鹿は、本当に美味しいです。お店のおじさんが子鹿だと言っていた通り、確かに柔らかく、くせのない肉質でした。



12523896_10201292269385756_181860823245585568_n.jpg

↑パックから出した鹿肉は、こんな感じ。これは、ヒレの部位ですね。



もう一皿のオードブルは牡蠣です。この殻付き牡蠣は、前日に友人からいただいたもの。

12509041_10201292267465708_4105738070524857620_n.jpg

↑殻と格闘中の親方。
 牡蠣の殻を外すのは、男衆におまかせです。



11140345_10201292269305754_2104675719128024398_n.jpg

↑オーブン焼きにしました。
 ソースは、卵とマスタードの親方特性オランデーズ風。絶品です。




本日のパスタ。

12509303_10201292269905769_3012879991198791701_n.jpg

↑スペアリブの赤ワイン煮込みソース。
 親方がつくった秘伝のアウペアリブ赤ワイン煮込みと、私が前日につくったインゲン豆のトマトソースを一緒にしてソースにしました。もう、最高〜!


994717_10201292284506134_8269037476839581546_n.jpg

↑今回使ったパスタは、これ。『カラマータ』です。

 イカリングに見える〜!という声も。イカめし〜!とか言いながら、パスタのリングの中に炊飯器からお米を詰める人も。『イカめしならぬ、これが本当のイタめし〜』と大喜びしておりました。とほほ。



そして、メイン。

12495195_10201292270305779_1902784558207156298_n.jpg

↑我が家の定番、赤身オージービーフで男のステーキ。



12540887_10201292270225777_3169840781576042543_n.jpg

↑味付けは、塩コショウ、ニンニクとローズマリー。「親父の鉄板」で表面を焼いて。


12522967_10201292270265778_2286750639386000796_n.jpg

↑肉を焼いた後の鉄板で、ジャガイモにもしっかり旨味を染み込ませて。そのあと、一緒にオーブンに入れ、じっくり火入れしました。


 肉肉しい夜でありました。



FullSizeRender のコピー


最後はデザート。


12549071_10201292270785791_2487438396953466888_n.jpg

↑何にも準備してなかったし時間もないので、パネトーネを使って、皆で即席バースデーケーキつくりました。


12507457_10201292285266153_7795683081131887912_n.jpg

↑レモンチェロとアプリコットジャムとマスカルポーネチーズクリームを塗って、薄く切ったパネトーネを4層重ね、キウイとイチゴを挟みました。



12417614_10201292270865793_2870002896586928133_n.jpg

「お誕生日、おめでとう〜!」でした。


1916422_10201292267505709_1567746637872499324_n.jpg


 そんな感じの、日曜日のごちそう。でした。

 この連休終了をもって、本当にお正月気分も終わり。2016年本格始動ですね。張り切ってまいりましょう。


 今日も爽やかないい天気。上を向いて、お日様に感謝して、皆様、よい一日を!


 



 

岐阜ミステリーツアーその2:謎の店『美代ちゃん』から、モネの池、BON DABON、高賀神社の御神水まで。

2015年1月9日(土)


 <前からの続き


 レストランを出た我々は、また車に乗り込み、関の洞戸というあたりへ。まずは買い出し。


 IMG_3092.jpg

↑『美代ちゃん』という不思議なお店。

 途中、道沿いに「美代ちゃん」とだけ書いてあるのぼり旗がはためいていたのです。何のお店かは書いてなくて、ただ「美代ちゃん」っていうだけの旗。それだけでも謎であります。


FullSizeRender 2

↑まぁ、昔田舎には必ずあったよろず屋さんみたいなお店です。今でいうコンビニ的な?。

 表にはダンボール箱に入った野菜や果物が並び、店内には、お豆腐からお米から肉からお菓子から、何でも揃ってます。奥の方には、鹿の角とか、蜂やマタタビに漬けたお酒(焼酎?)とか、不思議なものもたくさんあります。楽しいです。

IMG_3091.jpg

↑商品にはそれぞれ説明書きが書いてあります(笑)。
 これは、デヴィ夫人オススメの『食べる唐辛子』。ついつい買ってしまいましたよ。
他にも、おじさんが、「奥さん、どこから来たの? 名古屋から? 名古屋から来た人は、みんなコレ買ってくよ〜。大人気なの。どこの道の駅で買っても、うちの倍はするんだから。」って言うものだから、なぜか長野産の『わさび昆布』まで買っちゃいました。


 他に買ったのは、

IMG_3138.jpg

↑お友達オススメの『黒にんにく』。5個入って¥1200なり。
 スモークしてあるから、そのまま食べれるということで、食べてみたら、中は本当に真っ黒、ねっちりしていて羊羹みたいでした。1日1片で疲れがとれて元気百倍のようです。


12523896_10201292269385756_181860823245585568_n.jpg

↑そして、鹿肉。これは、翌日カルパッチョにする前の図。
 ジビエがあると聞いていたので、「鹿肉ありますか?」って聞いたら、冷凍庫の中からいろいろ見せてくれました。「今うちに置いてあるのは、小鹿の肉だから柔らかいよ〜。臭いっていうのは、絞め方が悪いんだわ。うちのは、きっちり仕事してあるから心配ないよ〜。」とのこと。イノシシもありましたが、今回は鹿肉を2パック書いました。


 おじさんは、お友達のことを覚えていたようで、とにかく、いっぱい話しかけてくれます。誰にでもなんでしょうけど、おもしろ過ぎです。
 オマケ、って言って、着色料バッチリのお菓子を2袋くれました。田舎の人は身体にいいもの食べてると思ったら、大間違いですね。いまどき街なかでは売ってないようなお菓子がいっぱいありました。
 っていうか、健康を気にするのは不健康な都会人だけなのかもしれないね〜。と笑いながら、お店を後にしました。


 次に連れていってもらったのは、最近話題の「モネの池」
 なんか聞いたことはあったのですが。道路を入って、田んぼの奥にある神社の小さな池でした。


IMG_3095.jpg


IMG_3097.jpg

 ネットで検索すると、それは美しい写真がたくさんアップされているのですが、季節的にも私のiPhoneカメラでも、ちょっと厳しかったようであります。(興味のある方は検索してみてくださいね。)

 確かにお水は透明できれいでした。板取川から引いて流しているので、川と同じような透明度。鯉も水面に映っているかのように泳いでいて、睡蓮が咲く季節は、それは美しいことでありましょう。


FullSizeRender 3

↑モネの池がある『根道神社』
 いい佇まいのお社です。ちゃんとお参りしてきましたよ。

 この池がネットで話題になってから、観光バスでも見にくるそうです。そういえば、美代ちゃんのお店の前にも「モネの池の帰りは美代ちゃんへ」ってダンボール紙に書いてあったなぁ。 
 地元の人たちがずっと大切に守ってきた神社の池だということを忘れずに、我々観光客も敬意を込めて足を踏み入れたいですね。



 さて、神社を後にして、板取川沿いを戻る途中。

FullSizeRender 6


FullSizeRender 8


 川の色があまりにきれいなので、車を停めて、写真を撮ってしまいました。
 曇り始めていたのですが、それでも、きれいなエメラルドグリーンの水面に、山の緑がくっきり写りこむのですから、陽が差していたら、さぞかしキラキラきれいでしょうね。


 そして、BON DABONへ。日本のトップクラス、岐阜県が誇る生ハム工場です。

 お友達は、名古屋のレストラン(VICINI)でこの生ハムを食べて、ノックアウトされ、すぐにここまで買いにきたそうです。

FullSizeRender_2016011219453600e.jpg

↑24ヶ月熟成『ペルシュウ金ラベル』を100グラム書いました。他に18ヶ月熟成の『銀ラベル』もあります。
 写真は、半分食べた後です、こんな写真しかなくてごめんなさい。

 まるで生肉のようなピンク色。口に入れると溶けてしまいそうな脂、いつまでも余韻が残る芳香。素晴らしいです。
 パルマで10年修行したというオーナーは、豚にも塩にも厳しく、もちろん添加物を使わず、日本で本当に美味しい生ハムをつくりたい!という情熱あふれる職人さんです。
 柔らかく繊細なペルシュウは「日本の生ハム」って気がします。

 親方は、もうちょっと肉らしい噛みごたえが欲しいようで、かつ、天然だとわかっていてものアミノ酸の香りが強すぎるとのたまうのです。
 私は何と比べることなく、繊細な味わいと香りに大満足、口の中でとろける食感には驚きました。しかも、実際に足を運んだあの岐阜の山の中で、日本人の職人がこの生ハムをつくったということに感動します。

 ただ確かに、この柔らかさ、この淡い色、これが日本の豚や気候の賜物なのか、あえてオーナーが目指すところなのか、それもと日本人の「やわらか」嗜好に合わせた結果なのか、そこは興味あります。
 以前、神戸の(だったと思う)有名な職人さんの生ハムをいただいたときにも、やはり淡いピンク色、そして天然アミノ酸の香りが印象的だったのです。ってことは、やっぱりそれが「日本の生ハム」の特徴なんじゃないかなという気がします。チャンスがあったら、職人さんに直接聞いてみたいところです。


 さて、最後に立ち寄ったのは、高賀神社。

FullSizeRender 5

↑湧き水(ご神水)をいただきます。
 私は電車で行ったので、持って帰れませんでしたが、今度行ったときには、ぜひいただいて帰りたいと思いました。
 遠方からも、たくさんの方がこの水を汲みにくるそうです。


 モネの池も、湧き水も、どちらも神社の中にあるんですね。地元の人たちは、板取川の水とともに生き、水に感謝し敬い大切にしてるんだろうなぁ。と思いました。


 そんなことを感じながら、帰宅の途へ。

 帰りは急いで高速で帰りましょう!と、美濃インターを目指していたところ、夕日がきれいだなぁと外を見たら、『和紙とうだつの町並み』っていう標識が目に入り、路地に目を向けると、古い家並みの真ん中に、まさに黄金色の眩しすぎる太陽が沈もうとしているところで。

 ちょっと散歩しましょう〜!ってことで、また寄り道。

 お店はほとんど閉まりかけでしたが、お土産にこんなの買っちゃいました↓。


FullSizeRender 4

↑和紙の靴下。

 冷えないし、ムレないし、防臭効果もあるんだそうな。そして洗濯機でも洗えると聞いて、試しに買ってみました。どうかなぁ?



 ってことで、予定の帰宅時間を大幅に超えて帰宅。



 一日中、女同士のお喋りに花が咲き、初めての場所、初めての体験をたくさんして、あまりの楽しさに時間を忘れ、親方に電話するのも忘れていたくらい。


 誘ってもらわなかったら、いつものように、自宅から出ずに一日過ぎるところ、その気になって出かければ、一日がこんなに充実して楽しいんだ〜!、車でちょっと走れば、近くにこんな良いところがいっぱいあるんだ〜!と再確認。


 今年は、出不精を克服して、いろんな場所に出かけたいな。いろんな出会いがあるといいな。と思った土曜日でした。


 皆様も、充実した一日を!










岐阜ミステリーツアーその1:農家レストラン『Docilita Casalinga』

2016年1月9日(土)


 大好きなお友達に新年のご挨拶メール送ったら、すぐに、一緒にお出かけしましょう〜!とお誘いいただきまして。

 岐阜県という以外の行先は内緒、すべてお友達プロデュース、っていうミステリーツアー?に行ってまいりました。


 お天気は快晴。青空広がり、ワクワクしながら電車で待ち合わせの勝川駅まで。

 半年ぶりの再会。お互い大喜びでハイテンションで、きゃ〜、久しぶりぃ〜!とハグして、そこからは、お友達の車で、運転もお友達にまかせて、気楽な楽しい小旅行の始まりです。


 高速道路や41号線はつまらないから、ってことで、ナビの言われるがまま、ナビがなかったら絶対に二度と通れないって感じの田舎の下道をのんびり走って、辿り着いたのは、美濃加茂市山之上町の一軒家レストラン。


 道路を挟んで反対側は、田んぼと畑しかありません。レストランの前にも、小さな自家菜園があります。「柿」「梨」っていう手書きの看板もあっったので、本当の農家レストランですね。何の飾り気もないけれど、いい佇まい。期待が膨らみます。


 お料理は、旬の食材を使った、丁寧なお仕事で、野菜の滋味と愛情たっぷりのメニュー。大満足〜!期待を裏切らない美味しさでした。

FullSizeRender 7

↑ミネストローネ。最初にいただいたこれに、ガツン!とやられました。感動の美味しさです!野菜たっぷり、とろ〜りしてるんです。ワインのお供にも最高〜!
 お友達が運転してくれたので、私だけ、ワインいただいちゃいました。ランチワイン¥300なんですよ〜。ただ量が少ないので、次回はダブルで注文しようと思います。



FullSizeRender 6

↑イノシシのテリーヌ。美濃加茂のジビエ、最高です。
 左の黒いのは、バイオレットマスタード↓。粒マスタードをスパイスと一緒に寝かせたものらしいのですが、チャツネかジャムか?と思う甘みがあります。我が家にも常備しよう!と思いました。





FullSizeRender 5

↑私が頼んだパスタは、ネギとカラスミのアーリオオーリオ。シンプルで素材が引き立つ一皿でした。


FullSizeRender 4

↑お友達が頼んだパスタ。野菜とイクラのパスタ。(実際のメニュー名は違うけど思い出せない。)
 緑のお野菜たっぷりですね〜。見た目ボリュームも満点。でも、ちょっと無理があるかなぁ。美味しいんだけど、味の焦点がちょっとボケてる気がいたしました。


FullSizeRender 3

↑メインのサルティンボッカ。
 お肉よりも、付け合わせの紫タマネギのローストと、カリフラワーのグラタン風?に感動しました。
 どの料理も、野菜に力があります。


FullSizeRender 2

↑頼んだデザートは、インゲン豆のモンブランと、金柑ソースのパンナコッタ。エスプレッソと一緒にいただきました。
 どっちも美味しかった〜!お腹いっぱいだけど、頼んでよかった!
 
 他のデザートもみんな食べたくなる美味しそうなものばかりでした。行ったら、ぜひ、デザートまで堪能してくださいね。


FullSizeRender 8

↑お店外観。手前に畑があります。周りは田んぼと畑ばかり、「え、ココ?!」っていう、長閑な場所にあります。



FullSizeRender_201601111107176d9.jpg


↑お店の名前は『ドチリタ カサリンガ』。
「世話焼き女房」みたいな意味らしいです。


 お喋りしながら、あっという間に時間が過ぎてしまい。。。
 シェフがお料理してるところを目の前で見ることができるから、とカウンターを予約してもらったのに、お喋りばかりして、あんまりシェフの手元を見ていなかったなぁ。と今こうやって書いていて反省^^;。えへへ。

 しかし、とにかく大満足!のランチ。

 次のスポットへ急ぐ我々でした。<つづく












お正月休みの風景いろいろ

2016年1月3日(日)


 お正月3日は、ジュニアファミリーが遊びに来てくれました。

 この日以降、日本酒からワインへ完全移行。

 
 メインのお料理は、『イノシシの赤ワイン煮込み』。親方特製、元旦から仕込んで、毎日ことこと火にかけて、いい感じになってきました。

12400622_10201276654235387_2864865223310836372_n.jpg

 デミキチメンバーSanaBが岐阜県美濃加茂から年末に送ってくれたイノシシ肉。忘年会の時に、「マキちゃんが食べたい!って言ってたから、ぜひ一緒にどうぞ。」ってことだったのです。なんて、ありがたい(涙)。
 親方、その気持ちに応えるべく、はりきって、料理してくれました。そして、ちゃんとマキちゃんも食べることができ、ホロホロのお肉に感動してましたよん。
 ごちそうさま&ありがとうございました〜!


 他にも、ちょこちょこ料理しました。あんまり写真はないんですけど。。。


 12400804_10201276684276138_5758979547725429538_n.jpg

↑これは、豚ヒレ肉に、ニンニクとローズマリーを詰めてるところ。



FullSizeRender_20160107094223362.jpg

↑大きなサーモンは、ハーブ焼きにしました。玉ねぎとジャガイモと一緒にオーブンで。


10405608_10201276695436417_4454934410614311075_n.jpg

↑ブラックオリーブのパスタ、紫キャベツとビーツのサラダ、生ハムとルッコラのピザ、きのこのクスクス、レッドキドニー入りトマトソースなどなど。


 今年は、来るはずだったお友達が続々と体調を崩し、例年に比べて、少人数でのんびり過ごすことになりました。おかげで、私もキッチンにこもりきりじゃなく、皆と一緒にテーブルに座って食事できて。珍しいお正月の風景でありましたことよ。用意していた食材もいっぱい余ったので、翌週の連休に使うことにいたしましょう。
 

12439314_10201276683796126_2200740092109322891_n.jpg

↑実はこどもが苦手なBOZZも、上のお兄ちゃんにはビビることなく、懐いていました。
 それだけ、お兄ちゃんが落ち着いてきたってことですね〜。身長も既に140センチを超え、来年には私は抜かれてしまっているかもね〜^^;。ほんと、こどもが大きくなるのを見ていると、残酷なほど時間の物差しが目に見えるものですね。



10348_10201276683836127_4359336607423869091_n.jpg

↑わんぱくお姫様は、よく喋って、可愛い盛り。親方、メロメロです。
 ペンギンの写真を見て、「食べたい、食べたい!」と言いながら、手でつかんで口に入れてました。親方も一緒にペンギン食べてるところの図。



993846_10201276684236137_6237325682478929198_n.jpg

↑BOZZくん、お疲れさまでした。


IMG_1642.jpg


12400557_10201276683236112_2824495888196437508_n.jpg

↑上は、ジュニアとお姫様。下の写真はお嫁さんのマキちゃんと。デミキチでもお世話になってます。
 いつも、私も一緒に家族モードで楽しませてもらえることに、感謝です。



12438969_10201276662635597_2821379613235090049_n.jpg




12512584_10201276694996406_106456603935040320_n.jpg


 4日は、また友人たちと一緒に遅くまで盛り上がりました。

 
 最後の休日、5日は、親方と二人でひたすらのんびり。今年のお正月は、ぽかぽか陽気のなか、史上最高にゆっくりのんびりしたお休みでした。

 平和な日本に感謝。大好きな家族や友人と過ごせる幸せを噛み締めて、2016年も毎日を大切に過ごしていきたいと思います。

 皆様にも、私にも、ハッピーがいっぱいありますように。


 今日も良い一日を!


<おまけ>


FullSizeRender 3

FullSizeRender 2


 年末からお正月ず〜っと、皆が夢中になったチョコレートパズル。12ピースをはめるだけ、正解は千通り以上あるらしいんだけど、これが難しい!
 並み居る大人が挑戦しても、完成させれたのは数人のみ。
 それを、孫のお兄ちゃん(小学校5年生)が10分で完成させて、皆を驚かせてくれました。

 こどもって、すごいですね〜。
 


明けましておめでとうございます。

2016年1月1日


 明けましておめでとうございます。

 良いお天気に恵まれて、2016年が幸先よく始まりました。


 
1935872_10201276635834927_8325966811164443011_n.jpg



12494994_10201276635754925_7694464228799031886_n.jpg

↑今年も送ってもらったおせちから。
 大晦日の夜から明けて、熱燗でちびちび、やりました〜。



12510496_10201276635794926_2842205883604967721_n.jpg

↑元旦は、お雑煮。
 カツオだしのしょうゆ味。我が家は、お餅は焼かずにそのまま入れます。具は鶏肉、人参、里芋、餅菜のシンプルなお雑煮。かまぼこと鰹節をたっぷりかけて。


FullSizeRender 7


FullSizeRender 6

↑元旦の午後、BOZZの散歩をしながら、近所の八幡様で初詣。


FullSizeRender 5


12510500_10201276636114934_2065931003521406865_n.jpg

↑2日は実家の母が持ってきてくれたお寿司。またまた日本酒いただきました。


1426283_10201276636154935_534774779814105054_n.jpg

↑京都のお土産、縁起物の和菓子いただきました。

 以上が、今年の『和』なお正月風景でした。我が家に遊びに来てくれた皆様、美味しいお届け物くださった皆様、ありがとうございました。




 お休みのあいだ中ず〜っと、1月とは思えない暖かさ。

 ぽかぽか、平和に、大切な人たちと時間を共有できることに感謝です。

 今年も、日本が平和でありますように。世界が平和に近づきますように。

 皆様にも、私にも、愛と光と幸せがたくさん舞い降りてきますように。

4466927674b53d4d5a82bf8d84f6df15_s.jpg


 どうぞ、2016年もよろしくお願いいたします。




プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR