地球歴;時間を空間あるいは地図としてとらえるカレンダー

2016年2月20日(土)



 ナディアパークで行われた「地球歴」考案者;杉山開智氏のトークイベントに行ってきました。


FullSizeRender 16

↑会場で、2016年度の暦を買いました。こんなに立派な大事そうな装丁が。
 考案者の思い入れ、愛情を感じます。



 その中に書いてあった文章を引用してみますね。太字、赤線は私が付けたものです。

..........<引用はじめ>..........

新しい時代の羅針盤

  太陽系時空間地図 地球歴

地球歴は、太陽を中心にして、地球の一年を見ることができる暦です。

 。。。。。(中略)。。。。。

人の思想は違っても、天地の動きは同じであり、みなが同じ一日を生きています。私たちは限りある命を時間という法則性のようなものと一緒に暮らしていますが、まずは地球の動きに沿うことが、生きものにとって自然なあり方ではないかと思います。

 。。。。。(後略)。。。。。


..........<引用おわり>..........



IMG_3256.jpg

↑さっそく、我が家のトイレの壁に貼った地球歴。だいぶボケてますね、すいません。



 これは、北極星から見た太陽系の惑星の公転軌跡を描いた図です。円の中心点が太陽。地球は内側から3番目の円を、自転しながら、1年かけて公転しています。

 だから、1年365日を360度の円周に配置してあるのです。

 地球が太陽の周りのどこにいるか、その場所が「今日」になる訳です。

 仕組みはとてもシンプルです。
 

 でも、この地図を眺めていると、すごく想像力が膨らみます。


 地球は、なんと秒速463メートル(これは赤道での速度なので日本では約200m)で自転し、秒速30キロで公転しているそうです。私たちは、地球というものすごく速い乗り物に乗って、宇宙空間を移動しているのです。


 ってことは、時間を過ごすことは、宇宙を旅していることなのです!


 「今」は「現在地」、「未来」のある日を特定すればその「予定日」は「目的地」

 現在地から目的地へ移動する。その距離が時間


 このシンプルな暦で、時間を空間として捉えることができるのです。だから「地球歴は地図」なのです!

 この転換、実はすごいと思いませんか?



(って書いてから思ったんですけど、実は、もともと、暦とはそういうもので、古代の人は皆そんなこと知っていたのかもしれません。現代人が、カレンダーをただの数字の羅列にしてしまった時点で、人間は、地球の動きを体で感じることをやめてしまったのかもしれません。だとしたら、「転換」ではなくて「回帰」ですね。)



 この地図は、太陽と地球の距離を、正確に1兆分の一の縮図にしたものだそうです。10の12乗分の一、この地図の、地球と太陽の距離を1兆倍すれば、実際の太陽に届くのです。すごいなぁ。


 そして、この地図には、月の動きも美しい曲線になって、地球を回っているので、満月や新月も一目瞭然、さらに、太陽系すべての惑星の軌跡も確かめられるので、惑星の合と衡もすぐにわかります。


 毎日ピンを動かす楽しみもあります。そうはいっても、太陽から遠ざかるほどに公転周期は長くなって、土星29年、天王星84年、海王星165年なんてことになると、ほとんどピンは動きませんが。そういうのも、またおもしろいですよね〜。


 地球歴では、元旦が春分なので、このカレンダーを正確に使えるのは、まだ1ヶ月先です。

※なぜ春分が元日なのかというと、地球のすべての場所で、真東から太陽が昇るからだそうです。それって、なんかスゴイけど、でも、どういうこと?!と、頭の中で、地球儀を回してみましたよ。


 皆様もすぐにわかると思いますが、4分割した点がそれぞれ、春分、夏至、秋分、冬至です。古代文明の遺跡が、例外なくこの4つの時を特別に扱っていることからもわかるように、この二至二分を捉えること、太陽の軌跡を捉えること、それが文明の原点だそうですよ。

 さらにその間を2分割したそれぞれが、立春、立夏、立秋、立冬です。

 こうやって、季節を、幾何学的に円周上で捉えると、とてもわかりやすいですね。



 そうそう、杉山氏は「時間は角度」だとも言っていました。

 今日(現在地)から予定日(目的地)まで、あと何日と数えなくても、地球歴ではおおよその角度で捉えることができます。「あと30度」とか、「あと45度」とかね。

 これは決して目新しいことでもなくて、「目が立つ」「合いを知る」「丁いい」なんて言葉があるように、もともと時間と「度」には深い関わりがあるのだそうです。


 なるほどねぇ。


 とにかく、眺めているだけで楽しいです。


FullSizeRender 15


 太陽系の惑星だけでも、二度と全く同じ配置になることはないのだそうです。

 今日という場所は、唯一無二の地点。同じ地球にいる私たちは、みんな、地球という同じ船に乗り合わせている訳で、今この瞬間、宇宙という広大な空間の同じ一点に居るのです。
 「今夜、貴方と私は同じ月を見ている」っていうのもロマンティックだけれど、もっと壮大なスケールでロマンティックですね〜。


 地球は我々の大事な乗り物。今まで人が散々ひどいことして、傷だらけでも、ちゃんと、狂うことなく、壊れることなく、太陽の周りをきっちり一年で一周してくれてるんです。
 ありがたいですね〜。ほんと、ありがとうございます。


 ず〜っと家から一歩も出ないとしても、私たち、地球という乗り物で、常に宇宙旅行をしてるんですから。
 毎日変わる空の景色、太陽や月や星の眺め、雲だってそうですね、雨も雪も、ぜ〜んぶ、地球号の車窓から見える景色です。

 これで、「どこにも行けなくて、つまんない〜!」なんて言わずに済みますね。(済むかなぁ。済まないよねぇ(笑)。)もちろん、地球上を移動するのも、我々地球人の特権ですから、どんどん旅もいたしましょ。


 さぁ、皆様、今日も良い旅を!






スポンサーサイト

熟成肉のステーキ@Gottie's BEEF

2016年2月18日(木)


 ピカソ展を見に行く前に、たての街にある『Gottie's BEEF』に行ってきました。

 京都発祥の熟成肉専門店だそうです。「Gottie」は、どうやら「ごちそう」って意味みたい。


 ランチのステーキ丼は売り切れだったので、私はステーキ、親方はハンバーグを頼みました。


FullSizeRender 8

↑熟成牛のサービスステーキ¥1000
 我々好みの、お肉らしい赤身。美味しかったです。


FullSizeRender 9

↑スープ、サラダ、ご飯のせっと¥300
 

 ハンバーグの写真は撮り忘れ。親方いわく「我が家のハンバーグに近い」そうです。私も一口いただきましたが、確かに、食べ応えがありました。柔らかくなくて(笑)、「挽肉のステーキ」って感じ。美味しかったです。



 ステーキといえば霜降りって時代ではなくなって、嬉しい限り。赤身の熟成肉、万歳!なランチでした。



 








『ピカソ、天才の秘密』展、のちオアシス21散歩。

2016年2月18日(木)



 事務仕事に没頭して、ハタと気づけば、日曜日から今の今まで約5日、親方とBOZZ以外の人とは話してないじゃああ〜りませんか!


 誰からも電話もかからないしぃ。。。

 散歩やお買物には行ってるんですけどね。レジの人とは会話という会話じゃないし。。。


 ま、いっか。



 今日は、珍しく親方が外にいたので、お昼に合流。愛知県美術館の『ピカソ、天才の秘密』展へ出かけてきました。

 親方と二人で美術館なんて、何年ぶりだろう?


FullSizeRender 7


 ピカソのこと、映画やドキュメンタリーなんかでは見てましたよ。でも、女性とのいろいろ、豪快な生き方、絵画の世界に残した圧倒的画期的な足跡、普通に誰でも知ってることしか知りませんでした。

 マドリードで『ゲルニカ』だけは見たけれど、バルセロナでもピカソ美術館には行かなかったし。恥ずかしながら、ピカソの絵を、じっくり見たことはなかったかも。



 今回は、少年時代、青の時代、バラ色の時代、キュビズムとその後、4つに分かれて展示されていました。

 「少年時代」からは、その天才ぶりが。

 「青の時代」からは、その感受性が。

 「バラの時代」からは、落ち着いた優しさが。

 「キュビズムとその後」からは、才能が臨界点を超えた極限の世界を感じました。



 特に、青の時代の人物画は、哀しみを湛えたような深い青のグラデーション、それとは対照的に何かを訴えかけてくるような目と表情に、吸い込まれるようで、どれだけ眺めても飽きませんでした。

 本人は後に「青の時代は、『感傷』以外の何ものでもなかった。」と語ったそうですが、傷つきやすく感受性豊かな若い時代は誰にでもあるからこそ、その「感傷」が見る者の胸に響くのかもしれませんね。



 また、ピカソは「私が作品を描くのは日記を書くようなものだ。」的発言をしたそうです。

 今回初めて知ったのですが、確かに、ピカソは常に目の前のものを描いています。風景、人、静物、花、サーカス、鳩、、、。神話や、象徴的なテーマを題材にすることはあまりなかったようです。(間違ってたらごめんなさい。)

 今日の絵をみて、ピカソは、キュビズムから後も、決して抽象絵画を描くには至らなかったのだと思いました。私が勝手に思っていたような、抽象画家ではなかったのです。(専門の皆様には当たり前すぎたり、間違ってるかもしれませんが、私感ですので、ごめんなさい。)



 キュビズム以降の絵も、その対象はタイトルにある通り、「テーブル」「果物皿のある静物」「ギターのある静物」「男と犬」「母子像」「新聞とグラスとタバコの箱」「ブルゴーニュのマール瓶、グラス、新聞紙」、、、。ね、目の前にあるものをひたすらに描いていたのです。

 「黒の十字」「赤の正方形」「境界」「印象」みたいな、哲学か幾何学かというような抽象的なタイトルやテーマは見当たりません。そういう絵なら、何かを連想して楽しむこともできるのですが。

 ピカソは、原則、現実にあるもの以外は描いていないのです。


 そこで、私は、ハタと考え込んでしまいました。

 天才ピカソは、キュビズム以降も、いわゆる「ふつう」のものしか描いていなかった。ということは、どういうことなのか。


 ピカソが天才だと言うのが常識だから、彼の絵を世界中の人がありがたく見るけれど、正直なところ、キュビズム以降の作品を見ても、ほとんどの人が「何じゃ、こりゃ。」ですよね。


 私も「何じゃ、こりゃ。」なんですけど(だってピカソが何をしようとしていたのかわからないんだもん)、でも、本物の絵を今日眺めてみて、よくわからないけど、目が離せないんです。(スガダイローのピアノみたい。あ、ダイローちゃんのこと、褒めすぎか。)


 青の時代の絵と同じように、吸い込まれるような何かがあるんです。

 それは、いったい、何なんだろう?!と、考え込んでしまったのです。


 いくら、専門家が「天才」だと言っても、やはり見る人に訴えるものがなければ、ここまで世界中を夢中にさせることはなかったのではないでしょうか。

 キュビズムを「形態上の極端な解体・単純化・抽象化」と定義するなら(wikipedia)、ピカソはデジタル化を先駆けたのでしょうか?

 あるいは、ピカソには、実際にものがあのように見えたのだろうか?

 もともと3次元を2次元に写す絵画は、2次元で3次元らしく見えることを目指していたのに、3次元の現実を2次元に変換して、それをそのまま2次元に表現しようとしたのなら、ピカソには、3次元と2次元の境目、次元の裂け目が割れたり動いたりくっついたりするのが、見えたたのではなかろうか?
 あ、でもキュビズムを「立方体主義」と訳すなら、3次元を表現してるの? 訳わかんない。


 とにかく、ピカソには、私たちが本当は知っているのに見えないものが、見えたのだろうか。

 理解できなくても感じるものが表現されているのでしょうか。

 そうでなければ、何が、見る者の心に訴えるのか。


 ピカソ、天才の謎。


 謎は、深まるばかりです。


<追記>

 帰ってきてから、「抽象絵画」と「キュビズム」について調べてみたら、ウィキペディアに「ピカソもブラックも、キュビスムから抽象に向かうことはなく、具象にとどまった。」とありました。


 



76cdcae39b247490efe2a1d94501fd7d_s.jpg


 そんなことを考えた後、オアシス21を散歩して、親方は直接お店に行くというので、私はまた一人で帰宅。なんか、一緒に住んでなかった頃のデートみたいで新鮮でした。なんちゃって。


 今夜は月がきれいに見えるかな。

 皆様も、良い夜を。




夜のお出かけ、牛ヒレ肉✖️ワイン食堂@Meat Ble

2016年2月10日(水)


 ここのところ、確定申告のお仕事、頑張ってます。なんか、今年は集中力があるような気がしてます。


 そんななか、オリーブちゃんと、夜のお出かけしてきました。1週間以上前だけど。。。


 名古屋市東新町の『Meat Ble』(ミートブル)というお店です。



42568.jpg

↑牛ヒレ炭火焼 ¥890なり。安い! いい赤身のお肉です。


42566.jpg

↑おつまみ。


42565.jpg

↑牡蠣ときのこ。これも美味しかった!


 お店の中は「食堂」って感じの気軽な雰囲気。安くて美味しくて、大満足でした。



..........................................................................

 実は、ここの前に、知り合いのおでん屋さん(『りんどう』)にも行ったんですけど。。。



42567.jpg

 そこでは、日本酒がこんな器で出てきました。

 青森のお酒を飲み比べました。銘柄は忘れちゃいました。ごめんなさい。


42563.jpg

 オリーブちゃん、ありがとう!

 女同士のお酒は楽しいね〜。

 はしごして、よく飲んで、喋って、笑って、いい夜でした。


 皆様も、良い一日を!





真っ赤なカレー:ビーツを入れたら、こんなになりました。

2016年2月10日(水)


 日曜日につくったミネストローネが余ったので、母の畑のビーツを入れたら、真っ赤になりました↓。

FullSizeRender_201602111507020de.jpg

↑なんか、ラズベリーのジャムみたいですね。



IMG_3224.jpg

↑そして、今日はカレーにしてみました。スパイスやカレーパウダーを入れても、ビーツの赤は揺るぎありませんでした。赤いカレー、不思議な体験でした〜。



FullSizeRender 4

↑デザートは、コストコのアップルタルト。
 初めて買ってみたけど、親方が喜んで食べてました。残りは冷凍しなきゃ。



<おまけ>

FullSizeRender 3


 この日、朝早く目が覚めたら、東の空がとってもきれいでした。

 よく見えないかもしれないけど、明けの明星がキラキラ輝いてました。じ〜っと見ていたら、周りの見えないはずの星々が、パチパチパチッ!と、一瞬光って姿を見せてくれましたよ。宇宙は美しくて楽しいですね〜。


 結局、そのまま起きていて、確定申告の事務仕事でもすればいいのに、結局、本を読んだり、ネットサーフィンしたり。。。

 確定申告の時期になると、ブログの投稿数も増えるという。。。。いつもながらの現実逃避の日々であります。


 今日は頑張るぞ!


 皆様も、良い一日を!



 









 

自家菜園の野菜たち:冬から春へ移りゆく深い色合い。

2016年2月8日(月)


 月曜日、雲一つない青空。気持ち良い朝だったので、急遽、コストコまで買い出しに行くことに。


 帰りに実家で母の野菜をたくさんもらって帰ってきました。


FullSizeRender 2

↑実家のデッキに並べた野菜たち。

 この季節らしい、シャビーシックな彩りですね。自然に勝る芸術はありません。

 ママ、いつもありがとうございます!



 私も、そろそろ、ベランダのプランター、春の準備をしなくては。。。




FullSizeRender_20160210061955598.jpg


 BOZZと一緒に、コストコ海岸の散歩もしてきましたよ。

 
 海の水がきれいに見えました。日本の周りの海も、だんだんきれいになっていると信じたいです。


12715267_836080853184908_8405330288139301714_n.jpg

↑親方は、海をバックにすると、龍馬の気持ちになるらしい。



 そんな休日でした。


 皆様も、良い一日を!


 







骨つきラム肉のオーブン焼き!

2016年1月7日(日)



 日曜日、久しぶりにラム肉、いただきました。


FullSizeRender_20160208080047ab8.jpg


11138147_835609893232004_6313241426361173739_n.jpg

↑塩コショウ、ニンニク、ローズマリー、オリーブオイルを、お肉の両面に手でこすりつけマリネ。
 鉄板で焦げ目をつけてから、オーブンでじっくり火を入れました。

 美味しかった〜!




<おまけ>

FullSizeRender_20160208080048a03.jpg

↑「アレッタ」。

 近所のスーパーで、見たことない野菜を発見したので、さっそく買ってみました。ブロッコリーとケールをかけあわせたものだそうです。

 味が一番わかるかなと思って、シンプルに、茹でてソテーしてみました。

 ケールのクセや苦さは微塵もなくて、茎ブロッコリーか、あるいは菜の花みたい。甘くて美味しかったです!



 我が家は、もう一日お休み。いいお天気が続いてますね。


 皆様も、良い一日を!


 

20年ぶり?!名古屋名物あんかけパスタ@サヴァラン

2016年2月5日(金)



 名古屋めしの中でも、好き嫌いが分かれる「味噌カツ」と「あんかけパスタ」。味噌カツは、味噌ソースが甘くて食べられないという人多し。あんかけパスタは、あれはパスタじゃない!と怒る人多し。

 気持ちはわかります。でも、あんかけパスタは、「パスタ」と思って食べてはいけませんよ。これは、「あんかけパスタ」という名前の麺料理です。

 一方で病みつきになるファンも多いという、まぁ、どちらにしても、名古屋が誇るジャンクフード、「あんかけパスタ」。


 私も、学生の頃は『チャオ』によく行ったものですが、大人になってからは、とんと食べた記憶がない。少なくとも20年ぶり以上の「あんかけパスタ」。


 今回は、親方が若い衆と半年に一度くらい行くという『サヴァラン』に初めて行ってきました。(お店のエアコン工事の待ち時間、ささっとランチを済まさなければ、という状況だったのです。)


  普通に頼むと、かなりのボリュームなので、小盛りにしました。


FullSizeRender_2016020807331864b.jpg

↑私が頼んだ『ピカタ』。


FullSizeRender_201602080733168f4.jpg

↑親方が頼んだ「ベーコンエッグ」。

 写真、どっちも一緒じゃないですか〜?!ま、あんかけパスタはそういうものですね。基本、ソースは一緒ですから。



 
 20ねんぶりのあんかけパスタの感想は、意外と(失礼)美味しかったです。ここのソース、胡椒が効きすぎることもなく、ちゃんとトマトの風味がしました。

 親方がいつも頼むという「ベーコンエッグ」はおすすめです。

 私、次回は、卵5個使うというボロネーズに挑戦してみたいと思いました。



 「ヨコイ」や「そーれ」が有名ですが、あんかけパスタ好きな方は、こういう小さなお店で食べてみるのもよいのではないでしょうか。



logo.gif

あんかけパスタ サヴァラン
愛知県名古屋市中区東桜2-22-22 曙ビル1F
052-932-2185










テーマ:食べ歩き! - ジャンル:グルメ

節分:明日は立春。暦の上では今日で冬はおしまいなり。

2016年2月3日(水)


 今日は節分

 立春の前日、季節が変わる節目の日。暦の上では、今日で冬が終わるのですね。

 まだまだ寒いけど、確かに日差しは春めいてきたような。。。


 2月の春は、私のイメージでは緑。(3月、4月になると、ピンクなんですけどね〜。)

 まだ花は咲かないけれど、緑があちこちで芽吹く、春の赤ちゃん。春の夜明け。みたいな感じ。


d6a6a2a561e4fcf7a43cbcb8519acf2a_s.jpg



   石走る 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも


 いわばしる たるみのうえの さわらびの もえいづるはるに なりにけるかも。

 この歌は、中学時代、万葉集の歌を一人一つずつ与えられて、その絵を描く。という国語の授業で、私に与えられた歌なんです。

 おかげで、この季節、よくこの歌を思い出します。


 和歌というものは、絵のように、写真のように、言葉で景色を切り取るものだ。と、先生がおっしゃっていたのを覚えています。もちろん、季節の景色です。そして言葉は「音」だから、リズムもとても大切だ、とも。

 大人になって、その意味の深さをしみじみ感じます。


 ときどき、某お茶のペットボトルのラベルに印刷された歌を読むと、和歌の命が何もなくて、寂しくなりますな。俳句、短歌、川柳、標語、その違いさえわかっていないような。。。。とほほ。


 日本人たるもの、言葉遊びには風雅がなくてはなりません。

 同じ五七五でも、「標語」なんてものは、世の中から一切合切、なくなっていただきたい。そう思っております。



spring.jpg


 話が逸れましたが、今日は節分。


 明日から春。気持ちをスッキリさせて、新しい季節を迎えたいものですね。


 要らないものを感謝して手放せば(鬼は外)、幸せは自分の内側に既にあります(福は内)


 幸せをわざわざ外から呼び込もうとしなくても、恵方巻きをかじってもかじらなくても(笑)、最初から既に全ては内にあります。

 
 ってことで、皆様、良い一日を!



fefb8de21cfa98e375e8a3c09c1638e6_s.jpg

  ふきのとう、食べたいな。


S&B 北インド風ほうれん草カレー。と、付け合わせ。

2016年2月2日(火)


 もう2月。
 早いですね。早過ぎる〜。私の周りの時空は歪みすぎてるんじゃぁないかと思う今日この頃。皆様、いかがお過ごしですか?


 さて、昨日のお昼ごはんに食べたレトルトカレーのご報告。

FullSizeRender 5

↑S&B 北インド風ほうれん草カレー。
 初めて食べました。「北インド風」だから、なんとなく本場っぽい辛いイメージだったけど、とてもまろやかなカレーでした。カレー、っていうより、ソースな感じ。チーズもたっぷり。このままお魚のソースにもなりそうです。



FullSizeRender 4


 付け合わせは↓、


FullSizeRender_201602011543532b3.jpg

↑カプレーゼ。
 枝付きのトマトだったので、見た目重視な盛り付け。食べにくいんですけど^^;。
 小さなモッツァレラチーズと。下に敷いてあるのは、母の自家菜園の水菜。



FullSizeRender 2

↑帆立の貝柱のバターソテー。
 菜の花のソテーを敷きました。なんだか、やっぱり中華風に見えちゃう。
 この貝柱、ほうれん草カレーと一緒に食べたら、美味しかった。



<レトルトカレーとか、インスタント食品とか、添加物のこととか。>

 皆様ご存知のように、私、レトルトカレーが好きです。

 もちろん、レトルトじゃないカレーもつくりますよ。お肉の赤ワイン煮込みとか、トマトソース煮込みなんかをつくって、余るとたいてい、スパイスやカレーパウダーなどを適当に入れてカレーにします。そして、タッパーに入れて冷凍しておきます。マメに1食分ずつパックすればいいんですけど、面倒でタッパーに入れちゃうものだから、結局、皆が遊びに来たときの夜食にすることが多いのです。

 だから、そういう自家製カレー?とは別に、平日の手抜きランチには、レトルトカレーをよく食べます。いろんなのがあるから、スーパーのレトルトカレー売場を眺めるのも好き。


 そりゃ、自家製カレーの方がいいし、野菜は化学肥料を極力使わない有機栽培の方がいいし、添加物もないほうがいいし、出汁もインスタントより一手間かけた自然素材の出汁の方がいいに決まってます。
 お菓子も、大手メーカーの売上第一主義のものより、自家製か、そうでなければ素材を厳選したものをいただきたい、とは思います。

 なるべく、そういう方向に向かうべきだと自覚はしております。基本的な栄養知識、自然回帰を志向する姿勢は大切だと思います。


 でもね〜、あんまり考えすぎてヒステリックになるのもどうかなと思うのです。

 ベジタリアンな人はそれでいいし、添加物いっさいダメな方はそれでいいし、発がん性物質をすべて拒否する方はそれでいい。牛乳ダメ。なら、飲まなくていい。本人がイヤだと思うものは摂らない方がいいに決まってます。
 巷では、食に関する陰謀説までまことしやかに囁かれ、私もそれが全くの作り話だとも思いません。
 

 しかしそれでも、結局、何を食べるか、よりも、どう食べるか。ではないでしょうか。

 感謝して、美味しい!、楽しい!、と思って食べることが一番だと思います。素材に感謝して、お肉や野菜と語り合うように、心を込めて料理すれば、どんな食材でも大丈夫な気がするのです。コンビニ商品でもインスタント食品でもなんでも、こんなに便利で美味しいなんて!と感謝していただけば、基本、ちゃんと身体の栄養になると思うのです。


 あんまり細かいことを気にして、食材を悪者にするより、どんなものを食べようが、私は、身体の力を信じます。唾液や内臓の消毒解毒作用など物理的なことはもちろん、食べるときの意識の作用を信じます。


 フェイスブックなどのSNSで、「これは食べてはいけない!」的な記事がシェアされているのをよく見かけますが、その情報の質たるや、まさに玉石混交。本質を見極めて、自分が納得できる食生活をしたいものですね。
 


 っていう、ひとりごと。でしたとさ。


 さてさて、今月は私のお誕生日月間。張り切ってまいります。

 皆様も、良い一日を! 














プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR