桃のムース

2017年8月9日(水)



日曜日につくった桃のデザート。


20604455_1808722552473077_165011470098392467_n.jpg


ちゃんとした写真がなくて、すいません。


つくりかた:

1)桃の缶詰を1缶全部(果肉もシロップも)、牛乳100〜150mlをミキサーにかける。
  味見をして、もっと甘いほうが好きなら、砂糖やシロップを加えてください。

2)容器に入れ、お湯に溶かしたゼラチンを加えてよく混ぜ、冷やし固める。
  ゼラチンは、少しやわらかめの分量が私の好みです。お好みで調整してください。

3)マスカルポーネチーズ、(マスカルポーネチーズの2/3くらいの)ヨーグルト、(好みの量の)砂糖を混ぜる。

4)盛り付ける。
  グラスに、アイスクリーム、2の桃のムース、3のチーズクリーム、を交互に入れる。
  生の桃をカットしてのせ、ミントを飾る。

  私は、さらに MONIN の桃のシロップをかけました。


     is.jpg


桃の季節にぴったり。簡単、美味しい、ひんやりデザートです。


スポンサーサイト

喜び上手は幸せ上手:「美味しい〜!」という言葉の力

2017年8月8日(火)



2年くらい前までは、ほぼ毎週日曜日は、誰か彼かを呼んで、お料理していたけれど、年令のせいでしょうか(笑)、夫婦ともども日曜日はゆっくりしたいと思うことが多くなり。。。

そんな今日この頃、こないだの日曜日は、本当に久しぶりにたくさんお客様を迎えてのホームパーティでした。


やっぱり、大勢でワイワイするのは楽しいなぁ〜。と、心から思いました。
大好きな仲間たちと一緒にお料理しながら、飲みながら、食べながら。
たくさん笑って、たくさん喋って、遅い時間には無礼講で。
気心知れてるから、それでも笑顔の絶えない時間は至福です。


そして何より、今回改めて思ったのは、「美味しい〜!」という言葉の力。


e0034141_18413058_20170808200725d5e.jpg



皆様、ふだん、お料理してくれる人、母親や奥様に声をかけてらっしゃいますか?

ホームパーティに呼ばれたとき、ホストに直接感謝の言葉をかけていらっしゃいますか?

レストランや、食堂でも同じです。最後に「美味しかった〜!、ごちそうさま〜。」と声をかけてらっしゃいますか?

もうすぐお盆。
実家に帰ったら、親や、実家のお嫁さんに、ねぎらいの言葉、喜びの言葉をかけてらっしゃいますか?



11825210_10200829480656327_7938869652754664382_n_20170808201517955.jpg



我が家のパーティは、ホストもゲストもなく、皆に手伝ってもらって一緒に料理しますが、それでも一応、私はメニューを考えたり、料理の手順を決めたり、盛り付けたり、いろいろ仕事は多いです。

料理しながら、私も飲むし、つまむけれど、人数が多くなれば多くなるほど、キッチンで料理してる時間は長くなります。

私は料理するのが好きだし、キッチンにいるのが楽しいから、それでいいんですけど。


食べてる人がデミさん、これ美味しい〜〜!」「これ、最高〜!とキッチンに声をかけてくれれば、それだけで本当に簡単にご機嫌になるし、疲れはふっとび、もっと喜んでもらいたい!もっと褒めてもらいたい!ってモードになります。

人って、本当に単純です。
その場で、「美味しい!」「すごい!」「きれい!」「美味しそう!」「ありがとう!」と、本当に嬉しそうな顔して声をかけてもらえれば、報われるんです。


もちろん、翌日のありがとうメールも嬉しいです。

でも、その場で本当に喜んでくれて、「美味しい!」「ありがとう!」って言ってもらうのが、一番嬉しいのです。
それだけでいいんです。

一生懸命つくったのに、おしゃべりに夢中で、お料理のことを一言も言ってもらえないと、本当にがっかりします。

何も言わないことが問題ない証拠かもしれませんが、誰だって、いつだって褒めてもらいたいんです。


19149113_1000364990066560_7261512502469393058_n_20170808201844cf0.jpg



いろんなお客様がいらっしゃいます。

当然、「美味しい!」ってその場で言ってくれるお客様のほうが、私にとってはいいお客様です。

黙って食べて、自分の話ばかりして、そのまま帰っていく人より、印象がいいに決まってます。

たとえ、高価な手土産を持ってきてくれても、翌日丁寧なお礼のメールをいただいても、それより何より一番嬉しいのは、その場で本当に喜んでくれる人です。

もちろん、お世辞なら言う必要ありません。
だけど、褒めれるところを見つけて褒めてくれて、本気で感激してくれると、それだけでご機嫌になるのが人情です。


そういう人を、私は「喜び上手」と呼んでいます。
喜び上手な人を見ると、「あぁ、こういう人って、皆に愛されるよね〜。」と思います。
そして、もっともっと、何かしてあげたくなるのです。


喜び上手は幸せ上手。
素直に喜んで、それを素直に表現できる人は、周りを幸せにしてくれます。
それは必ず本人に返っていくのです。

皆様、ぜひぜひ、喜び上手になってくださいね〜。





<蛇足:お料理する側の人へ>


img019.jpg


実は、結婚したばかりの頃、当時は独身の男の子たちが毎日我が家に食べに来て、私は相撲部屋の女将さん状態でした。

盆や正月には、狭い部屋にぎゅんぎゅんになるくらいの人がやってきて、私は狭いキッチンで皆に背中を向けてずっと料理して、なんで私がこんな田舎の長男の嫁みたいなことしなきゃいけないの?!と思ってました。

それが。
ジェイミー・オリバー(私の先生です)の「裸のシェフ」という料理番組を見て、私の料理への姿勢は一変しました。

前にも書きましたが、
ジェイミー先生の、とにかく料理を楽しんでる姿を見て、私もとことん楽しむことにしよう!と決めたのです。

文句言いながら料理しても、楽しんで料理しても、どっちみち、ひっきりなしに人は来るし、料理しなきゃいけない状況は変わらないんだから。

ジェイミー先生は、べたべたの手でそこらじゅうを触り、まな板や鍋やフライパンを可能な限り洗わずに使いまわし、とにかく豪快でお茶目で、そういう姿を見ていると、「それでいいんだ〜!」と、とっても気楽になれたのです。

楽しむ!と自分で決めたら、「なんで私が?!」という気持ちがなくなりました。
どうせお料理しなきゃいけない状況の皆様は、ぜひぜひ、自分が楽しむ!と心に決めて、お料理してくださいね。


そして料理が嫌いな皆様は(そういう人がこのブログを読んでるとは思えないけど)、料理しない!と決めるのもありかと思います。
外食したり、取り寄せしたり、今はいろいろありますからね。

そんなこと、できるわけない!と思っている方、もしかして、そう思ってるのは自分だけだったりするかもしれません。
そうでなくても、人にどう思われてもいい!と覚悟すれば、意外と簡単にできてしまうかもしれませんよ。

どうせ食べるなら、とにかく楽しむことを一番に考えてみてはいかがでしょうか?


もうすぐお盆。
家族が集まる季節、ストレスためずに、楽しく過ごしてくださいね〜。



真夏のホームパーティ。

2017年8月6日(日)


総勢18名!、久しぶりに、大人数のホームパーティでした。

大好きな仲間と一緒に、料理しながら、飲みながら、食べながら、お喋りしながら。。。。

猛烈に暑い日でしたが、夕方からは風も出て、ベランダでも歓談できました。

台風襲来前の、楽しい!美味しい!ひとときでした。

みんな、いつもありがとう〜〜!



20604563_10203578122770662_5946663417738182486_n.jpg

パエリヤ、美味しかった〜〜!

新栄『El Jardin』のムッチーが来てくれて、ちゃちゃちゃっと作ってくれました。
ムッチー、ありがとう💕

20622050_10203578135130971_360266409330545813_n.jpg

↑ムッチー、ピザ生地も仕込んでくれました。
 疑問だったことも聞けて、勉強になりました。ありがとう〜。


20638586_10203578920830613_3947954996401827336_n.jpg

↑シンプルなトマトピザ。


20638771_10203578121730636_7310647576566836816_n.jpg

↑ムッチーと、いつもの3人娘?です。


以下、簡単にお料理のご紹介。


20664668_10203578921230623_8704835831512311305_n.jpg

↑パエリヤの左上から時計回りに。
 夏野菜のカッポナータ。
 畑のトマトのカプレーゼ。
 カツオのたたきのカルパッチョ。
 スパニッシュオムレツ。
 生ハムとイチジクのサラダ。
 『GOUTER de ROI』のラスク2種。
「ワインに合う」をコンセプトにしたというだけあって、本当に合います。美味しい!と大好評でした。
グーテデロワ ソムリエ  http://www.gateaufesta-harada.com/products/gdr_s
グーテデロワ ソムリエ イタリアン  http://www.gateaufesta-harada.com/products/gdr_si
 


20621773_10203578122130646_1646674221608291482_n.jpg

↑畑のトマトのカプレーゼ。


20638058_10203578123530681_3545536736238563279_n.jpg

↑人参のサラダ。
 近所のスーパーで小さな人参12本で¥50という破格に、当然購入。久しぶりの人参サラダでした。
 今回は、ケイパーとレーズンを入れて。


20604542_10203578121690635_4071672629657580952_n.jpg

↑メカジキの香草焼き、グリーンピースソース。


20663829_10203578123690685_7665216525345164326_n.jpg

↑いわしのオーブン焼き。
 塩胡椒したいわしの開きに、くるみ、レーズン、粉チーズ、パン粉、ハーブ、オリーブオイルを混ぜたフィリングを巻いて、爪楊枝で止め、オーブンでこんがり焼きました。


20604588_10203578125890740_3343779738356527809_n.jpg

↑おなじみ、きのこのラグーのスパゲッティ。
 ポルチーニ、マッシュルーム、まいたけ、しめじ。ブラックオリーブ、アンチョビ、ニンニク。全部フードプロセッサーに入れて、フライパンで炒め、ブイヨンとパスタの茹で汁でソースにします。


20621091_10203578126610758_2015622846332931037_n.jpg

↑ミートボール、トマトソース。
 もう1種類、玉ねぎとマッシュルームのクリームソースもつくりました。



FullSizeRender 20


↑親方特製「鹿肉の赤ワイン煮込み」。
これが出た頃には、みんな食べるのと喋るのに夢中で、ちゃんとした写真がありません。すいません〜。

そんなこんなの、夜でした〜。



20727829_10203578126690760_5344050338248281802_n.jpg


20708000_10203578124650709_3347672869033387850_n.jpg



冷やし中華、始めました。

2017年7月29日(土)


夏になると、街で見かける「冷やし中華、始めました。」の貼紙が好きです。



さて、七福の日、親方の誕生日。夜はパーティだけど、お昼は我が家で冷やし中華。
餃子とともに、お祝いのシャンパーニュを飲みました。ははは。


20429992_1316822681777387_7428390715967266453_n.jpg



今年の夏は、暑いですね。

皆様、体調に気をつけて、良い一日を。









プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR