ノーコメント by ゲンズブール

2013年9月11日(火)


 1週間前のことですが、久しぶりに親方と一緒に映画館(名演小劇場)に出かけ「ノーコメント by ゲンズブール 」見てきました。

1011537_382566255203039_1246624804_n.jpg


 ゲンズブールは、私にとって、見てるだけで笑っちゃうくらいの、絶対的な大スターです。「見てるだけで笑っちゃう」っていうのが、変かもしれないけど私の大スターの判断基準なのです。
 だって、もう、シニカルっていうか、常識を超えて、キザっぷり半端ないですから。イカレたインテリの、イカレっぷりもいいですね。大スターや天才ってのは、何事も常識の枠を超えたスケールがなきゃいけません。

 だいたい「愛されたくないが、愛されたい。そう、それが私なのだ。」って。。。
 フランス語の原語で何ていうかわからないけど、ゲンズブール得意の言葉遊びやレトリックがあるのでしょうか。日本語では、意味わかんない。それが、私。ってこと?
 でも、何だろうが、とにかくかっこいいのです。
 ゲンズブールが生きた時代、彼ほどパリを体現していた人はいないんじゃないかしら。伝説の人であることに疑いの余地はありません。

 (しかし、彼が生きた時代という点では、「天才は生まれる時代が早過ぎた」とよく言われますが、彼自身は、私はダダイズムの時代に生きてみたかった、自分は生まれるのが少し遅かった、みたいなことを語っています。そして自分が成功したことについて、才能はお金になるけれど、天才は時代に断罪される、とも。そういう自己分析は、すごく冷静だなぁと感心してしまいました。
 余計な想像ですが、彼があとちょっと長生きしたら、カフェでタバコが吸えないパリをどう思ったでしょうねぇ。)



 前置きが長くなりましたが、この映画は、最初から最後までゲンズブール自身の独白で綴られます。すべてをさらけ出して語り始めたかと思うと、ぎりぎりのところで嘘か本音かわからない、言葉遊びで煙にまかれ、肩すかしをくらうような、独特なナイーブさ。

 詩と音楽と映画、タバコと酒と女性、贅沢と自堕落の間で葛藤しながら、自分を追いつめてしか生きられない、誠実な(彼はそういう意味で「誠実」という言葉を使ったと思います)芸術家としての、ある意味で壮絶な生き様を見せてくれます。

 映像と音楽の使い方も、ドキュメンタリーの手法を超えて、シュールというか、キッチュというか。

 ゲンズブールを大好きな人も、あんまり知らない人も、それぞれの視点で楽しめる映画ですね。


<蛇足>
 ゲンズブールの愛犬ナナ(ブルテリア)が、すごく可愛かった!







↓ブログランキングに参加してます。ぽちっとクリックして、怠け者の私を励ましてくださいませ。よろしくお願いします!



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村













関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR