「大統領の料理人」

2014年5月30日(金)


 『大統領の料理人』  ★★★★☆

      


 ストーリーだけだったら★3つだけど、シズル感たっぷりのお料理の映像を楽しめたので、★4つです。

<以下、いつも通りネタバレ大ありなのでご了承ください。>

 大統領の料理人時代のエリゼ宮と、辞めた後に料理人を勤めた南極と、2つの舞台で物語が交互に進行していきます。
 予告編を見て、大統領の料理人としての物語ばかりかと思っていましたが、本作を見たら、実はエリゼ宮で疲れ果てた主人公の「再起の物語」という構成な気がしました。
 それにしては、主人公の気持ちの描き方が中途半端なんですけどね。一方で、ただの華やかなサクセスストーリーじゃない、という点ではリアルなのかなとも思ったり。。。。
 終わり方も、え?!って感じで、スッキリはしません。
 見終わって、どう消化していいか、わかりにくい映画ではあります。

 私は結局、食いしん坊として、エリゼ宮の美味しそうな映像だけ楽しむことにしました。

 ミッテラン大統領は、こどもの頃から料理書を読みふけるほどの料理好きで、「無駄な装飾は嫌い。伝統的で素朴な家庭料理が食べたい。私は、おばあちゃんの料理さえあれば、しあわせだ。」みたいなことを仰ってます。

 でも、映画に出てくるお料理は、私のイメージした素朴な家庭料理とは違って、手間のかかったボリューム感ある美しいものばかりです。伝統的なフランスの家庭料理とはこういうものなのか、と認識新たにいたしました。
 そのぶん、重量感があってカロリーも高く、栄養士にケチをつけられる訳です。
 そして、「自分の料理」を存分につくれない環境に疲れ果て、エリゼ宮を去っていく。。。

 NHKの「グレーテルのかまど」でオルタンスご本人が取材に応えていらっしゃいましたが、確かに意思の強そうな潔い女性のようにお見受けしました。

 いろんな意味で、見て損はない映画だと思います。














関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR