掃除についてのメモ、追記。

2014年6月22日(日)


 最近、掃除についてまた気付いたことがありますので、以前書いた「掃除についてのメモ」に、やはり自戒を込めて付け加えたいと思います。

 前回と同じように、優等生主婦の皆様はどうぞ鼻で笑ってスルーしてください。日本ダメ主婦連盟のお仲間だけ、どーぞ。



 デミキチのとき、いつもオリーブちゃんは早くから来て、一緒に食材の下ごしらえをするのと同時に、掃除も手伝ってくれます。


IMG_1586.jpg


 我が家は、どこもかしこも必然的に「見せる収納」だから大変なのです。(「隠す収納」という言葉は我が家の辞書にはありません。)


IMG_9247.jpg


 そのときですね、オリーブちゃんが掃除するのを見ていると、「あ、そこはそうやって拭くのね。」とか、「そんなところも綺麗にするんだ〜。」とか、いつも私がやらないことをしていて、勉強になるのです。

 私が掃除すると、いつも同じことしかしないから、他のところは綺麗にならない訳ですよ(ダメ主婦はすべきことを知らない原理)。


 で、「いつも同じ人が掃除するより複数の人がする方がきれいになる」という当たり前のことに気付いたのです。それぞれ気になるところが違えば、それだけ多くの場所がきれいになるのは当然です。
 しかし、普通は他の人が家に来て掃除してくれるなんてそんなこと、(プロに頼むのでない限り)まずあり得ませんよね。

 ただ、チャンスがあれば、「人が掃除するのをよ〜く見る」というのは大事なことだいうのが、今回の気づきであります。

 お洒落なインテリアショップの店員さんがディスプレイ棚をどうやって拭いているのか、ホテルのトイレに入ったとき掃除中ならプロがどういう道具を使ってどう掃除しているか、ピカピカのお家に招かれたらそこの主がどんな風に動いて何をしているか。

 できる主婦は、身体に沁み込んだ癖でもって、いろんなついでに無駄無く何気なく美しく保つ術を知っています。彼女達は意識していないし当たり前なことなので、聞いても教えてくれることはありません。なぜなら彼女達は、私たちダメ主婦がそんなことも知らないなんて思いもよらないし信じられないからです。


 例えば、我が家に来た友人で、使った調味料を棚に戻すとき、必ずさっとフタを拭いている人がいました。それを見て、私は、なぜ我が家の調味料入れのフタが、気付くとホコリと油がこびりついてしまっているのか、わかりました。でも、それを彼女に言っても「え?なんのこと?!」とトボケられるに決まっています。それは彼女が、私になんて教えてあげないワと意地悪してる訳じゃなくて(たぶん)、彼女にとっては無意識の癖だからです。



10264543_4153485332439_9192841477889509936_n.jpg



 だから、自分がしないことを彼女達がしたら、それを見逃さないことです。


 「太りにくい体質」があるように、「汚れにくい体質」というのも、歴然とあります。
 ある日突然痩せることが不自然で不可能なように、我々ダメ主婦が昨日まで汚かった部屋がある日突然美しくなる夢を見ても、それは不可能なのです。
 美しい身体も美しい部屋も、地道な体質改善こそが重要課題でございますわヨ>奥さん。


 太りにくい体質と同じで、汚れにくい体質もまた、生まれもっての環境というか、母親の素性でずいぶん優位性が違います。
 お母様がいつも家をピカピカにしているところの娘は、独身時代まったく家の手伝いなどしていなかったとしても、結婚して自分の家を持つとほとんどの場合、やはり実家のようにピカピカにできます。なぜなら、彼女にとって家はピカピカで当たり前だから。そして、無意識にお母様が何をしているか見てきたからです。

 私のようなダメ主婦が時間をかけてようやく気付くことを、彼女達はず〜っと前から知っているのです。

 ずるい!
 そう。ずるいんです。不公平なんです、世の中というものは。でも、そんなことに文句を言っても、お家がきれいになる訳じゃありませんわよ>奥さん。


※男性諸氏にも、ここに教訓があります。
 もちろん何事も例外はありますから100%断言はいたしませんが、恋人の実家を見れば、それが将来の貴方の家です。実家が整然と美しく保たれていれば貴方の将来の家もそうなることでしょう。実家が雑然としていたら貴方の将来の家もそうなることを覚悟いたしましょう。もちろん、実家が雑然としていても、将来の家をきれいにしてもらうことは不可能ではありません。でもそのためには、お互いにかなり努力が必要なことも覚悟いたしましょう。




 昔、私が一人暮らしをしているとき、職場の後輩たちを呼んで食事会をしたことがあります。そのとき、後片付けで洗い物をしてくれた子は、フライパンや鍋の内側だけ洗って、外側の側面や底を洗うことを知りませんでした。
 「○○ちゃん、ここも洗わなきゃ。」と偉そうに言った私が優越感に浸ったことは、皆様にも想像に難くないことでしょう。

 しかし思えば、そんなことで優越感に浸っている場合ではなかったのです。

 彼女だって、私が知らないことの一つや二つ、知っていたに違いないのです。もしかしたら、私が掃除したつもりでいた部屋の、隠れた汚れに気付いて嘲笑っていたかもしれません。ダメ主婦はダメ主婦同士、自分の知っていることを惜しみなく教え合わなければいけないのです。

 ダメ主婦が何を知るべきか知っているのは、元ダメ主婦だけだからです


 ピカピカのお家で育った「できる主婦」が最初から知っていることを我々ダメ主婦が知るためには、気付くためにかなりの努力が必要なのです。

 時間はかかっても、やるべきことを知ること気付くこと。そのために人がやることをよ〜く見て、一つひとつ体得していくこと。それこそが、憧れの「汚れにくい体質」への地道にして唯一の方法だと思うに至ったのであります。


 そういう訳で、掃除についてのメモ;追記でした。


IMG_7649.jpg


 今日もご訪問ありがとうございます。













関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほどね~

おはようございます。
また一週間が始まりましたー(出勤したくない病)

私も最近驚いたことがあります。
娘が結婚して、現在アパート暮らしですが、先日遊びに行ったところ、結構キレイにしていたのです。
我が家に居た頃は、娘の部屋は足の踏み場も無い程の散らかりようでした。
結婚したらどんな汚い部屋に住むことになるのだろうと心配していたのがウソのようです。
完璧ではないけれど、今までの娘の生活態度を思えばいいほう^^
自分の居場所を持つと変わるのですね~
ちなみに我が家はピカピカではありませんv-292

Re: なるほどね~

Mさん、おはよーございます!
お仕事おつかれさまです。

娘さんが結婚して、ちゃんとお家をきれいにしているのは、Mさんのおかげですよ〜。
私の友人たちも、皆そうです。
独身時代なにもしなかった子も、結婚すると、たいていは母親の家のようになります。
母親を超え、実家よりきれいにするためには、かなりの努力が必要だと思われます。

若いときに毎日お掃除するような(掃除を教えてくれるような)お店でバイトすればよかった。などと、遠い昔を省みる今日このごろです。

No title

再びおじゃましまーす!

 「できる主婦は、身体に沁み込んだ癖でもって、いろんなついでに無駄無く何気なく美しく保つコツを知っています。彼女達は意識していないし当たり前なことなので、聞いても教えてくれることはありません。なぜなら彼女達は、私たちダメ主婦がそんなことも知らないなんて思いもよらないし信じられないからです。」
この文章すごい!
本当にそうですよね!
お肌の手入れのことなんかもズバリこれですよねー!
「なんにも特別なことはしてないのよー」
ってヤツです(笑)

最後のちっちゃい写真はdemiさんですか?
めっちゃ可愛いんですけど♪


Re: No title

再び、いらっしゃ〜い!

わー、ほんとだ。
お肌のお手入れもそうだね〜。
「何にもしてません。」ってのを信じちゃいけませんね〜。

> 最後のちっちゃい写真はdemiさんですか?
> めっちゃ可愛いんですけど♪

えへへ。私です。なんか、おもしろいかなぁと思って、ちっちゃく載せてみました。

Re: Re: No title

最後の写真、見にくいと思うけど、親方の野球のヘルメットかぶって工事用のアイマスクして掃除してるの。
おかしいでしょ。
去年の大掃除のときの写真です。

No title

おはようございます^^

勝手にダメ主婦連盟加入の私です(笑)
今回の記事も『なるほど〜!!』の連発。
『そうなんですよーー><!!』の嵐。
でした!
両親共働きだったためか、母の性格か、とてもキレイとは言えない家でした(いえ、家です)。
そして旦那様の家は専業主婦家庭の義母さんは綺麗好き(*▽*)
そんな旦那様から結婚前から掃除については散々言われ続け、結婚後もチクチク言われ、それはそれはな日々!
demiさんが、この、掃除を知らない女→掃除をしようとする女への努力をおっしゃって下さって、救われる思いです(T△T)
「汚れにくい体質」論!その通りだと思いました。日々の心がけが大事なんでしょうね!そして何に心がけるべきかは真似マネまね!ですね。
以前何かの本で、綺麗になりたければ、綺麗な人が何を食べているか、どんな食べ方をしているか見て真似をすることと書かれていました。
まさにこれですね!実家からは学べそうにないので、ショップ辺りで学びます(笑)
私はdemiさんから気づかせてもらえているので本当にありがたいです。

今回も貴重な学びに感謝でございます♡

Re: No title

さんさん、おはよーございます。
日本ダメ主婦連盟によーこそ!

旦那様が何をするべきか知っているなら、それはありがたいことなんですよね。
でもそうはわかっていても、言われるとうっとうしいもので。
うちの親方もふだんは何も言わないけど、私がさぼり続けた根深い汚れを見つけると、「デミの悪行三昧、見つけた〜。」とか言うんです。はい、はい、はい。って感じです。
そのおかげで気付くこともたくさんあるんですけどね。

ダメ主婦同士、お互い知ってることを教え合い、励まし合って、助け合っていきましょうね!
プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR