マー君の表情から国会やじ問題まで;日本人のニヤニヤについて考える。の巻き。

2014年7月4日(金)


 自称•元メジャーリーガーの親方は、放映されるメジャーリーグの試合はほとんど全部見ています。毎年「メジャーリーグ選手名鑑」を買って熟読し、数字と記録を記憶することに努力を怠りません。結婚した15年前には既にそうでしたから、メジャーリーグ観戦歴は30年以上?、かなり長いはずです。

 そんなわけで、私もいつも何となく見ています。特別に好きでも興味がある訳でもないので、親方が一生懸命解説してくれても、他事しながらほとんど聞き流しているのですが。

 今年はちょっと違います。マー君が投げてるときは、画面に釘付けです。
 いやいや、自分でもすごく不思議。ダルビッシュに釘付けならわかるけど、マー君ですよ。イケメンでもないのに(失礼!)、本当に目が離せないんです。

 試合が終わってインタビューに応えてるときのマー君には、あんまり惹かれません。ただ、投げてるときの彼は、本当にかっこいい!

 なぜここまで見とれちゃうのかと考えるに、マー君は、いつも真剣なんです。スキがありません。自分への気合いの入れ方が半端じゃありません。闘争心にあふれています。今日は久しぶりに打たれて4点も取られてしまいましたが、打たれた後の表情が、また男らしい。打たれてニヤニヤ(苦笑い)するなんてあり得ません。きっとして、自分に喝を入れてるのが、見てる方にも伝わるほどです。

 かっこい〜っ!と、いつも痺れています。


 そこで顧みて思うに、日本のスポーツ選手は試合中にニヤニヤする人が多いです。親方に言わせると「すべての元凶は『笑顔と涙』を礼賛する高校野球にある」らしい。

 まぁ、そうでなくても、スポーツ界に限らず、意味もなくニヤニヤするのが日本人の癖だと言われて久しいですが、確かに間を持たせるだけの?意味のない笑いは、今も健在です。

 ニュースで、凶悪事件やひどい災害の後、人々をインタビューしているのを見ていると、「怖かった」とか「これからどうしていいか不安だ。」とか話している内容とは裏腹に、表情は笑っているのです。テロップも音声もなければ、そんな話をしているとは思えないでしょう。日本人以外の人からあの表情は理解できないと言われても仕方ありません。
 しかしこれは、困ったことがあるほど笑顔で表情を隠そうとする、日本人が長い間に培ってきた習慣であります。
 かくいう私も、つい苦笑いでごまかそうとするときがあります。


 それで最近思い当たることと言えば、国会ヤジ騒動。

 あの騒動そのものは、小学生の学級会並の情けない話で、ニュースで取り上げるようなことでもない気がするのですが、私が一番気になるのは、ヤジが飛んだとき、あの女性議員が笑ってしまったことです。

 もしあのとき、彼女がキリッと怒って、「いま、『こどもを産めないのか』って聞こえましたが、誰ですか、言ったのは?!」と発言していたら、それは公式発言だから記録としても残ったのではないだろうか。と思うのです。そこまで言えないにしても、あのとき、キッと睨みつけるくらいの気迫があってもよかったのではないでしょうか。苦笑いでやり過ごそうとしてしまったことが、最大の過ちだった気がします。
 決して彼女を責めてる訳ではありません。もし自分なら、と想像すると、やっぱり苦笑いしてしまうかもしれません。だからこそ、気になるのです。

 マー君があの場にいたら、決して笑わなかったと思います。
 女性議員の立場でも、第三者として居合わせた他の男性議員の立場でも。

 苦笑いしてしまうのは、やはり戦闘態勢にスキがあるからだと思います。日本人同士のなぁなぁな社会のなかでは、それでも、というか、そうやってムキにならないことで、何とか事態を上手く丸めて収めていくというのが伝統的な対処法なのでしょう。

 国会以外の場所でも同じようなことがあれば、苦笑いしてしまった女性議員のような女性、周りのヤジに同調してしまった男性議員、同調しなくてもまた苦笑いで済まそうとしてしまった都知事のような男性が多いのではないでしょうか。

 私的には、あのヤジ自体は、本気で女性を侮辱しようとしたものではない気がしてます。本気で男尊女卑バリバリの思想を持った人が発言したわけではないって意味です。それならそれで、論点は違ってきます。あれは実際のところ、そんな思想とは関係なく、女の子をからかう小学生並みの意識で、なんとなく言っちゃった、一人が言ったから調子に乗って、他の人ももっと言っちゃった。ってところだと思います。
 
 かばう気はありませんよ。だからこそ、タチが悪い。幼稚にも程がある。調子に乗るにも、言っていいことと悪いことがあります。

 映画『42〜世界を変えた男』の中に、大人の真似をしてジャッキー•ロビンソンを侮辱するヤジを飛ばした少年が出てきます。あの少年は、すぐに大事なことを学んだけど、日本の国会議員は、あの幼稚なこどもそのままです。何も学んでいません。情けないこと極まりない。
 






 だから、とにかくね、もう鎖国時代ではないんだから、私を含め、日本人はなぁなぁな馴れ合い社会から卒業し、ニヤニヤ笑いをやめて、いつも何事にも真剣に取り組まなければいけません。マー君を見習って、いつもキリリと、表情と感情をまっすぐ表現しなければ。と、思ったのであります。
 「国際人」には、英語力より先に、そういうことの方が大切な気がします。


 以上、マー君の表情から国会やじ問題まで;日本人のニヤニヤについて考える。の巻き。でした。


 最後まで私のひとりごとにお付き合いくださり、ありがとうございました。




<蛇足>
 私は常々、「誰かがヘマをしてマスコミが責めまくっている騒ぎにこそ、自分自身も反省するべきことがある」と思っているのですが、今世間を騒がせている号泣議員については、全く何も思いつきません。


 そうそう、映画『42〜世界を変えた男』は、とってもいい映画です。ぜひ、見てみてください。

 
















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ♪
「国会ヤジ」同感です。
あの場ではっきりと意思を示していたらあんなに長引くこともなかったと思いました。あとから文句をいうくらいならその場でズバッと言った方がカッコイイし彼女の株も上がったと思いました。
相当の覚悟で議員という職に就いているのだろうから。
ニヤニヤ笑い・・・上手にできる人がちょっと羨ましいワタシです。間が持てなくなると「なんか怒ってる?」とよく言われるので(笑)
号泣議員をこれ以上取り上げるのを早くやめてほしい、話がちっちゃすぎて情けなくなります。テレビ局もあんな実証取材なんかしてばかばかしくならないのか???

Re: No title

なべしきさん、おはよーございます。
同感してもらえて嬉しいです。

> ニヤニヤ笑い・・・上手にできる人がちょっと羨ましいワタシです。間が持てなくなると「なんか怒ってる?」とよく言われるので(笑)
日本人同士だと、そういうことになるかもしれませんね^^: 。でも、なべしきさんはそのままでいいと思いますよ。

> 号泣議員をこれ以上取り上げるのを早くやめてほしい、話がちっちゃすぎて情けなくなります。テレビ局もあんな実証取材なんかしてばかばかしくならないのか???
私も全く同感。情けないことが多くて、困っちゃいます。

今日は一日楽しい日になりますように。
プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR