金沢旅行2014その4;金沢2日めの夜、樽だしシングルモルトに唸る。

2014年6月30日(月)


 旅に出たら、レトロなバーや喫茶店に入るのが我々のお約束。(今年2月の横浜旅行はバー巡りそのものが目的でした。)
 そこで金沢に古いバーはないものかと、ホテルの部屋に置いてあった雑誌をパラパラとめくっていると、「倫敦屋酒場」なる店を発見、「創業1969年、全国屈指の洋酒バー」とのこと。これは、行ってみなければ。と、それ以外の予備知識は何もなく出かけました。
 開店が17時半だから、食事の前に一杯飲んで街に繰り出そう!という企画。

 倫敦屋酒場は、片町の裏道に佇む立派な一軒家でした。

 まだ明るい時間だったので、窓から漏れる明かりも遠慮がちで、営業してるのかなぁ?と不安になりながら、しかも入口が2つあって、どちらから入ればいいのか迷ったのですが、歩いて来た道に近い扉を押しました。

 その扉が、親方に今までにない感動をもたらすパラダイスへの入口だとは知る由もなく。



 「倫敦屋」の名前にふさわしく、中は重量感のあるイギリスのアンティークな内装。カウンターまで歩く間にも、洋酒ボトルのコレクションに目を見張ります。


10482228_4388402045210_7234527636950516195_n.jpg


 まだ誰もいないようで、我々はマスターに勧められるままカウンターに座りました。
 カウンターの後ろのスペースには、棚にミニチュアボトルがぎっしり↓。


10433295_4388401085186_2360009203304779516_n.jpg


 さながら洋酒博物館のような雰囲気に既に酔いつつ、予定通り食前酒に、親方はマティーニ、私はシェリーを注文。

 まずは親方、マティーニの美味しさに大満足。間違いなく、今までに飲んだ最も美味しいマティーニの一つだったようです。

 立居振舞話し方、何もかも見事に粋なマスターとお喋りしていると、お酒が好きなら是非バレルのシングルモルトを試してごらんなさい、とのこと。

 イギリスから取り寄せたというモルト樽が10個並んでいます↓。

10407994_4388401285191_7576953649193643317_n.jpg


 マスターには、まずマッカランからと勧められたのですが、親方は最初にタリスカーを飲んでみたいと我がままを通し。


10441326_4388402725227_3957906882248537101_n.jpg


 特注でつくったというオリジナルのグラスで一口飲んだ親方、未だかつてない感動に襲われました。強いて言えば、1950年代のタリスカーを初めて飲んだときの感動に近い。らしい。
 私はそもそもハードリカーのことはよくわからないのですが、「香りはもちろん、とにかく味の厚みがすごい。」そうです。最初に口に入れたときのキックの強さ、喉を通るときの滑らかさ、後味の上品さ。一言では説明できない「何なんだ、これは?!」という驚きの深みがあるそうです。

 樽からシングルモルトを飲む機会など他にないからと、次にスプリングバンク、マッカラン、最後にまたタリスカー。食事の前に一杯のはずが、気付けばマティーニから合わせて5杯飲んでしまった親方でした。(あ、私はシェリー一杯だけ、親方のモルトをちょっとずつ嘗めさせてもらうだけでしたから、皆様ご安心を。)


 このシングルモルトバレルとの出会いも一期一会、旅の醍醐味ですね。


 それだけ飲んでいる間にも、マスターのお許しを得て、2階や地下を見学(広いお店なんです)。


 10505588_4388401965208_6829302369216265042_n.jpg


 10418140_4388401725202_6306679139455239845_n.jpg




 10527836_4388401565198_4712336081236157595_n.jpg


 10527276_4388402445220_6165560457667035047_n.jpg

↑親方垂涎のオールドボトル。


IMG_1983.jpg

↑軽妙洒脱という言葉がピッタリの粋なマスター。いいお顔をしていらっしゃいます。
 お酒が本当に好きで、本当に美味しいものを、という強い意志をお持ちです。味も内装も身だしなみも本物志向。確固とした美学でもって、自分の城を治める素晴らしき城主です。
 著書も何冊かあり、そのうちの一冊「世紀の二枚舌3」をプレゼントしてくださいました。




10525902_4388402925232_6983003596515533120_n.jpg

↑カウンターの中にお客は入るべきではない。というのが親方のポリシーなのですが、マスターに無理やり中に引きずり込まれ?、記念撮影。
 私が撮影したので、ピンぼけですいません。



13885_4388403165238_1469192593236168882_n.jpg

↑お店の前で、マスターの本を持って記念撮影。

 5杯飲んでお店を出ても、まだほんのり明るかった。いったい何時だったのかな?

 いやいや、ほとんど予備知識なく訪れた倫敦屋酒場。すごいお店でした。
 我々レトロバー巡りを趣味にしていますが、残念ながらほとんどの場合、見るべきは内装であって、味ではありません。でもここは、すべてが素晴らしかった。こういうお店があるんですねぇ。感動しました。
 

 さて、また街を歩きつつ。

 親方が「やっぱりラフロイグも飲めばよかった、いやハイランドパークも飲んでおくべきだったなぁ。」などとブツブツ言う横で、私はとにかくお腹が空きました。胸がいっぱいの親方は「もう何にも食べなくてもいい」などと言ってましたが、私は何か食べなきゃ死んじゃう!と訴えて、何度も通った広場のような場所にあるカフェに入りました。

10412043_4388403405244_1197249555151207963_n.jpg

10407173_4388411925457_814783310982722031_n.jpg

↑スパークリングワインに、サラダとピザ。
 とにかく、人心地がつきました。


 そして、最後は「HERLOCK」。なんで?!ってお店なんですけど(アキラ君、失礼!)、ここのアキラ君に会いたくて、金沢に行ったらここにも寄ると決めてました。

 ここは2年前に入ったブティックにチョッパーっていう名前のすごく可愛いフレンチブル↓がいて、

388806_2428986901056_1840262716_n.jpg

 チョッパーの飼主かと思って話しかけた青年が「飼主じゃないです、すぐ近くでバーやってるんです。」と言ったので、入ってみたお店。

 そのとき親方がアキラ君のことすごく気に入って仲良くなって、フェイスブックでも友達になり、その後、アキラ君が名古屋のお店にも来てくれて、っていう、これも旅の出会いがつないでくれた関係です。


10526153_4388403725252_4792264882001592324_n.jpg

↑アキラ君。

10492528_4388404685276_7732886640564738929_n.jpg


10422561_4388404645275_293325836808763317_n.jpg

↑アキラ君と親方。
 アキラ君は親方ジュニアと同い年。何となく雰囲気も似ていて、他人とは思えないらしい。もちろん私にとっても、なんだか可愛いんです。


10469417_4388405045285_5057720053495618296_n.jpg

10393792_4388405405294_8368092905770367759_n.jpg

↑お店にいた女の子達とも記念撮影。



10464147_4388405645300_3651876577858711197_n.jpg


 アキラ君の店を出て、歩いてホテルに帰る途中、ショーウインドウのマネキンさんと同じポーズをさせられて。



 そういうわけで。
 この日もよく飲みました。いい夜でした。

 たくさんの出会いと再会に感謝! 旅ってほんと、いいですね。いいですね。って思いながら就寝。


 金沢2日め、終了。<つづく>



 










関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR