岐阜ミステリーツアーその2:謎の店『美代ちゃん』から、モネの池、BON DABON、高賀神社の御神水まで。

2015年1月9日(土)


 <前からの続き


 レストランを出た我々は、また車に乗り込み、関の洞戸というあたりへ。まずは買い出し。


 IMG_3092.jpg

↑『美代ちゃん』という不思議なお店。

 途中、道沿いに「美代ちゃん」とだけ書いてあるのぼり旗がはためいていたのです。何のお店かは書いてなくて、ただ「美代ちゃん」っていうだけの旗。それだけでも謎であります。


FullSizeRender 2

↑まぁ、昔田舎には必ずあったよろず屋さんみたいなお店です。今でいうコンビニ的な?。

 表にはダンボール箱に入った野菜や果物が並び、店内には、お豆腐からお米から肉からお菓子から、何でも揃ってます。奥の方には、鹿の角とか、蜂やマタタビに漬けたお酒(焼酎?)とか、不思議なものもたくさんあります。楽しいです。

IMG_3091.jpg

↑商品にはそれぞれ説明書きが書いてあります(笑)。
 これは、デヴィ夫人オススメの『食べる唐辛子』。ついつい買ってしまいましたよ。
他にも、おじさんが、「奥さん、どこから来たの? 名古屋から? 名古屋から来た人は、みんなコレ買ってくよ〜。大人気なの。どこの道の駅で買っても、うちの倍はするんだから。」って言うものだから、なぜか長野産の『わさび昆布』まで買っちゃいました。


 他に買ったのは、

IMG_3138.jpg

↑お友達オススメの『黒にんにく』。5個入って¥1200なり。
 スモークしてあるから、そのまま食べれるということで、食べてみたら、中は本当に真っ黒、ねっちりしていて羊羹みたいでした。1日1片で疲れがとれて元気百倍のようです。


12523896_10201292269385756_181860823245585568_n.jpg

↑そして、鹿肉。これは、翌日カルパッチョにする前の図。
 ジビエがあると聞いていたので、「鹿肉ありますか?」って聞いたら、冷凍庫の中からいろいろ見せてくれました。「今うちに置いてあるのは、小鹿の肉だから柔らかいよ〜。臭いっていうのは、絞め方が悪いんだわ。うちのは、きっちり仕事してあるから心配ないよ〜。」とのこと。イノシシもありましたが、今回は鹿肉を2パック書いました。


 おじさんは、お友達のことを覚えていたようで、とにかく、いっぱい話しかけてくれます。誰にでもなんでしょうけど、おもしろ過ぎです。
 オマケ、って言って、着色料バッチリのお菓子を2袋くれました。田舎の人は身体にいいもの食べてると思ったら、大間違いですね。いまどき街なかでは売ってないようなお菓子がいっぱいありました。
 っていうか、健康を気にするのは不健康な都会人だけなのかもしれないね〜。と笑いながら、お店を後にしました。


 次に連れていってもらったのは、最近話題の「モネの池」
 なんか聞いたことはあったのですが。道路を入って、田んぼの奥にある神社の小さな池でした。


IMG_3095.jpg


IMG_3097.jpg

 ネットで検索すると、それは美しい写真がたくさんアップされているのですが、季節的にも私のiPhoneカメラでも、ちょっと厳しかったようであります。(興味のある方は検索してみてくださいね。)

 確かにお水は透明できれいでした。板取川から引いて流しているので、川と同じような透明度。鯉も水面に映っているかのように泳いでいて、睡蓮が咲く季節は、それは美しいことでありましょう。


FullSizeRender 3

↑モネの池がある『根道神社』
 いい佇まいのお社です。ちゃんとお参りしてきましたよ。

 この池がネットで話題になってから、観光バスでも見にくるそうです。そういえば、美代ちゃんのお店の前にも「モネの池の帰りは美代ちゃんへ」ってダンボール紙に書いてあったなぁ。 
 地元の人たちがずっと大切に守ってきた神社の池だということを忘れずに、我々観光客も敬意を込めて足を踏み入れたいですね。



 さて、神社を後にして、板取川沿いを戻る途中。

FullSizeRender 6


FullSizeRender 8


 川の色があまりにきれいなので、車を停めて、写真を撮ってしまいました。
 曇り始めていたのですが、それでも、きれいなエメラルドグリーンの水面に、山の緑がくっきり写りこむのですから、陽が差していたら、さぞかしキラキラきれいでしょうね。


 そして、BON DABONへ。日本のトップクラス、岐阜県が誇る生ハム工場です。

 お友達は、名古屋のレストラン(VICINI)でこの生ハムを食べて、ノックアウトされ、すぐにここまで買いにきたそうです。

FullSizeRender_2016011219453600e.jpg

↑24ヶ月熟成『ペルシュウ金ラベル』を100グラム書いました。他に18ヶ月熟成の『銀ラベル』もあります。
 写真は、半分食べた後です、こんな写真しかなくてごめんなさい。

 まるで生肉のようなピンク色。口に入れると溶けてしまいそうな脂、いつまでも余韻が残る芳香。素晴らしいです。
 パルマで10年修行したというオーナーは、豚にも塩にも厳しく、もちろん添加物を使わず、日本で本当に美味しい生ハムをつくりたい!という情熱あふれる職人さんです。
 柔らかく繊細なペルシュウは「日本の生ハム」って気がします。

 親方は、もうちょっと肉らしい噛みごたえが欲しいようで、かつ、天然だとわかっていてものアミノ酸の香りが強すぎるとのたまうのです。
 私は何と比べることなく、繊細な味わいと香りに大満足、口の中でとろける食感には驚きました。しかも、実際に足を運んだあの岐阜の山の中で、日本人の職人がこの生ハムをつくったということに感動します。

 ただ確かに、この柔らかさ、この淡い色、これが日本の豚や気候の賜物なのか、あえてオーナーが目指すところなのか、それもと日本人の「やわらか」嗜好に合わせた結果なのか、そこは興味あります。
 以前、神戸の(だったと思う)有名な職人さんの生ハムをいただいたときにも、やはり淡いピンク色、そして天然アミノ酸の香りが印象的だったのです。ってことは、やっぱりそれが「日本の生ハム」の特徴なんじゃないかなという気がします。チャンスがあったら、職人さんに直接聞いてみたいところです。


 さて、最後に立ち寄ったのは、高賀神社。

FullSizeRender 5

↑湧き水(ご神水)をいただきます。
 私は電車で行ったので、持って帰れませんでしたが、今度行ったときには、ぜひいただいて帰りたいと思いました。
 遠方からも、たくさんの方がこの水を汲みにくるそうです。


 モネの池も、湧き水も、どちらも神社の中にあるんですね。地元の人たちは、板取川の水とともに生き、水に感謝し敬い大切にしてるんだろうなぁ。と思いました。


 そんなことを感じながら、帰宅の途へ。

 帰りは急いで高速で帰りましょう!と、美濃インターを目指していたところ、夕日がきれいだなぁと外を見たら、『和紙とうだつの町並み』っていう標識が目に入り、路地に目を向けると、古い家並みの真ん中に、まさに黄金色の眩しすぎる太陽が沈もうとしているところで。

 ちょっと散歩しましょう〜!ってことで、また寄り道。

 お店はほとんど閉まりかけでしたが、お土産にこんなの買っちゃいました↓。


FullSizeRender 4

↑和紙の靴下。

 冷えないし、ムレないし、防臭効果もあるんだそうな。そして洗濯機でも洗えると聞いて、試しに買ってみました。どうかなぁ?



 ってことで、予定の帰宅時間を大幅に超えて帰宅。



 一日中、女同士のお喋りに花が咲き、初めての場所、初めての体験をたくさんして、あまりの楽しさに時間を忘れ、親方に電話するのも忘れていたくらい。


 誘ってもらわなかったら、いつものように、自宅から出ずに一日過ぎるところ、その気になって出かければ、一日がこんなに充実して楽しいんだ〜!、車でちょっと走れば、近くにこんな良いところがいっぱいあるんだ〜!と再確認。


 今年は、出不精を克服して、いろんな場所に出かけたいな。いろんな出会いがあるといいな。と思った土曜日でした。


 皆様も、充実した一日を!










関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

demi

Author:demi
いらっしゃいませ。デミと申します。
家事全般苦手なダメ主婦ですが、食べることと飲むことが生き甲斐なので、料理だけは好き。海外料理番組オタクとして、休日は、ワイン片手に、簡単!きれい!美味しい!料理づくりに励んでおります。
メニューの記録を残しておきたいと始めたブログですが、料理以外にも、徒然に思うことなど書いています。
よろしくお付き合いくださいませ。

2014年5月より「皆でつくって皆で食べる!」ホームパーティスタイルの料理倶楽部『デミーズキッチン』(略して「デミキチ」)主宰。

Pinterest https://www.pinterest.com/demicaballero/
Facebook https://www.facebook.com/hidemi.d.watanabe
Instagram https://instagram.com/demiwo/

BOSS+NOVA 2014
親方のCDです。興味のある方、ぜひ聴いてみてくださいませ。
レシピブログ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Sponsored Link
お菓子の材料&器具を買うなら、ここが一番!
INTERIOR
Bossa Nova
いつもボサノバ聴きながら、お料理してます。
アルバム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR